スポンサーリンク

ジギングベイトリールはライトショアからスロージギング、さらにタイラバまで、たくさんの場面で愛用されています。しかし釣りたい魚や釣り場によってスタイルが変化するのがジギングなので、どんなリールを選べばいいか悩むことも。スピニングとベイトの違いや、状況別のおすすめリールを紹介していくので、迷った時の参考になれで幸いです。

スポンサーリンク

ジギングではベイトリールとスピニングはどう使い分ける?

一般的にジギングにはスピニングリールを使用する方も多いですが、ベイトリールが圧倒的に強い状況もあります。ジギングを好むアングラーの中には、ベイトリールとスピニングリールを使い分ける人も少なくありません。それぞれの特徴やメリットを知っておけば、自分のターゲット釣果をあげることも可能です。

スピニングリールの特徴

シマノ リール スピニングリール 18 ステラ 4000XG

スピニングリールの最大の特徴は誰でも簡単に扱えること。釣り経験がまったくない初心者でもライントラブルなく使えるので、スピニングリールがおすすめされています。向かい風や強風時のキャスティングに強いのも、スピニングリールならではのメリットです。釣りができる天候ならどんな状況でもキャスティングができます。ハンドルを左右どちらでも付け替えられるのもスピニングリールならではで、リール一つあれば利き手を問わず利用できます。現在ベイトリールを愛用している上級者でも、スピニングリールで経験をつんでからベイトリールに移行しているんです。スピニングリールは場所を選ばないオールラウンダーと考えてください。

スポンサーリンク

ベイトリールの特徴とメリット

シマノ (SHIMANO) ベイトリール ジギング 17 オシアジガー 1500HG 右ハンドル

巻き取りパワーが強い

ハンドルの回転を直接スプールに伝えることができるので、スピニングリールよりパワフルな巻き取りが可能です。スピニングリールは大型ターゲットを釣り上げる時に、ロッドを使って相手を弱らせる釣りをする必要があります。パワーのあるベイトリールの場合は、弱らせることなく釣り上げることもできるんです。

糸絡みが少ない

スピニングリールでキャスティングをすると、必要以上にラインが出てしまうことがあります。ベイトリールは無駄な糸が出にくいのでトラブルの発生を抑えられて、太いラインを使用して強引な釣りを可能にします。

フォール中にアタリが取れる

これこそ、ベイトリールの最大のメリットといっていいでしょう。オープンベールにしたスピニングリールではアタリが取りにくいですが、ベイトリールならにフォール中の小さなアタリも取りやすいです。特にシーバスやタチウオを狙ったジギングではフォール中のアタリが多いので、ベイトリールが圧倒的に有利でしょう。また最近では値段は張りますが、カウンター付きのジギング用リールもでていて船長の指示棚をきっちり狙うこともできます。タチウオのような歯の鋭い魚は指示棚より落としてしまうと、ラインが歯で切られるなんて事も多いです。そのため、初心者にはハードルが高いかもしれませんが、カウンター付きのベイトリールが重宝されています。

ベイトリールのデメリット=バックラッシュ

しかしベイトリールには初心者におすすめできない、バックラッシュという特徴もあるんです。ベイトリール独特のライントラブルで、一度発生すると中々修正できない曲者。プロアングラーでも発生を0にできないトラブルなので、初心者におすすめできない最大のデメリットです。

ベイトリールに向いてる釣りは?

