「いつかは田舎で大好きな釣りや畑をして生きていきたい」

今、こんな夢を持たれる方、多いのではないでしょうか。でも実際に行動に移す人はごくわずかでしょう。仕事はどうするのか、家族の合意は得られるのか、家は建てるのか、賃貸で探すのか。いざ、自然と暮らそうと思うと、そこにはたくさんの越えなければならないハードルが出てきます。でも僕は諦めたくなかった。ずっと描いていた、

「釣った魚と育てた作物で生きたい」

という想いを実現すべく、土地を購入して、家を建てることを決心しました。これは『自然と暮らす、家づくり』を叶える途中経過をリアルタイムで綴っていく新連載です。僕みたいに、自然と暮らすための家づくりを検討されている方の参考になりますように。


数年前から憧れていた自然との暮らし

「釣った魚ばかり食べて暮らしたい。家庭菜園をして、自分で育てた野菜を食べたい。できたら鶏も飼って、毎日産みたて卵をいただきたい」こういった自然と暮らす生活に、何年も前から漠然とした憧れを抱いていました。釣りも家庭菜園も、趣味としてなら、すべて実現できるでしょう。でも、もっと踏み込んだ『ライフスタイル』として、すべてを欠かせない生活の一部として取り入れたかったのです。


まずは「どんな暮らしをしていきたいか?」と自問自答

そこで、家づくりを始める前に、まずは「どんな暮らしをしていきたいか?」を考えることにしました。それも映像が浮かぶほど、超具体的に。僕の理想の1日(妄想)はこんな感じです。


自然と暮らす理想の1日

朝5時に起床。ガレージでSUPフィッシングの支度をしてバイクで5分ほど行ったところにあるホームポイントに向かう。2時間ほど水上散歩を楽しんだら納竿。

家についたら庭にあるシャワーで後片付けをして、そのままバスルームに直行。シャワーを浴びてリフレッシュしたら、バルコニーで朝食。ひと息ついて、書斎で仕事をし、夕方には終業。翌日が休みの日は、プロジェクターで映画を鑑賞して就寝。

こんなふうに、とにかく鮮明にイメージしてみました。この生活を実現させるためには、どんな家を建てるべきか。そして、どんな土地を選ぶべきか。理想の生活というゴールから逆算して考えてみました。すると、土地選びの条件が見えてきます。僕の探したい土地の条件はこんな感じ。


土地選びの条件

  • 海までは車で10分以内
  • とにかく広さ重視(ざっくりと70坪以上)
  • 場所は神奈川県内
  • 駅からは近くなくても良い
  • できるだけ費用は安く

この条件だけで、かなり土地は限られてきます。今は湘南エリアにある賃貸物件に夫婦2人で暮らしているのですが、市内で探すのは難しそうでした。そもそも広い土地が売りに出されない。出てきたとしても海から遠いか、近くてもめちゃくちゃ高い。そこで西湘エリア(大磯〜小田原くらい)に絞って探していきました。湘南に住んで5年経ちますが、観光地特有の人の多い雰囲気が自分には合っていないと感じていたのも事実です。西湘のゆるりとした空気のほうがしっくりきます。それに、趣味のSUPフィッシングでも、西湘エリアばかりに通っていたので、僕にとって西湘こそがベストエリアだったのです。


エリアは西湘に決定

いざインターネットで土地を探してみると、オーシャンビューの素敵なところも出てくるのですが、狭い。だだっ広いところもあるにはあるけど、土砂災害危険区域だったり、高台で車を入れられなかったり。ガレージのある家にしたかったので、高台になっている土地も候補外になってきます。いずれ条件に合う土地が出てくるだろうと思い、気長に探すことに。そしてついに出会いました。ここなら理想の生活を手にできるかもしれないという土地に。さっそく仲介会社に連絡をとって見にいくことに。次回は土地の見学から契約までのことをお話しします。

ご質問、アドバイスはInstagramにお願いします

家づくりは未経験者。釣りも初心者に毛が生えた程度。まだまだ未熟者です。そんな僕にご質問やアドバイスをいただける、という方はお気軽にInstagramへのコメントをお願いしますm(_ _)m


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします