三重県は北部から南部まで幅広く釣りポイントがあり、ヒラメ・青物・シーバスなど、人気の魚種狙いのアングラーが集まります。しかし三重県で釣りをしようと思っても、自分が狙っている魚はどこで釣れるのか知っておきたいですよね。そこで本記事ではアジ・青物・アオリイカといった、三重県を代表する魚のポイントを紹介していきます。

三重県の釣り場の特徴は?

三重県は北部・中部・南部と釣りポイントがわかれており、特に北部と南部では釣れる魚に大きな違いがあります。北部は伊勢湾内でシーバス・クロダイなどを狙えるポイントがあり、キスやハゼといったファミリーフィッシング向けの釣り場もあります。南部は外洋に面しているので北部で釣れる魚にくわえて、グレ・アオリイカ・ヒラメも狙えます。伊勢湾内部は回遊魚の魚影が薄いといった特徴があるので、北部と南部を目的別に行き来しましょう。中部では高級魚や大物狙いのアングラーも多いので、腕に覚えのある人は挑戦してみてください。

三重県で狙う魚別のオススメスポット

三重県は非常に釣り場が豊富なのを改めて確認しつつ、アジ・アオリイカ・青物・ヒラメなどのおすすめ釣り場を紹介していきます。それでは初心者から上級者まで使える釣り場情報を紹介していくので、参考にしてください。

アジのおすすめ釣り場(有滝堤防)

三重県のアジのおすすめといえば伊勢市と鳥羽市です。6月から10月にサビキでアジ・サバなどが狙える伊勢市は水質もよく、有滝堤防での釣りは家族でも楽しめます。堤防の幅が広いので海に落ちる危険も少ないため、ファミリーフィッシングでも個人のアジ釣りもできる良釣り場。鳥羽市はリアス式海岸と外洋に面した潮当たりの良さから、魚影が濃くなる地域です。伊勢市と比べると大型のアジが釣れることも多いので、一人での釣りでも釣り仲間との遠征も楽しめます。

有滝堤防

アオリイカのおすすめ釣り場(浜島港・片田漁港・安乗漁港・奈屋浦漁港・宿田曽漁港・田曽大突堤)

アオリイカを三重県で狙いたいエギンガーには、志摩市と南伊勢町がおすすめ。どらちのエリアもアオリイカの魚影は濃く、渡船で渡った磯場でのエギングは、三重県ならではのイカ釣りと言えます。陸っぱりからアオリイカを狙うなら、志摩市だと浜島港・片田漁港・安乗漁港は遠征者におすすめできる釣り場。南伊勢町では平日でも釣り人が集まることも多い漁港が多いですが、奈屋浦漁港・宿田曽漁港・田曽大突堤ははずせないでしょう。渡船が空いていれば磯釣りでの爆釣も目指せます。

浜島港

片田漁港

安乗漁港

奈屋浦漁港

宿田曽漁港

田曽大突堤

青物ショアジギングにおすすめな釣り場(尾鷲港)

三重県の青物ショアジギングなら尾鷲市の尾鷲港は絶対にはずせません。青物以外にも真鯛やグレなどの多種多様な魚が狙えるだけでなく、河口部になっているポイントもあるので、アングラーのスタイルに合わせて釣りができます。特殊な地形と三重県の立地条件もあわさって、普通の防波堤からは狙えない魚が狙えるのも面白いのが尾鷲港。ショアジギング専門の人はもちろん楽しめる釣り場ですが、ウキ釣り・サビキ釣りも満喫できます。ただし大規模な港なので、入るポイントはあらかじめしぼっておきましょう。

尾鷲港

ヒラメのおすすめ釣り場(七里御浜)

三重県でヒラメを狙う人は河口に行く人も多いですが、今回は熊野市の七里御浜を紹介します。七里御浜は長大な浜なので、サーフフィッシングとの相性は抜群。ポイントそのものが広いので他のアングラーが気になることも少なく、一人でのんびり釣りをしたい気分の時もおすすめです。とはいえ七里御浜はヒラメ・マゴチの人気スポット。貸切というほど人がいないことはあまりないので、自分のペースで楽しみましょう。

七里御浜

シーバスのおすすめ釣り場(紀伊長島港・志登茂川河口)

三重県は北部でも南部でもシーバスが釣れるので、ナンバー1の釣り場を決めるのが非常に難しいです。なので今回は、シーバスの魚影が濃い紀伊長島港とシーバスの好ポイントである志登茂川河口を紹介しましょう。紀伊長島港があるエリアは、エサを付けて投げれば何かが釣れると言われるほど、魚影が濃い釣り場。シーバスを狙いながら他の魚が釣れるのも楽しいと感じる釣り人には、おすすめのポイントになっています。津市の志登茂川河口は、シーバス狙いには絶好の釣り場。川幅が狭く狙いをしぼりやすいので、津市を代表するシーバスのポイントと呼ばれているほど。津市では日本鋼管という人気の高い釣り場もあるので、覚えておくと楽しみが増えます。

紀伊長島港

志登茂川河口

穴釣りのおすすめ釣り場(神島)

三重県の穴釣りといえば神島。定期船に乗る必要があるので移動に時間はかかりますが、神島の巨大テトラポットは必ず魚が釣れると言われるほど。黒潮と親潮が重なる神島は魚影が非常に濃い釣り場なので、30cmのカサゴや1mを超えるアナゴが釣れることも。約2kmに渡る巨大テトラポットは圧巻で、広さの分だけポイントがあります。まさに神島は穴釣りのメッカと呼べる場所なので、穴釣りをしたい人にはぜひ訪れてほしい離島です。

神島

番外編:ファミリーフィッシングにおすすめな釣り場(五ヶ所湾中津浜・松名瀬フィッシングパーク・辨屋)

三重県は豊富な釣りポイントが多いので、ファミリーフィッシングに向いた堤防や釣り堀がたくさんあります。五ヶ所湾中津浜は軽快な当たりを楽しみながら、たくさんの魚が釣れるファミリーフィッシングポイント。堤防も広く危険性も低いので、のんびりと家族の一時を楽しめます。釣り堀なら松名瀬フィッシングパークと辨屋がおすすめ。辨屋はテレビで何度も紹介されている人気の釣り堀で、放流量や魚の質にも定評がある良釣り堀です。松名瀬フィッシングパークはヒラメが釣れる地続きの釣り堀で、真鯛やハマチなども放流されていますが、うれしいのはヒラメのお土産がついてくること。老若男女が楽しめる場所ばかりなので、家族で釣りをしたいお父さんには非常に良い釣り場です。

五ヶ所湾中津浜

松名瀬フィッシングパーク

辨屋

三重県で美味しい魚を釣ろう!

三重県は本当に釣りポイントが豊富で、釣れる魚の種類も多く、他県から何度も足をはこぶアングラーが後を絶ちません。渡船・丘っぱり問わず楽しめるだけでなく、パサーなら北部は北勢中央公園や川越用水があり、南部なら日本記録が出た七色ダムもあります。アングラーを退屈させない三重県のおすすめポイントを紹介しましたが、これから釣りをする予定の人の参考になると嬉しいです。

自然遊びの楽しさを共有し合うYouTubeチャンネルを開設しました

「play in nature」は、
釣り、SUP、サーフィン、キャンプなど、
あらゆる外遊びを自分らしく楽しみたい人。

そして

「自然に遊ばせてもらっている」という
自然への敬意を忘れないすべての
外遊び人に向けたアウトドア情報サイトです。



このたび開設したYouTubeチャンネルでは、
自然に遊ばせてもらう生活を、
映像で紡いでいきます。



▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします