「真鯛をルアーで釣るならタイラバ」そんな常識をぶっ壊したメタルジグ、といったら何を思い浮かべますか?

はい。

TGベイトです!

TGベイト画像

TGベイトというのはダイワから出ている、タングステン製のちょっとお高いメタルジグ。15g〜150gまで細かくラインナップされていて、狙う魚種や釣り方によって、買い分けられるのがgoodです。

「メタルジグなんてどれもそこまで大差ないでしょ?」

と思っているそこのあなた!

実はつい先日まで僕もそうでした。ダイソーのジグでも釣果はそこまで差が出ないと思っていたのですが・・・

TGベイトで真鯛やその他魚種がまさかの大漁!!

という経験をしてしまってから、もはやTGベイト信者のように、ロストしては買い、ロストしては買い、ということを繰り返しています。実際に周りの仲間がタイラバや他のメタルジグを落とせど落とせど、まったくヒットしない中、僕だけが真鯛を爆釣。そんな経験をなんどもさせてもらったのが、このTGベイトなのです。

僕の場合は主に「SUPフィッシング」で利用するのですが、水深やタックルなどを考慮すると、

60gでカラーは緑金の一択!

という結論に至りました(๑⁼̴̀д⁼̴́๑)ドヤッ!!

そして、周りの仲間たちも誰しもが「TGベイト」を1個〜3個はタックルボックスに忍ばせている状況ですが、ある日、またしても僕だけが爆釣してしまう現象が起きました。それも、周りの仲間たちも同じく「TGベイト60g緑金」を使っているのにです。同じTGベイトを使っているのに、僕だけが爆釣できた理由。それこそが、本日お伝えする、

TGベイトに相性抜群のフック最強チューン

になります(๑⁼̴̀д⁼̴́๑)ドヤッ!!

なぜこのフック最強チューンを思いついたのかというと「真鯛だけじゃなくて、ハタなどのいわゆるロックフィッシュも狙いたい!」という浮気心から笑。

ロックフィッシュの好きなルアーといえばどういったものをイメージしますか?「ロックフィッシュ ルアー」などと画像検索していただくとわかりますが、ロックフィッシュはキラキラ系が大好き。つまり、ブレードつきのルアーに良く反応するのです。

そこで思いつきました。「TGベイトのお尻にブレードをつけて、スピンテールジグにカスタムしたら、真鯛とロックフィッシュのどちらも狙えるんじゃね!?」というわけです。

TGベイトのスピンテール化プロジェクト始動!

そして狙い通り、1つのルアーで真鯛とロックフィッシュを爆釣させることに成功しました(๑⁼̴̀д⁼̴́๑)ドヤッ!!

真鯛の釣れたシーン
ロックフィッシュの釣れたシーン

それではさっそく、僕の中でのTGベイトフック最強チューンをご紹介しますね。

◆必要なもの◆

TGベイト60g緑金

TGベイト

ブレード

ブレード

ダブルフック

ダブルフック

の3点です。

TGベイトカスタム1

まずはスプリットリングを使って、TGベイトとブレードをつなぎます。

TGベイトカスタム2

そして同じスプリットリングにダブルフックをこのようにセッティング。ダブルフックやブレードの向きがこのように合わないと失敗です。

以上で完成です。

このフックチューンの特徴は、ブレードに食いついてきても、同じ位置にダブルフックがセットされているので、確実に針がかりするということ。

TGベイトカスタム3

好みでフロントフックをしてもいいですが僕の経験上、フロントに針がかりしたことはないです(*´ω`)。

TGベイトフック最強チューンの釣り方は?

最後に、この最強チューンを使って、どのように釣るのか。僕が好きな釣り方をご紹介したいと思います。その方法とは。

「着底→ただ巻き」以上!!

これにつきます。着底したら数mただ巻きして。そしてまた着底させてただ巻きする。タイラバと同じですね。いわゆるジギングのようなジャーク(しゃくり)を入れる必要はありません。ただ巻きだからこそ、手元にハッキリとあたりがわかるので、グググっとくるあたりを待つのが楽しいんですよね(*´ー`*)

このTGベイトフック最強チューンでこれまでいろいろな釣りをしてきましたが、ナブラが出たらキャストしてただ巻きすれば、青物も釣れますし、ジグで狙えるものなら本当になんでも釣れてしまいます。

特に僕がしているSUPフィッシングのような、いわゆる手返し重視系の釣りなら、TGベイトフック最強チューンだけで1日遊べると思います。

真鯛をルアーで手返しよく釣りたい。そんな方はぜひ、このTGベイトフック最強チューンを試してみてくださいね^^

本日のおさらい

・TGベイト60g緑金

・ブレード

・ダブルフック

をつないで着底→ただ巻きを繰り返す。

これだけで僕のような経験の浅いルアーマンでも簡単に真鯛が釣れてしまいます。

ぜひおためしあれ!

以上「Play in nature」編集部のUCHIがお送りしました。

ご質問、ご相談など、お気軽にお問い合わせください

セッティング方法がいまいちわからない。紹介してほしいルアーがある。などなど。どんなご質問でも大歓迎です。気になることがありましたらコチラからお気軽にご質問、ご相談ください。24時間以内にご返信させていただきますね^^

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事