ベイトリールはパワーのある魚との釣りに向いているので、大型を狙うルアーフィッシングに向いています。代表的な大型魚ではカジキやシイラ。テレビで釣っている場面を見たことがある人なら、ベイトリールを目にしているはずです。ベイトリールを使う場面はパワーが求められる状況なので、大物を狙うには欠かせないアイテム。ジギング全般でもベイトリールは使えるので、スピニングリールやジギングになれてきたら使ってみましょう。釣りの幅が広がる瞬間は、初めて魚を釣れた時の快感にも似ています。

スロージギング

クエ・アオムツ・青物といった魚を狙うスロージギングでは、大物がかかる機会が多いです。スピニングリールでも楽しめますが、船釣りをする場合はベイトリールのほうが断然おすすめできます。5kgや10kgの大物になると、ベイトリールのパワーは頼れる武器。ベイトリールは底物・深海・表層との大物バトルに欠かせないアイテムなのでスロージギングに向いています。

鯛ラバ

ベイトリールは等速巻きが実現しやすいので、鯛ラバにとても向いているリールです。ダブルハンドルとシングルハンドルがありますが、ベイトリールに慣れていない場合はダブルハンドルのほうが鯛ラバ向き。大型の真鯛とファイトすることになるので、力のこめやすいダブルハンドルのほうが釣り上げやすいからです。ダブルハンドルを一つ持っておけば、大型青物がかかった時にも対処しやすいのもおおすめの理由。

青物ジギング

スロージギング・鯛ラバ・青物ジギングに共通して言えますが、圧倒的なパワーが求められる場面はよくあります。陸っぱりから小ぶりの青物を狙うならスピニングリールで十分ですが、船上でヒラマサ・ハマチ・ブリがヒットしたら力比べの始まり。特にシーズン中の青物は好サイズの物が多いので、ベイトリールで挑む人もたくさんいます。キャスティングをしない大物狙いの青物ジギングなら、スピニングリールよりベイトリールが向いています。

ジギングにおすすめなベイトリール10選

アブ・ガルシアのSALTY STAGE REVO

ライトジギングからウルトラヘビージギングまでカバーしているベイトリールで実用的な性能を誇るため、初めてのベイトリールにおすすめ。近海のハードジギングから中深海までのジギングが可能です。レベルワインド搭載で深場のジギングも快適に行えます。

  • 自重(g) 378
  • 最大ドラグ力(Kg)10
  • 最大ライン巻取(cm)107
  • ギア比 7.6:1
  • ボール/ローラーベアリング 6/1
  • ラインキャパシティ― 1 号-1200m~4 号-300m

アブ・ガルシアのREVO BIGSHOOTER

大口径ギアを搭載しているので、大型魚にも負けないパワーが特徴のダブルハンドルモデル。コンパクトでとにかく軽いです。錆や塩ガミに強いソルトシールドピニオンBB搭載。

  • 自重:250g
  • ギア比:8.0:1
  • 最大ライン巻取:83cm
  • 最大ドラグ力:10Kg
  • ラインキャパ:16lb-125m/20lb-100m
  • ボール/ローラーベアリング:7/1

テイルウォークのELAN WIDE POWER PLUS

ハイギア仕様のベイトリールなのでラインの巻き取りが早く、テンポよく釣りをしたいアングラーに向いています。

  • ギヤ比7.1:1
  • ベアリング10+1
  • 自重305g
  • 糸巻量PE3号260m
  • 糸巻量ナイロン16lb240m
  • 最大ドラグ12kg

シマノのグラップラー300HG

大手メーカーシマノの安定した性能をそのままにコスパを追求したモデルで、巻き心地・強度は値段以上の性能です。剛性に優れる「HAGANEボディ」に「X-SHIP」、「マイクロモジュールギア」、「エキサイティングドラグサウンド」など先進の機構を搭載し、70mmのハンドルには「 CI4+」のラウンドノブを採用。

  • ギア比:6.2
  • 最大ドラグ力(kg):7.0
  • 自重(g):325
  • 糸巻量:PE(号-m):2-380、3-250、4-190
  • 最大巻上長(cm/ハンドル1回転):84
  • スプール寸法(径mm/幅mm):43/25
  • スプール下巻ライン:1/3、2/3
  • ハンドル長(mm):70
  • ベアリング数(S A-RB/ローラー):5/1

ダイワのキャタリナBJ200SH

アングラーの使い心地を最優先に設計されているので、ワンランク上のベイトリールを使いたい人におすすめできます。

  • 巻取り長さ(cm):81
  • ギア比:7.3
  • ハンドル長さ(mm):75
  • 標準自重(g):295
  • 最大ドラグ力(kg):7
  • 標準巻糸量ナイロン(lb-m):16-180、20-160
  • 標準巻糸量PE(号-m):2-250、2.5-200

シマノのオシアカルカッタ200HG

ジギングをはじめとするオフショア全般で使えるベイトリールなので、快適な使い心地を約束してくれます。

  • ギア比:6.7:1
  • 最大ドラグ力:5.0kg
  • 自重:285g
  • ハンドル長:45mm
  • PE糸巻量(号-m):1-440/1.5-290/2-200
  • パワープロ糸巻量(号-m):1-360/1.5-240/2.25-180
  • 最大巻上長:78cm(ハンドル1回転あたり)

シマノのオシアコンクエスト300HG

シマノのハイエンドベイトリールなので、安心して使いまわせる高い性能は、初心者から玄人までおすすめです。

  • ギア比:6.2
  • 最大ドラグ力:68.6N/7.0kg
  • 自重:345g
  • ハンドル長:70mm
  • PE糸巻量(号-m):2-380/3-240/4-170
  • 最大巻上長:84cm(ハンドル1回転あたり)
  • スプール下巻ライン:1/3、2/3

シマノのカルカッタコンクエスト BFS HG

人気の高いカルカッタコンクエストをさらに軽量化したモデルで、滑らかな巻き上げと高い強度が特徴のベイトリール。

  • ギア比:6.8
  • 最大ドラグ力(kg):4.0
  • 自重(g):200
  • スプール寸法(径mm/幅mm):32/21
  • フロロ糸巻量(lb-m):8-45
  • 最大巻上長(cm/ハンドル1回転):68
  • ハンドル長(mm):42

ダイワのソルティガBJ 200SH

過酷な環境でも万全のサポートを提供してくれるベイトリールであり、圧倒的な性能を誇る1ステップ上のリールになっています。高剛性スーパーメタルハウジングに独自の精密マシンカットを施した堅牢なハウジング、リールをサビ・塩ガミから守るマグシールドボールベアリング、そして防水タイプのATD(クリック音付き)、さらに定評のあるハイパーデジギヤを採用し、徹底的に耐久性を強化。ダイワの長年の経験をもとに度重なるテストで培った、まさに「Made in Field」をカタチにしたハイエンドモデルです。

  • 巻取り長さ(cm/ハンドル1回転):81
  • ギヤー比:7.3
  • 自重(g):325
  • 最大ドラグ力(kg):7
  • 標準巻糸量 PE(号-m):1-450、2-250 ※ベイジギングセンサー+Si/タナセンサーブライトを使用
  • ベアリング(ボール/ローラー):10/1
  • ハンドル長さ(cm):75-85

シマノのオシアジガー 1500HG

オシアジガーはジギングリールに求められる性能をとことん追求したモデルで、リールにこだわりを持っている人に使ってほしい出来です。

  • ギア比:6.4
  • 最大ドラグ力(kg):7.0
  • 自重(g):405
  • スプール寸法(径mm/幅mm):49/25
  • PE糸巻量(号-m):2-500、2.5-400、3-320
  • 最大巻上長(cm/ハンドル1回転):97
  • スプール下巻きライン:1/3、2/3

実力や好みに合ったベイトリールを見つけよう

ベイトリールとスピニングリールの違いや特徴をそれぞれ紹介しましたが、まずはコスパの良いエントリーモデルから使ってみましょう。ハイエンドモデルは性能も高い分値段も上がるので、初心者はスピニング・ベイトの両方を使って、どちらが使いやすいかを確かめるのがおすすめです。
使用するタックルが自分に向いている物なら、ポイントの状況に合わせた最高の釣りが楽しめます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事