全国のSUPフィッシャーの皆さん


こんにちは。編集長uchiです。


SUPに空気を入れながら失礼します。


↑Tシャツ販売中です( ◠‿◠ )購入は>>コチラ<<

突然ですが、釣りに適したSUPの条件って何だと思いますか?クルージングでもなく、波乗りでもない。釣りに向いてるSUPを追求し始めると、選択肢って結構狭まってきます。そしてもちろん、安いほうが嬉しい。コスパも重要ですよね?


そこで、これからSUPフィッシングを始めたいという方のために、僕が考えるフィッシング用SUPに求める要素をまずお伝えしたいと思います!そしてついに、出会っちゃいましたよ。コスパ最強のフィッシング用SUPに。ということで本日はコスパ最強フィッシング用SUP「ZRAY FISHING 11’’」の魅力を、実際に乗りながらご紹介したいと思います。

フィッシング用SUPに求める5大要素とは?

まずは釣りが主な目的という人向けに、SUP選びで最低限この要素は重視したいよね、というポイントをお伝えしますね。これからSUPフィッシングを始めたい人、超必見ですよ。

安定性

SUPは体幹が鍛えられるといいますよね。理由は簡単です。SUPの上では常にバランスを取るための筋肉が働いているから。シェイプアップやトレーニングが目的であれば、むしろ安定性の低いSUPを選べばいいんです。でも、釣りに集中したいならその逆。安定性のあるSUPを選びましょう。厚さは15cmあって、容積は250l以上。幅も80cmあれば安心です。これらの要素を満たしていれば、安定性は高いSUPといっていいでしょう。

浮力

安定性と近いですが、浮力もある程度高いものがオススメ。というのも、SUPフィッシングでは、ロッドやリールといったタックルのほかに、クーラーボックス、その他道具を持ち込みます。また安定性やスピード面でも浮力が高いほうが圧倒的に有利です。スペック表にしっかりと制限体重が書かれていて、150kgくらいまで耐えられる浮力があれば安心でしょう。

スピード

素早くポイントに行くためにスピード性能は超大事。同じくらいの浮力でも、意外とSUPによってスピード性能は変わってきます。幅が広くなり過ぎれば直進性は落ちますし、反った形状をしていると接水面が狭くなって推進力が落ちます。またSUPはどうしても風に影響を受けやすいので、帰還のことを考えると、スピード性能は重視したいポイントです。

拡張性

これ、けっこう大事だと思ってます。例えばクーラーボックスはしっかりとつけられるかとか、人によってはカヤックシートを取り付けたいとか、ロッドホルダーがほしいとか。普通のクルージング用SUPだと、どうしても拡張性は低くなってしまいます。だから釣り用にSUP欲しいと言う人は「こんなセッティングにしたい!」というようなイメージをあらかじめ持っておくと、いいですよ!

軽さ

クーラーボックス、タックル、フラッグ、フィッシュグリップ、ランディングネットなどなど。SUPフィッシングって意外と持ち物が多いんですよね。で、駐車場からポイントまでが遠いと、持ち運びが結構大変。前にエントリー時によいしょって持ち上げたら、腰がピキッといって大変な思いをしたことがあります。だから軽さは本当に大事。実は以前使っていたSUPが結構重くて。軽いSUPに変えてから、軽さは超大事だと実感しています。

丈夫さ

Amazonで見ると今って本当に安いSUPが出回っていますよね。正直、3万円代のSUPは不安で使う気になれません。実際に現物を見れないから僕も以前までは「10万円くらいするSUPのほうが安心だよな…」って思っていました。でも後ほど紹介する「ZRAY FISHING 11’’」と出会って、この考え方は間違っていたと気づきましたね。

SUPフィッシングに最適なボードとは?

これからSUPフィッシングをする人にとって、上に挙げた条件は、絶対に視野に入れるべきです。でも、条件を満たしたSUPって意外と多くないし、価格も高くなってしまう。そんな時に、見つけてしまったんですよ。「コスパ最強のフィッシング用SUP」を。ということで、ここからは僕が思う「コスパ最強のフィッシング用SUP」をご紹介したいと思います。さっそくですが、コチラ見てください!

ZRAY FISHING 11''

「ZRAY FISHING 11''」

なかなか珍しいカラーリングでカッコいいでしょ?調べたところ、ZRAY(ジーレイ)というのは、ヨーロッパで絶大な人気を誇るインフレータブルボードブランドだそうです。インフレータブル(空気注入式)製品を40年に渡って製造しているメーカーによって2009年に設立されたとのこと。そのため、クオリティは安心です。さらに 「FISHING」という名がついているだけあって、拡張性も抜群。それでは僕の新しい相棒「ZRAY FISHING 11’’」について解説していきます!

安心して釣りに集中できるスペック

まず「ZRAY FISHING 11’’」のスペックはこんな感じ。

  • 長さ:335cm
  • 幅:81cm
  • 厚み:15cm
  • 重量:10.2kg
  • 適応体重:150kgまで
  • 容積:275L
  • セット内容:SUP本体、バックパック、パドル、ポンプ、リペアキット

うん、長さも幅も厚みも十分。適応体重も150kgまでなので、湖なんかでタンデムも楽しめそうですね。これなら初めてSUPに乗るという人でも問題なく釣りに集中できるだけの浮力、安定性があるスペックになってます。

バランスの取れた設計で安定性も十分

じゃあさっそく、ちょっと乗ってみますね。

実際に乗ってみても安定性は十分。これまでサイドにフロートのあった3気室に乗っていたんですが、ほとんど遜色はありません。もちろん風が吹いていてうねりもある中での立ち漕ぎをしたら、落水はありえますが、座っているぶんにはまず落ちることもない安定性だと思えました。安定性は合格!!

最大の特徴である11連リングで拡張性は無限大

これ見てください。

今までこんなSUP見たことありますか?クーラーボックスをくくりつけたり、カヤックシートをつけたり、ランディングネットやフィッシュグリップをつなぎとめておいたり。

SUPフィッシングは意外と荷物も多いので、どう使おうか想像が膨らみます。とりあえず僕はクーラーボックスを好みの後ろの位置に置いて、カヤックシートも設置しました!

この装備でもラクラク持ち上げられました!

クーラーボックスをボードの裏までベルトで巻いて固定している人が多いと思うのですが、結構ずれたりします。過去に僕もクーラーボックスが倒れてしまったことがありました。クーラーボックスにロッドホルダーをつけていたのでタックルごとロストすることに泣。とにかく拡張性バツグンの11連リングはSUPフィッシングにとって、地味だけどありがたすぎる機能と言えるでしょう。

軽さは正義!想像以上に軽かった

これも本当に嬉しかったポイントです。とにかく軽いんですよ。エントリーする時、海から上がる時、SUPを持ち上げなきゃいけないんですが、荷物を積むと結構重くて。でも「ZRAY FISHING 11’’」はこのスペックで10.2kg。今までが重いボードだったのもあってか「こんなに軽いの?!」と感動しました。SUPフィッシングにおいて軽いは正義です。経験を積めば積むほど、軽さのありがたみがわかると思います。

心配だったスピード性能も問題なし!むしろ速い!

実を言うと1つだけ心配だったことがあったんです。それがスピード性能。先端がスパッと切れたような形状だから、しっかり直進してくれるのか、スピードは出るのか、心配でした。

でも、良い意味で期待を裏切ってくれましたね。フィンが3個ついているからか直進性はバッチリ。

スピードも正直、思った以上に出ました。体感では前に乗っていた3気室タイプより速いです。SUPフィッシングはいち早くポイントまで着きたいし、ちょこちょこ移動もするので、スピード性能は超大事。スピードと安定性を両立するのは難しいはずなんですけど「ZRAY FISHING 11’’」は釣りをすることを考えると非常にバランス良くできているなと感じました。

そして何より安い!

以前までは、命を預けるSUPには10万円くらいする良いものにしよう、と言ってきました。でも、間違いでしたね。10万円しなくても、安心して乗れる良いものなら、いいんです。そして「ZRAY FISHING 11’’」は接着もしっかりしていて、これなら必要十分な品質だ、と思えました。ある程度の品質があれば、あとは安ければ安いほどいいですから笑。「ZRAY FISHING 11’’」は安いです。ほかのフィッシング用SUPと比べても半額とかです。だから言ったでしょ、コスパ最強SUPと出会っちゃったって。予算5万円くらいで悩んだら、迷わずこれにしておけば、絶対に後悔はしないですよ。

「ZRAY FISHING」仲間、募集中です。ぜひこのボードに乗っている僕を見たら、声をかけてください^^それでは!!Play in nature!!!

play in natureの想いを届けるためのショップができました

「play in nature」は、
釣り、SUP、サーフィン、キャンプなど、
あらゆる外遊びを自分らしく楽しみたい人。

そして

「自然に遊ばせてもらっている」という
自然への敬意を忘れないすべての
外遊び人に向けたアウトドア情報サイトです。


このたび誕生したPIN SHOPでは、
「play in nature」の
想いを込めた商品を取り扱っています。

PINSHOPはこちら


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします