沖縄の釣り情報|旅行者、初心者おすすめの手ぶらOK 本格船釣りまで!

沖縄県は、当然ですが海に囲まれた場所であるため、いたる所に釣り場があります。他の地域とは異なり、スケールの大きな釣りも楽しめるのがポイントになるでしょう。沖縄県の釣り場の特徴や釣れる魚の種類、さらにどんな場所で釣りができるのか解説していきます。

沖縄県の釣り場の特徴は?

沖縄で魚が集まる場所の1つがサンゴ礁です。沖縄県の周辺には、多くのサンゴ礁があり、九州や四国や本州にも生息していないような魚も数多くいます。釣りのスポットが多く、釣り経験の長い方から始めたばかりの方まで、あらゆる人が楽しめる釣り場がそろっていると言っていいでしょう。沖縄旅行をするのであれば、ここでしか経験できないような釣りを楽しまれることをおすすめします。

沖縄で釣れる魚は?

沖縄で釣りをすると、これまでに見たことのないようなカラフルな魚種を釣ることができます。沖縄で釣れる代表的な魚をいくつかご紹介します。

沖縄で釣れる魚1:オジサン

オジサンは、昔から沖縄で親しまれてきた、煮ても焼いても、刺し身でも美味しい郷土料理に使われている魚です。赤い外見と下アゴのヒゲが特徴であり、投げ釣りのタックルがあれば、問題なく釣れる魚になります。

沖縄で釣れる魚2:アカジンミーバイ

高級魚としても知られているアカジンミーバイは、なかなか釣ることのできない貴重な魚です。脂ののった上品な味わいが特徴であり、比較的大きなサイズのものもおり、外見が赤く大きな口が特徴です。生息域はリーフであるため、通常は船釣りになるでしょう。

沖縄で釣れる魚3:グルクン

一般的にはタカサゴと呼ばれる魚で、沖縄県ではグルクンと呼ばれています。泳いでいる時は、基本色はシルバーで横に黄色の線が入った外見ですが、釣れると赤紫色へと変化します。生息域は、20mから60mくらいの深さのサンゴ礁であるため、船釣りが基本になるでしょう。一般的には唐揚げや練り物として食べられています。

釣り具レンタルありのおすすめ沖縄釣りスポット

まだ釣具を揃えていない初心者や旅行者の方であれば、釣具レンタルのあるポイントの方が良いでしょう。

ハンビー釣りイカダ:沖縄県中城郡北谷町

ハンビー海岸のアラハビーチ沖のサンゴ礁帯にあるハンビー釣りイカダでは