日本で多く使われているリールは、ベイトリールとスピニングリールの2種類。ターゲットや釣り場によって変化することもありますが、基本的には2種類の中から選択する、もしくは2種類とも所有するしかありません。どちらが好み、というこだわりを持つ方もいらっしゃるでしょう。またどちらを選ぶべきか迷っている方もいらっしゃることと思います。そこでこの記事ではそれぞれの特徴やメリット・デメリットについて解説します。

ベイトリールの特徴、利点は?

ダイワ(DAIWA) ベイトリール キャタリナ 15H 2019モデル

ベイトリールの特徴を簡単に説明するなら、狙ったポイントにルアーをしっかり落とせるようになるということです。さらにリールとしてのパワーが優れているので、大型魚を狙う場合には、ベイトリールの方が向いていると言えるでしょう。さらにベイトリールではフォール中であっても、アタリがわかります。フォールで食わうような釣りがメインという方ならベイトリールがおすすめです。

ベイトリールの欠点は?

投げるのにコツが必要で技術が求められるため、釣り経験のほとんどない方が購入してしまうと上手に投げることは難しいでしょう。またそもそも投げるように想定されていないものも多いです。下手なキャスティングをしてしまうと、リールの構造上バッククラッシュという現象が起きてしまいます。バッククラッシュとは、ラインが手元でぐちゃぐちゃに絡んでしまうという現象で、絡んだ糸を直すのは非常に大変な作業です。

スピニングリールの特徴、利点は?

シマノ(SHIMANO) リール スピニングリール 18 ステラ C3000XG

スピニングリールは、初心者向きのリールと言えるでしょう。ベイトリールに比べると、リールトラブルが発生しにくいため、誰でも遠くまで投げることが可能です。釣りを始めたばかりの頃は、トラブルが少ないリールの方が望ましいので、スピニングリールで投げる練習をしてからベイトリールに移行する方が良いでしょう。

スピニングリールの欠点は?

リールの飛距離は、スピニングリールよりも優れており、できるだけ遠くに飛ばしたいという場合、初心者でなくでもスピニングリールを選ぶ方もいます。ただしリールとしてのパワーという面では、ベイトリールと比較すると劣っています。引きの強い大物を狙ったり、パワーのある魚をターゲットにする場合は、あまり向いていないリールと言えるでしょう。

リールによるロッドの違い

リールロッドには、ベイトロッドとスピニングロッドという2種類があります。名前の通りではありますが、ベイトロッドにはベイトリール、スピニングロッドにはスピニングリールの組み合わせが求められます。

ですから、もし組み合わせを考えずに本来適していないリールを無理やり使おうと思えば、使用することは可能ですが、スピニングリールにベイトロッドを組み合わせるなら飛距離があまり出なくなります。逆に、ベイトリールにスピニングロッドを組み合わせるなら、大物がヒットした時、ガイドが変形してしまうこともあるでしょう。タックルにはバランスが必要なため、推奨されている組み合わせを意識してください。

兼用ロッドもある

釣り道具屋に行ってみると、スピニングロッドとベイトロッドの兼用タイプも販売されています。しかし、実際にキャスティングができるのかというと、釣具会社の営業マンもキャスティングには向いていないと述べています。ベイトもスピニングも両方いけるという訴求をしていますが、実際には当然、専用ロッドほどの性能はないと言えるでしょう。

仮に兼用として使っていこうと思うのであれば、兼用ロッドとして有名なのがシマノのホリデーパックというロッドです。最初の一本として選ぶなら十分でしょう。しかし、このホリデーパックを使ってどちらのリールが向いているのか見極めたら、ぜひ専用ロッドに切り替えてみてくださいね。おすすめは、やはり兼用よりも1本ずつ専用のロッドを持つ方です。

ベイトリールが向いている釣りは?

ベイトリールの特徴の1つが、巻き上げる力が強いこと、スプールが回転することによって糸ヨリが発生しにくいことです。ラインが非常に長くなったとしても、こうした特徴があると大物でも釣り上げることもできるでしょう。向いている釣りは、オフショアジョギングで、水深の深いところを攻めるような釣りです。フォール中でもアタリを取ることができるので、縦の釣り(バーチカル)が向いているでしょう。500mを超えるような深海を攻める時でもベイトリールであれば対応することができます。

また力が強いということは、引きの強い魚にも対応できるという意味になります。ですからシーバスやブラックバスなど獰猛な正確の魚をターゲットにする時も、スピニングリールよりもベイトリールがいいという方が多いです。

スピニングリールが向いてる釣りは?

スピニングリールの最大の特徴は、遠投がしやすいという点でしょう。ですからオフショアジギングで遠投をするような釣りに向いているリールと言えます。特に堤防やサーフから遠投をして青物を狙う場合、スピニングリールの方がベイトリールよりも向いていると言えます。ベイトリールよりもパワーは落ちますが、岸から釣っているなら足場がしっかりしている分、パワー不足をカバーできるため大きな問題とはならないでしょう。岸から長距離のキャスティングで、青物の大物などをターゲットにすることも十分可能です。

自分に合ったリールを見つけよう!

リールの種類は、大きく分けるとベイトリールとスピニングリールの2種類に分けられます。ベイトリールは、パワーのある巻き上げが可能ですが、キャスティング自体が若干難しくなります。スピニングリールは、岸からの遠投に向いており、初心者でも扱いやすいリールなので、最初はこのリールを選択する方が良いでしょう。本記事が、あなたのリール選びの役に立てたら幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事