こんにちは。パドルは筋トレになるから、重いもの使ったっていいでしょ?と強がりを言って、これまでアルミパドルを使っていた編集長uchiです。今、ものすごく後悔してます。なんであんなクッソ重たいパドルを使い続けてきたんだろうって。ということで今回、憧れのフルカーボンパドルをゲットしました!!

憧れのフルカーボンパドル!

カーボンパドルの軽さに驚いてます…

今、漕ぎながら驚いてます。海の上で興奮してます。めちゃくちゃ軽い!グングン進む!カーボンパドルにはフルカーボンと言われる、文字通りすべてがカーボンでできているものと、カーボンとグラスファイバーを混ぜたもの、またシャフトはカーボンだけどブレードはグラスファイバーなど、さまざま。そして当然、一番軽いのはフルカーボン製になります。今回、アルミ→フルカーボンに変えたので、もう軽い軽い笑。「なんでもっと早くに変えなかったんだろう」と今、後悔しています。

今回ゲットしたフルカーボンパドルはこちら

今回もコスパ最強フィッシングSUPを出されているZRAY社のものになります。僕個人的にはZRAY=コスパ最強。品質も安心できるうえにリーズナブルなので、これからSUPを本格的に始めたい方におすすめしたいブランドです。もちろん他社のフルカーボンパドルに比べて、こちらもリーズナブルですよ。

カーボンパドルの特徴

とにかく軽い

航空機などにも使用される、非常に軽量かつ高い強度が特徴。そのため、とにかく軽いんです。試しにアルミのパドルとフルカーボンではどのくらいの違いがあるかというと、アルミは余裕で1キロ(1,000グラム)以上あって、ZRAYのフルカーボンパドルは3ピースで合計620グラムでした。本当に筋トレでしたねアルミは…

疲れにくい

軽い=疲れにくいというのは誰しもが想像できると思いますが、本当に段違いでした。調子に乗ってどこまでもスイスイ漕げてしまうので、結果的に漕ぎすぎて疲れるというのはありますが。アルミパドルと同じくらいの漕ぎ量だったら、疲労感がまるで違います。「疲れたいですか?できれば疲れたくないですか?」この質問だけでアルミ派を論破できちゃいます笑。

強度に優れている

もちろん長年使っていれば壊れる時は壊れるんでしょうが、強度においてもカーボンはピカイチです。F1の車や航空機などにも使われる素材なので、まさにホンモノの素材。長く使いたい。沖で壊れるなんて惨事は避けたい。という方にもカーボンはおすすめなのです。ただし、紫外線に弱いという特徴もあるようなので長期間、直射日光にさらすのはよくないでしょう。

ただしカーボンパドルは高価

もちろんこれだけメリットがあるというだけあって、お値段も高価になります。ただし、SUPにおいてパドルは動力。つまりエンジンとも言えます。長い距離を速く移動するレースSUPではもちろんカーボンパドルが当たり前です。長くSUPを楽しみたいなら少し高価でも良いエンジン(カーボンパドル)を積んでおくことをおすすめします。

SUPフィッシングにカーボンパドルがおすすめな理由

これまではカーボンパドルの一般的なメリットや特徴を挙げてきましたが、これからはSUPフィッシングに絞った視点で「カーボンパドル」を掘り下げていきます。結論からいうと、SUPフィッシャーこそカーボンパドルを使うべし、です。その理由は…

ただでさえ荷物が多いSUPフィッシングでは軽い=正義

SUPフィッシングの場合、パドル以外にロッド、ランディングネット、クーラーボックス、ルアーケース、プライヤー、フィッシュグリップなどなど。たくさんの荷物が必要になりますよね。だからこそ、軽い=正義なのです。ボードもパドルも軽いに越したことはありません。

ロッドをしゃくり続けるから漕ぐ力は最小限に

SUPフィッシングって、実はかなりの体力を必要としますよね。漕いでロッドをしゃくってまた漕いで。これを何時間も繰り返すので、帰る時には腕がパンパンに。いざ帰ろうとしたら風や潮流によりなかなか岸に戻れないという怖い思いをしたことがある方も多いでしょう。だからこそ、最小限の力で漕げるカーボンパドルをおすすめするのです。できるだけ体力を浪費せず漕げるカーボンパドルはSUPフィッシングにおいてマストアイテムだと思えました。

片手でパドルをさばかなきゃいけない時があるから

ロッドとパドルの二刀流もめずらしくない

SUPフィッシングでバーチカルな釣りをしていると、真下に落としたいのに斜めにラインが入ってしまうことってありますよね?そんな時は落としながらSUPを移動させなければなりません。ロッドを持ちながら片手でパドルを漕いでとなると、軽さは相当重要。実際にロッドをさばきながら漕いでみましたが、ちょっとした距離や方向転換なら、なんなくできました。

特にSUPフィッシングでは3ピースのカーボンパドルがおすすめ

Zray フルカーボンパドル

というわけで僕もカーボンパドルを手にしたわけだけど、これから購入予定の人にぜひお勧めしたいのが、3ピースタイプ。今日は立たない!と決めた日には真ん中のピースを抜いた短めの2ピース仕様に。

カーボンパドル
座り漕ぎ専用2ピースパドル

するとなんと500g台の超軽量パドルの完成です笑。座りながらでも抵抗感を感じることなく、グイグイと漕いでいけます。

今回もコスパ最強のZRAYフルカーボンパドルにお世話になりました

それぞれこだわりや好みもあると思うので、ブランドは置いておいたとしても、とにかくSUPフィッシングをされている方は3ピースのフルカーボンパドルを圧倒的プッシュさせていただきます!そして特にブランドこだわりがないのであれば、コスパ最強ブランドZRAYがおすすめ。3ピースで使っても約620gと軽いし、2万5,000円もしません。アジャスターレバーがついているので工具なしで長さを調節できるのも便利。

長さ調節もカンタン

試しに他社と比べてみてください。コスパ最強と言っている意味がわかると思います。

まとめ

SUPフィッシングにおいて軽い=正義。また座りがメインの人には3ピースタイプがおすすめ。とにかく快適にSUPフィッシングを楽しみたい方は、3ピースタイプのフルカーボンパドルをゲットしましょう。そして、コスパ重視ならZRAYおすすめです!それでは本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。編集長uchiでした!play in nature!!!

play in natureの想いを届けるためのショップができました

「play in nature」は、
釣り、SUP、サーフィン、キャンプなど、
あらゆる外遊びを自分らしく楽しみたい人。

そして

「自然に遊ばせてもらっている」という
自然への敬意を忘れないすべての
外遊び人に向けたアウトドア情報サイトです。


このたび誕生したPIN SHOPでは、
「play in nature」の
想いを込めた商品を取り扱っています。

PINSHOPはこちら


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします