スポンサーリンク

釣り人の必需品として知られるバッカンには、水汲み用バッカンや撒き餌用バッカンなど多種多様な種類が登場しています。使い道に応じて最適なバッカンの種類は変わっていくため、釣り用バッカンを選ぶ際には細かな違いに目を向けていかなくてはいけません。バッカンの基本知識と主な使い道を踏まえつつ、あなたが選ぶべきバッカンを決めていきましょう。

スポンサーリンク

釣り人の必需品バッカンとは?

堤防釣りや磯釣りではコマセを撒いたりしますが、このコマセや水の入れ物になるのが、バッカンの主な使い道です。バッカンは基本、柔らかい素材を使った持ち運べるボックスコンテナ仕様になっています。フタの無いバッカンや収納時に折りたためるバッカンなど、種類は豊富に見られるため、用途に応じて使い分けていきましょう。コマセに使う以外にも様々な機能を兼ね備えたものが存在するため、多種多様なバッカンを取り揃える釣り人も多いかもしれません。合成樹脂を素材にしたバッカンは撥水性と耐水性に優れていますから、ガシガシ使い倒していきましょう。

バッカンの使い道は?

バッカンの代表的な使い道には、堤防釣りや磯釣りで用いられるコマセ入れが当てはまります。冷凍アミエビや配合エサなどを混ぜる際のボウル代わりに使えるほか、完成したコマセを持ち運ぶ入れ物としてもバッカンは活躍します。また、バッカンは釣り道具の収納用具としても適しているため、細かな釣り具をひとまとめに収納できます。ほかにも、バッカンは魚を活かす容器としても重宝されますし、バッカンが釣り場で力を発揮するシーンは本当に多いです。また、自立性があって、倒れる心配がほぼ無いため、ロッドホルダーをカスタムしてつけ、竿立てや竿置きにする方法も選べるでしょう。

水汲み用バッカン

シマノ 水汲みバッカン BK-053Q ブラック 19cm

水汲みバケツとも称される水汲み用バッカンは、堤防釣りで水を汲む際に便利な長いロープが組み合わされた仕様のバッカンです。一般的に水を掬いやすいものや小さいものが推奨されますが、縁にバランスオモリを内蔵しているかどうかも重要なポイントにあげられます。本体内部に目盛りが付けられた種類や折りたたみ式に限らず、釣った魚を入れることを前提にした水汲みバッカンも発売されています。清掃などマナーを守るためにも水汲みバッカンは欠かせませんから、釣りを楽しむのなら事前に水汲みバッカンをひとつは用意しておきましょう。

撒き餌用バッカン

撒き餌用バッカンは、コマセ作りと持ち運びの両方に対応できるスタンダードな仕様のバッカンです。このような撒き餌用バッカンには折りたたみ式も存在しますが、本体に折れ目が付いているとコマセを混ぜる時、すくう時に、やりにくさを感じる人もいるでしょう。釣り場でコマセを快適に使用していきたい場合には、四隅が丸く尚且つ自立する形状のバッカンを選んでみてください。また撒き餌用バッカンでは、重くなるため、取っ手のグリップの形状もなるべく持ち運び時に手が痛まないデザインを優先したほうが良いでしょう。

タックルバッグ、小物入れ用バッカン

タックルバッグや小物入れ用バッカンは、釣り道具の収納に適した仕様のバッカンです。拡張性の高いタックルバッグは豊富にありますが、あくまでも持ち運ぶ釣り具の量にあわせてタックルバッグを決めてください。小物入れ用バッカンでは、仕切りを自由に変更可能な製品や、タックルバッグと併用できる製品が適しています。

キーパー用バッカン

キーパー用バッカンは、釣った魚を活かすためにエアポンプを取り付けられる仕様のバッカンです。基本、撒き餌用のバッカンで問題はありません。むしろ、バッカンよりも、魚を生かしておくための、エアポンプ選びに注力しましょう。安いものを選んでしまうと、魚の活きが悪くなり、結果的に釣果にも影響が出ます。安物に比べて値は張りますが、釣り専用として出されているものを選びましょう。またキーパー用バッカンには、本体の外側に竿立てが付いた種類も見られますから、竿立ての有無も検討時にチェックしましょう。

ウェア、ウェーダー用大型バッカン

ウェアやウェーダー用の大型バッカンは、濡れたウェアやウェーダーを収納する車内ケース向けの大型バッカンです。フタ付きとフタ無しのどちらを選ぶにしても、持ち運びしやすいショルダーや片掛けを備えたものが向いています。大型バッカンは防水性が非常に強いため、釣り用具を収納しない場合には、氷や保冷剤を入れて飲み物を冷やすことも行えます。

スポンサーリンク

用途に合わせてお気に入りのバッカンを選ぼう!

釣りを楽しむ上で幅広い役割を果たすバッカンは、撥水性や耐水性を兼ね備えた素材を使ったボックスコンテナです。バッカンはコマセ入れや水汲みのほか、釣り道具の収納や釣った魚を活かす目的であっても大活躍します。ただし、バッカンを目的別に選ぶときにはそれぞれ判断基準が違いますので、使い勝手を考慮した上でバッカン選びを進めていきましょう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事