イカを釣ってみたいと考えたら、エギを使う釣法であるエギングを覚えて釣りあげましょう。エギングは色々なイカを手軽に釣ることができるので、全国的に非常に人気のある釣りである同時に、高いゲーム性もあります。エギングの魅力やおすすめのエギもあわせて紹介していきます。

エギングとは?

エギングは主に春・秋に盛んになるイカを狙う釣りのこと。エギと呼ばれる疑似餌を動かして獲物を狙う釣法です。エギは古くからある漁具で、防波堤からキャスティングしている人もたくさんいます。疑似餌を使う釣りは初心者には難しいと思われていますが、エギングは初心者におすすめされることも多い釣法で、全国各地で楽しめる釣りです。イカを誘惑させるためにエギを動かすのはとても楽しいです。自分のエギを追いかけてくるイカが水面近くまでくると、今にも食いつきそうな瞬間が間近で見れることもあります。手軽に楽しめる・釣った後もおいしく食べられる・エサをさわなずにすむなど、お手軽に楽しめるのも魅力のですね。

主なターゲットはアオリイカ

イカにもたくさんの種類がありますが、エギングで狙うならアオリイカです。アオリイカは胴の長さが40cmから50cmある大型のイカで、大きいアオリイカになると2kgを超えます。日本で釣れるイカの中では大型なので、釣りの醍醐味である強い引きを味わえますが、イカの引きは魚とは一味違う楽しさがあるんです。そしてアオリイカはイカの中でも最高級食材と言われているほどのおいしさがあり、釣って楽しい食べておいしいイカとなっています。他にもコウイカ・ヤリイカ・ケンサキイカなども釣れます。アオリイカは他のイカと比べて楽しさが段違いなので、エギングのメインターゲットはアオリイカと言われています。

エギングの狙えるポイントの特徴は?

エギングのポイントはとても幅が広く、漁港・堤防・ゴロタ浜・砂浜など、身近な場所でも釣りが楽しめます。アオリイカは岸から近い海藻帯などに卵を産み付けるため、障害物が大好き。しかしエサを求めているイカは沿岸部を回遊しているので生息域が広く、ボート釣り・船釣り以外でもアオリイカは狙えます。岸から狙うなら漁港では海藻帯などの障害物周りを狙ったり、岩・ブレイク周辺を主に狙います。藻がたくさんある場所ならアオリイカは狙えますが、整備されているビーチなどは生息してないことが多いですね。

人気エギランキングTOP10

それではここから、著者がこれまでエギに大枚をはたいてきた経験をもとに、私が思うエギランキングベスト10を発表したいと思います。

【第10位】シマノのエギザイル4X4TUNE

シマノ(SHIMANO) エギ セフィア エギザイル 4x4 tune Loudness 2.5号 11g ニジテPOR 130 QE-258N ルアー

エギザイル4X4TUNEは4回シャクって4秒沈めるという意味があり、このアクションだけで一定のレンジをキープできるモデルです。どう釣っていいかわからない・どうしていいかわからない状況に強いので、特に初心者に向けたエギモデル。特殊なテクニックよりも4秒シャクって4秒沈めるを繰り返し、スピード感のあるエギングを楽しみましょう。

【第9位】デュエルヨーヅリのアオリーQ

ヨーヅリ(YO-ZURI) エギ: アオリーQ大分布巻(S)B2 3.5 GSD: ゴールドサクラダイ

エギングのスタンダードモデルといえばアオリーQと言われるほど、エギングの基本がつまったエギです。エギングのすべての基本動作が高いレベルで表現できるエギで、エギング初心者から上級者までおすすめできるエギ。実力があるほど釣果があがるエギなので、ベテランにも試してほしいエギと言えます。

【第8位】ダイワのエメラルダスストリーム

ダイワ(Daiwa) エギ イカ釣り用 エメラルダスストリーム ラトル 35 夜光-グルクンナイト

エギングのカリスマ・山田ヒロヒトが完全監修したエギでとても有名ですが、エギの実力も本物です。潮の流れをとらえることに特化しているエメラルダスストリームは、今流れている潮に対してナチュラルの動きを演出します。ヤマラッピならではのバックドリフト釣法にぴったりなエギで、フッキング性能を非常に高いので、バレにくくなっているのも特徴です。

【第7位】エコギアのダートマックスオーティ

フィッシュリーグ ルアー エギ ダートマックス OT2.5号OT05 11790

潮の流れが止まった時・まったく当たりが無い時の切り札と言えるのが、ダートマックスシリーズのオーティです。ダウンショットリグと同じように使用するエギで、シンカーにメインのエギ・50cm程度上にオーティをつけ、二つのエギで強烈なアピールができます。愛用しているエギだけでは釣果が上がらない時は、強い味方になってくれるでしょう。

【第6位】ヤマシタのエギ王Q LIVEサーチ

ヤマシタ(YAMASHITA) エギ エギ王 Q LIVE サーチ 3号 15.5g B09 SPDM #SPDマン

イカが聞き取りやすいラトル音・イカが見つけやすい光の二つが売りの、アピール力が高いモデルです。2016年に発売されて大人気になったシリーズですが、2018年に新色が10も追加されたことから、愛用しているエギンガーが多いのがわかります。朝夕のマズメ時に人一倍イカへアピールしたいなら、持っておきたいエギです。

【第5位】シマノのアントラージュ

シマノ(SHIMANO) エギ セフィア アントラージュ 3.5号 S2 35g レッドドラゴン 203 QT-352M ルアー

超有名メーカーであるシマノが開発したアントラージュは、主にボートなどから狙うティップランエギングが得意なエギ。ティップランエギングは陸っぱりのエギングに比べて、水深があるため、底が取りにくいです。そこでこのアントラージュは、底取りの性能がとにかく秀逸。沈下スピードを速めることに特化したエギです。エギ自体はそこまで重くないのに、フォールは速い。そんなティップランエギングをする上で、理想のエギと言っていいでしょう。

【第4位】エコギアのダートマックス魔女クロス

エギリー ダートマックス 3.5号 魔女クロス 5個セット

釣れると評判のダートマックスシリーズですが、魔女クロスは見る角度で色が変わる美しいエギです。メッキボディと特殊加工をした布地が紫外線を吸収して色を変えているので、スレているイカが多い釣り場に効果を発揮します。自分以外のエギンガーがたくさんいるのに誰も釣れていない時は、魔女クロスでイカにアピールしましょう。角度によって色が変わるので、カラーバリエーションを持たせるために、たくさんのエギを持っていく必要がなくなるのもメリットです。ただし、こちらは現在、入手困難なようですね。店頭で見つけた際には即買いをおすすめします。

【第3位】オーナーのDraw4

オーナー(OWNER) エギ ED3.5 餌木Draw4 No.31882#55 ブラッドクリア/UVオレンジ

名前にある4つの引き出しの通り、跳ね上げ・ステイ・フォール・ダートと、オールラウンドに使用できるエギです。春・秋のエギングシーズンならいつでも使えて、どのエギを使うか悩んだ時は安心して選べるのも人気の理由。蛍ムラコートと同じく、タックルに一つは入れておきたいエギでしょう。

【第2位】エコギアのエギリー・ダートマックス

フィッシュリーグ ルアー エギ ダートマックス 3.5号D34GE 10617

長年エサ釣りに関わってきたマルキューが立ち上げたエギブランドのエギは、経験と知識が織り込まれています。ラインアイが上部についたダートマックスは、これまでのエギとはまったく違う動きをしてくれるので、キレたダートが非常に魅力的。姿勢の安定と根がかりの減少にもつながっているので、とても使いやすいエギです。

【第1位】エコギアのダートマックス蛍ムラコート

DUEL(デュエル) エギ EZ-Q フィンプラス ランガン 3.5号 A1746-KVOG KVOG: ケイムラゴールドオレンジ 3.5号

ダートマックスシリーズの中でも特にアピール力が強いエギで、濁りの強い日や水深のある場所でもイカの目に入りやすくなっています。蛍光塗料なので視界の悪い日・朝マズメ・夕マズメの薄暗い時間でも、実力を発揮してくれるエギと言えます。一つタックルケースに入れておけば安心できるエギとして、人気が高いですね。

実績あるエギでアオリイカを釣ろう

エギングといえばアオリイカですが、初心者の人はどんな釣り場でどんなエギなら釣れるのか、どこでアオリイカが狙えるのか手探りです。アオリイカが生息している特徴を知って釣り場・状況にあったエギを選べば、必ず釣果が表れるのがエギング。今回のランキングでは初心者から上級者までおすすめできるエギを紹介したいので、自分が持っていないエギがあれば試してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事