淡水魚の釣りの中でも高い人気がある鯉釣り。野鯉は飼育されている鯉よりも引きが強く、かなりの大型が釣れることもあるため、海外でも実は人気があります。そこで本記事では、そんな鯉釣りを徹底的に解説していきましょう。

初心者でも簡単!鯉釣りに適した季節は?

鯉は日本全国の河川や湖に生息する魚です。シーズンとしては乗っ込みになる春がベスト。とはいえ通年で釣れる魚です。ただ冬場になると、かなり活性も落ちるため釣りにくくはなります。そのため初心者は水温が高くなり、活性が上がっている春の終わりからがおすすめのシーズンです。この時期は鯉が産卵する時期でもあるため、食いつきがかなりよくなります。また9月から11月の秋本番というシーズンも、活性が高まっているため、鯉釣りのメインでシーズンと言っていいでしょう。

手軽に釣りたい人向け!パンで鯉を釣る時の仕掛けは?

鯉はパンを使ってシンプルに釣ることができます。仕掛けも非常に単純で、道糸の先端に針をつけるだけです。あとは食パンをつけて、鯉が浮いてくるのを待ちましょう。巻き餌には余った食パンを使うといいです。鯉が浮いてきて、パンを吸い込んだらアワせてあげればいいでしょう。

パンの付け方

鯉をパンで釣る時に、決まった餌の付け方はありません。ただし大きくても小さすぎても良くないです。鯉がちょうど一口で吸い込めるくらいの大きさにするといいでしょう。また何度もやっても鯉が浮いてこない時は、パンをギュッと握ってみるといいです。パンがゆっくり沈んでいくので浮いてこない鯉にもアピールできます。

爆釣が期待できる吸い込み釣り

鯉を釣る時によく使われるのが吸い込み釣りです。大物を狙う時の定番なため、ロッドやリールもそれなりの性能の物を使いましょう。餌として使われるのは、トウモロコシやマッシュポテト、ミミズ、餌用の芋ようかんなどが一般的です。

吸い込み釣りの仕掛けは?

KAWASEMI(かわせみ針) K-8 ラセン付吸込針 10号

仕掛けとしては道糸の先に20号から25号の重りをつけ、その先にクッションゴム、よりもどしをつけて吸い込みと呼ばれる仕掛けを用意します。吸い込みとはスプリング状になったもので、針が周囲についているような仕掛けです。自作するのは難しいので、市販の物を購入した方がいいでしょう。仕明を投入したあとは、餌が水中で崩れていき寄せ餌のような役割をしてくれます。待ちの釣りなので、ロッド先に鈴をつけておくのもいいでしょう。

奥が深い鯉のウキ釣り仕掛けは?

次に鯉をウキ釣りで釣る時の仕掛けを紹介します。ウキ釣りにはリールのない、延べ竿をつかうのが一般的です。道糸はターゲットのサイズで変わりますが、2号から3号をつけていると間違いありません。棒浮きを用意して、板重りやガン玉を使って浮力調整をします。その先に鯉用の10号針をつけて完成です。ちなみに鯉のウキ釣り用の仕掛けも市販されています。

海外発!裏技餌のボイリーとは?

マルキュー(MARUKYU) クレデンスボイリー チェンジベイト 14mm オレンジパンチ

ボイリーはヨーロッパで開発された鯉釣り用の餌です。魚粉や鳥の餌、大豆の粉などを原料としたもので、その名の通りに球状にゆでて作ったものになります。巻き餌としても使いますし、釣り餌にもできる万能な餌です。ヨーロッパも野鯉釣りの人気が高いため、様々なアイテムが開発されています。最近では多種多様なボイリーが発売されていて、沈むタイプだけではなく水中に浮く物もあるため、フィールドやコンッディションによって使い分けるといいでしょう。

鯉をルアーで狙うカープフィッシングとは?

鯉は雑食性であるため、水中で餌になりそうなものは、大抵吸いこんで食べてしまいます。小魚やザリガニなども捕食対象であるため、ルアーを使って釣ることも可能です。ルアーで良く使われるのは、スプーン、ワーム、ラバージグの3つでしょう。川に住んでいる鯉は、ザリガニを好んで捕食します。そのためザリガニを模したラバージグはおすすめです。底をずるずると引いていくと、鯉の食い気をあおれるでしょう。

鯉釣り専用ルアー「リメット」なんてものも!

ルアーの中には鯉釣り専用のものもあります。リメットという名称のルアーで、ライゼンバイト社が日本で独自開発を行った、日本生まれのルアーです。科学的な視点で鯉を研究し、最も食いつくであろう物を形にしたのがリメットになります。鯉のルアー釣りも巻き餌を必要とすることがありましたが、リメットは巻き餌をしなくても釣れると評判です。またテクニックも必要なく、下手な餌釣りよりも釣れると評判になっています。

鯉釣りに適したポイントは?

鯉はその適応力の高さから、様々な場所に生息しています。川の場合であれば中流から下流を中心にしていて、他にも池や湖などが代表的なポイントです。基本的に流れが激しくない、緩やかな河川を好みます。鯉と言えば浅瀬にいるイメージかもしれませんが、野鯉は深いポイントにいるので覚えておきましょう。産卵期になると水面近くにまできますが、基本的には流れが緩く、水深の深い場所にいます。ちなみに川や池、湖の水が汚れていても、鯉は住んでいるので、気にせずチャレンジしてみてください。

野鯉を釣ろう!

野鯉を釣る時の方法やポイントを紹介しました。サイズが大きい物も多く、非常に釣りのターゲットとして人気です。仕掛けもシンプルなものが多いので、初心者でも始めやすい釣りの1つでしょう。ただし、野鯉は基本的に食用向きではありません。そのため、キャッチ&リリースが基本。鯉をできるだけ傷つけないように、ランディングネットや、バーブレスフックを使用されることをおすすめします。ランディングネットやバーブレスフックについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

play in natureの想いを届けるためのショップができました

「play in nature」は、
釣り、SUP、サーフィン、キャンプなど、
あらゆる外遊びを自分らしく楽しみたい人。

そして

「自然に遊ばせてもらっている」という
自然への敬意を忘れないすべての
外遊び人に向けたアウトドア情報サイトです。


このたび誕生したPIN SHOPでは、
「play in nature」の
想いを込めた商品を取り扱っています。

PINSHOPはこちら


関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします