スポンサーリンク

稚魚の生産が難しいことで知られ、大規模な養殖をすることができない高級魚キジハタ。その希少性の高さや見た目の美しさからキジハタは宝石とも称されますが、生息域や習性を見極めれば釣りで狙うことは難しくありません。エサ釣りで狙うこともできますが今回は、キジハタをワームで手返しよく狙う際の付け方や仕掛けのほか、駆使したい代表的なアクション方法について取り上げてみましょう。

スポンサーリンク

キジハタとはどんな魚?

スズキ目ハタ科に属するキジハタは、日本から中国沿岸の比較的温暖な海域に分布している海水魚です。成魚は最大で全長60センチ程度にまで達しますが、一般的に全長30センチから40センチの個体が漁獲されています。キジハタは岩礁域や人工護岸周辺に生息する一方で、群れを作らずに昼は岩陰などで潜み、夜に泳いで獲物を探す習性を持ちます。また、キジハタは様々な料理に使われる高級食材になりますので、釣り人からの人気が高い対象魚に数えられるでしょう。

キジハタにはワームが有効

小型のキジハタは主に甲殻類を捕食しますが、成魚になると一転して魚種中心の捕食へと切り替わります。総じてキジハタはフィッシュイーターに該当するものの、獲物を高速で追い回して捕食するタイプではありません。あくまでもキジハタは待ち伏せて獲物を捕食しますから、根魚系と同じくルアー釣りで狙いやすい魚種になっています。ルアーには様々なジャンルが存在しますが、多彩なアクションでアピール可能なワームを使った方法がキジハタには推奨されています。もちろんキジハタはシャッド系ワーム以外にも興味を示すため、キジハタのルアー釣りではワームの種類を使い分けていきましょう。

スポンサーリンク

キジハタをワームで狙う際のリグは?

ジグヘッド

ジグヘッドはシンカーとフックが一体化したハリであり、フック部分にワームを正確にセットするとジグヘッドリグという仕掛けが完成します。ハードルアーよりもジグヘッドリグはコストパフォーマンスに優れていますし、キジハタを自然な動きで誘いやすい利点も備えています。

テキサスリグ

ワームをセットすればハリがほぼ露出しないテキサスリグは、障害物に身を潜める魚種の攻略に適した仕掛けです。バレットシンカーとオフセットフックが組み合わさったテキサスリグには、ちょん掛けと通し刺しを応用しながらワームを付ける必要があります。ジグヘッドリグと比較して、テキサスリグにおけるワームの取り付けは少し難しいので注意しましょう。

キジハタに有効なワームの種類は?

クロー系ワーム

甲殻類を意識した作りのクロー系ワームは、キジハタに対して特に有効なワームの一種です。ゴツゴツした爪やアームを持つクロー系ワームに限らず、水中で動く薄っぺらい爪やアームを備えたクロー系ワームなども登場しています。こうしたクロー系ワームはテキサスリグと相性が良く、海底の変化に応じて豊富なアクションを発生させます。

シャッド系ワーム

魚の形を模したシャッド系ワームは、フィッシュイーターのキジハタを狙う場合に適したワームの一種です。リアルな見た目のシャッド系ワームを使いこなせば、規則的で素早いテールアクションを演出してキジハタを引き寄せられます。小型のシャッド系ワームを活用したい場合には、ジグヘッドリグの仕掛けがピッタリかもしれません。

グラブ系ワーム

クエスチョンマークのような形状を持つグラブ系ワームは、汎用性が高く、キジハタ釣りの最初に使うべきワームと言ってもいいでしょう。湾曲したテールは水の抵抗にあわせて激しく動きますので、グラブ系ワームなら甲殻類と小魚の両方に擬態させられます。

アクション方法は?

ワームを使うルアー釣りでは、ズル引きとリフト&フォールのほか、チョンチョンフォールといったアクション方法を駆使できます。実践するアクション方法によってキジハタの誘い方は変わるため、あたりの気配が無いときには別のアクションを検討してみましょう。

ズル引き

ボトムクロールとも呼ばれるズル引きは、海底でテキサスリグをズルズルと引きずるアクション方法です。ルアー釣りでズル引きは基本とも言われますが、くれぐれもラインを張り過ぎることなく、ゆっくり竿を使ってテキサスリグを動かしてください。ズル引きでは根掛かりをあたりと勘違いしやすいので、軽いシェイクで根掛かりを外す動きを身につけておくことが欠かせません。

リフト&フォール

ジグヘッドリグとテキサスリグの両方で活用可能なリフト&フォールは、ルアーを上下に動かして泳がせるアクション方法です。リフトはルアーを浮かせる動きですが、これは竿を垂直近くまで立てることで行い、リールを巻くことはありません。対して、フォールにはラインを送り込んでルアーを落とすフリーフォールという方法と、ラインを保ちつつルアーを手前側に沈めるテンションフォールという方法の2種類が存在します。

チョンチョンフォール

チョンチョンフォールは、キャスト後に任意のレンジまでルアーが沈んだら、チョンチョンとルアーをしゃくるアクション方法です。しゃくってルアーを跳ね上げるアクションとテンションフォールを繰り返すことが、チョンチョンフォールの動作になります。ジグヘッドリグの形状としゃくりのテンポが上手く同調すれば、チョンチョンフォールは大きなアピールにつながるでしょう。

ワームでキジハタを釣ろう!

岩礁域や人工護岸付近に生息するキジハタは、様々な料理で食材として使用される高級魚です。キジハタは待ち伏せて獲物を捕食する習性を持つため、ワームを使って狙えるルアー釣りの代表的な対象魚になっています。ワームの仕掛けにはジグヘッドリグやテキサスリグなどがありますので、ワームの種類とあわせてキジハタ釣りに活かしていきましょう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事