「陸っぱりでは釣れないような高級魚を釣ってみたい」

これは僕がSUPフィッシングを始めた理由の1つ。そしていざ始めてみると、朝焼けの大海原を漕ぎ出す気持ちよさ、海抜0mで大きな魚とファイトする興奮、そして自然からいただく美味しい恵み。こんなに素晴らしいアクティビティはない、と心から思っている。いろいろな魚を釣ってきて毎回思うのは、自分で釣った魚はどれも、本当に美味しい。けれど、人間とは欲深い生き物である。

ついに僕もあの「赤いダイヤ」を釣りたくなってしまった。

「赤いダイヤ」というのは、高級魚「アカムツ(のどぐろ)」のこと。全身が脂まみれで、白身のトロとも言われている。アカムツは、600gを超えるような大型にもなると、一匹で1万円以上の値段がつく。SUPフィッシングを始めたばかりの頃は、まさかこんな想いを抱くとは思ってもみなかった。そして先輩方に案内してもらい、いざ赤いダイヤが眠るトレジャーハンティングへ。

いざ、出発!
いざ、出発!

60gほどのジグを使って真鯛や根魚などを狙うことが多かったが、当然これでは底を取れるはずがない。そこで使うのが250gのでっかいジグ。

ディーパース・ファクトリー SPY-5 250gシルバー

こんな大きな鉛の塊に、アカムツが食いつくのか疑わしいが、半信半疑で海底250mへと落としていく。そしてロッドを使い、とにかく大きくシャクる。大きくシャクったところで、海底のジグの動きは大したことがないはず。だからこそ、多少オーバー気味にでも大きくシャクるのだ。

海底にいる赤いダイヤに想いを馳せながら、ネチネチと誘っていると…

フォール中に違和感が。慌てず同じように大きくシャクると、明らかに重みがある。「これは何かが付いている!」いつもよりゆっくりめに電動リールで巻き上げると、赤い魚影が!いきなり本命かと思いきや、この子でした。

これは「ユメカサゴ」というカッコイイ名前の魚。唐揚げやお味噌汁、煮付けなどが美味しいそう。まずはお味噌汁にしよう。水深250mで魚を釣るという感覚を覚え、再びジグを落とす。そして2回ほどシャクってみると、またガツンと何かが乗る。慎重に巻いていると、コツコツと魚が暴れているのがわかる。これはまさか。

しかし残念。ムツはムツでも、白いほう。色違いだけど、美味しくいただくね^^

その後、数投したところ、クロシビカマスという歯がおっかない魚を追加。

クロシビカマス(スミヤキ)
クロシビカマス(スミヤキ)

しばらくアタリが遠のく。釣りとは人生。簡単に、思い通りにはならない。だからこそ魅了されるのである。そんなことを思っていると、近くで釣っていた仲間に何かがヒット。巻き上げている途中、ゴンゴンと竿が水面に突き刺さっている。この引きは…なんと、目の前で釣り仲間がアカムツを釣り上げたのだ。

確実にこの下に赤いダイヤが眠っている。

そうと分かればガゼンやる気が出てくる。すかさず近くでジグを落とす。大きくシャクって少し巻いて落としてを繰り返し、3分くらい経ったころだろうか。シャクった時にゴンッ!と明らかにこれまでよりも強いアタリが。すぐに追いアワセをして、慎重に巻き上げると、ゴンゴンと力強い引きを感じる。もしや…

ついに、赤いダイヤ「アカムツ」をゲットしてしまった。

それも30cmを超えるなかなかのサイズ。これでやっと、アカムツの炙り刺しが食べられる。まだまだ釣りたい気持ちもあったけど「食べる分だけ釣れたら帰る」これが僕の釣りのモットー。少し早いけど納竿としよう。言うまでもなく、その日の夜は、お酒が進む進むで、飲みすぎてしまった。また新たなSUPフィッシングの魅力を知ってしまったのでした。

【tackle紹介】

rod:プロマリン(PRO MARINE) PG バトルスティック船 180L
reel:シマノ(SHIMANO) 電動リール 16 プレイズ 400
lure:ディープライナーSPY-V (SG-NSゼブラ)

play in natureの想いを届けるためのショップができました

「play in nature」は、
釣り、SUP、サーフィン、キャンプなど、
あらゆる外遊びを自分らしく楽しみたい人。

そして

「自然に遊ばせてもらっている」という
自然への敬意を忘れないすべての
外遊び人に向けたアウトドア情報サイトです。


このたび誕生したPIN SHOPでは、
「play in nature」の
想いを込めた商品を取り扱っています。

PINSHOPはこちら


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします