スポンサーリンク

気温が暖かくなってくると、堤防でのファミリーフィッシングが賑わいを見せます。しかし、浅はかな知識で釣りをすると危険なことも。釣りによる危険の1つが「毒魚」です。中には触れてしまうだけで危険な魚もいますので、本記事では「毒魚」を釣ってしまった場合の対処方法を解説します。また代表的な毒魚も紹介しておきますね。

スポンサーリンク

防波堤で出会う毒のある魚たち

防波堤で釣れる魚の中には、毒を持っている魚も多いです。知らずに触れてしまうと激痛が走るだけではなく、最悪の場合は死亡するケースもあります。そのため毒魚に対する知識も、ある程度は必要となるのです。

毒のある場所もさまざま

毒魚といっても、実は毒のある部分も様々です。魚の場合は刺毒魚といって、ヒレやトゲの部分に毒を持つのがほとんどだと言えます。そのため毒がある魚だとわかっていれば、触らずにすむでしょう。基本的に毒のある魚は死んでいても、毒が残るものばかりです。そのため死んでいるからと油断せずに、触らないことを心がけてください。

触ると危険!ヒレ

魚で毒を持つ多くが、このヒレに毒を持つタイプです。いわゆる外道と呼ばれる魚がこのケースに当てはまることが多いため、狙い以外の魚が釣れた時には注意しましょう。

刺されたら激痛!棘

エイや貝などに多いのが、トゲを持つタイプです。ヒレよりも強力な毒を備えていることが多いので、決して触れてはいけません。仮に上がってきたとしたら、無理をせずにハリスを切ってしまうのがいちばんです。

食べたら危険!皮膚

中には皮膚に毒を持つ魚もいます。皮を剥いだから大丈夫だろうと思っても、まな板についた毒成分を取り入れてしまうことも。腸炎ビブリオ菌や表皮粘液毒といった食中毒を起こすケースがあるので注意が必要です。ただ皮膚といっても食べると毒があるタイプですので、触れても問題はありません。

食べたら危険!内臓

食べると危険というのもフグが代表的でしょう。有名な話ですが、フグを調理するには専用の調理場と免許が必要です。内臓や皮膚、時には身にも毒があるケースもあります。フグは種類が多いため、それらの知識を身につけるために免許が必要となるのです。高級魚の割には良く釣れる魚なのですが、決して自分で調理してはいけません。

スポンサーリンク

防波堤で出会いがちな毒魚たち

では実際に防波堤で良く出会う魚を紹介していきましょう。釣れたとしても、無理をせずにスルーしてください。素人は無理をしないのがいちばんです。

アイゴ

メジナやクロダイ釣りの外道として有名なのがアイゴです。30cmほどの大きさの魚で、見た目が愛らしいため触る人も少なくありません。日本近海のどこにでも生息しているため、ちょい投げなどでも良く釣れる魚です。背びれや胸びれに毒がありますので、絶対に素手では触らないようにしましょう。

ソウシハギ

見た目がウマヅラハギと似ている魚です。そのため食べようとする人もいますが、食べてはいけません。見分け方は簡単で、全身に青色の毒々しい斑紋があります。個体によっては模様が薄いこともありますが、表面に黒い点があると食べない方がいいでしょう。ちなみに毒のある部分は内臓で、これは餌によると言われています。地域によっては毒性が低く、常食しているケースもあるそうです。ただ自然毒の中では最も強いとされる毒があるため、安全性を考えると釣り上げた後は持ち帰らないようにしましょう。

ゴンズイ

群れで生活しているため、釣れる時には数が釣れてしまう魚です。一見すると愛らしい姿をしていますが、背びれと胸びれに毒をもっています。夜釣りでは良く釣れる魚のため、必ずライトで確認してから触るようにしましょう。過去にはゴンズイの毒で死亡したケースもあるほどで、指された場合はすぐに病院へ行ってください。

オコゼ

オコゼも堤防釣りをしていると、外道としてよく釣れます。10cm程度の大きさで、見た目が派手なために子どもは触ってしまうかもしれません。ヒレ全般に毒を盛っているタイプなので、素手で触るのは避けるようにしましょう。針を外そうとするのも危険なので、ハリスを切ってしまうのをおすすめしておきます。

フグ

フグは毒魚として最も有名でしょう。ですがヒレに毒はなく、内臓や皮膚、身などに毒があります。そのため釣り上げたとしても、触って問題ありません。ただ自分で調理をして食べるのは、絶対に避けてください。

キタマクラ

キタマクラも食べると危険なタイプです。その名前の由来も食べて死んだ人を北向きに寝かせるとのことからですので、かなり強力な毒があります。フグと同じテトロドトキシンで、自負には粘液毒を出すための腺があります。そのため素手で触ってはいけません。ちなみにハギと似ていますが、こちらも毒々しい模様がついています。

アカエイ

サビキやちょい投げなどで、よく食いついてくるのがアカエイです。ルアーや投げ釣りなど何にでもかかります。ほとんどは重みでラインブレイクしますが、釣り上げてしまった時には尻尾に注意です。銛のような形状をしていて、刺さると抜けにくいため、できるならハリスを切って対処しましょう。

ミノカサゴ

華やかな色味と派手な姿をしたミノカサゴも、毒を持つ魚です。ヒレに強い毒をもっていて、刺されると強い痛みがあります。背びれ、胸びれ、尾びれに毒があるため、触らないようにしましょう。命の危険があるほど強い毒ではないですが、刺された部分が腫れあがり、目眩や吐き気がすることもあります。

オニカサゴ

同じくカサゴの中から、オニカサゴも毒魚です。美味しい魚なので釣り魚としても人気があります。背びれや尾びれに毒があり、刺されると強烈な痛みが走ります。最悪のケースは呼吸困難を起こすほどです。釣り魚としては悪くありませんが、十分に注意しましょう。

シイラ

シイラはルアーに積極的に食ってきて、引きも強いため、釣り人にとっては人気の魚種の1つです。また、白身魚のフライとしても非常に人気。釣り人の間では刺し身でも美味しいとされています。しかし、シイラの皮膚には、腸炎ビブリオ菌と表皮粘液毒といった食中毒の原因になる毒が含まれています。とはいえ、清潔なまな板を使い、皮を引いたらまな板を洗い直せば、そこまで神経質になる必要はありません。

ヒョウモンダコ

ヒョウモンダコも有名な毒を持つ魚介類です。タコの1種ですが、全身に青色の斑紋があります。フグと同じテトロドトキシンを持っていて、非常に危険です。決して触らないようにしましょう。

対処法と便利グッズを紹介

毒魚を釣ってしまった時の対処法と便利なグッズも紹介します。意外と良く釣れる毒魚が多いので、準備をしておくといいでしょう。直接手で魚に触れることがありませんので、安全に対処できます。

フィッシュグリップ

フィッシュグリップは、魚を掴むためのものです。フィッシュホルダーと呼ばれることもあって、形状としてはマジックハンドに近いものでしょう。またワニ口グリップという、トングに似た形状のものもあります。

プライヤー

プライヤーは針を外す道具です。ペンチのような形状をしているもので、長さがあるものだとより安全性が高まります。オニカサゴのように食用として美味なものなら、プライヤーとフィッシュグリップの両方を使って対処してください。

無理して外そうとせずに糸を切ろう

フィッシュグリップとプライヤーという、便利なグッズを紹介しましたが、やはり基本は逃がした方がいいです。そのため毒魚を釣ってしまった時は、できるだけハリスを切ってしまいましょう。もったいなく感じるかもしれませんが、刺された時には最悪は死ぬ可能性もあるため、やはり安全の確保が重要だからです。

毒魚の対処法を知って、安全なフィッシングライフを!

堤防で釣れる毒魚を中心に紹介してみました。フグのように食べると危険でも触って大丈夫な魚もいますが、ほとんどは触るのは避けた方がいいでしょう。便利なグッズもありますが、やはり自分の身を守るためにも触れないことを前提としてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事