スポンサーリンク

神奈川県でバス釣りといえば、どこを思い浮かべますか?おそらく多くの方が芦ノ湖を挙げるでしょう。芦ノ湖は釣りだけでなく、箱根駅伝のゴール、スタートの場所としても有名で、県内でも屈指の観光スポットとなっています。さらにブラックバスに限らず美味しい魚もたくさん釣れます。そのため家族連れで釣りやレジャーに訪れる人も少なくありません。そこで本記事では、芦ノ湖の釣りについて、考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

芦ノ湖とは?

芦ノ湖は静岡県との県境にある湖です。温泉地として有名な箱根のほど近くにあり、湖上には観光遊覧船なども周航する観光地になります。釣りのスポットとしても全国的に有名で、日本で初めてブラックバスが放流されたことから、バスフィッシングの聖地とも言われるほどです。観光地だけに周辺は豊かな自然に囲まれながらも、様々な施設が充実しているのがポイントです。レンタルボートや食事処、キャンプ場などアウトドアレジャーを満喫できるでしょう。そのためファミリー層のアングラーからも、人気の場所です。

芦ノ湖で釣れる魚は?

主な対象魚としてはブラックバス、ニジマス、ブラウントラウト、ヒメマスやヤマメになります。またワカサギ釣りでも有名でしょう。ちなみに芦ノ湖では禁漁期間が設けられていて、釣りができるのは3月2日から12月14日までと決まっています。禁漁区域もありますので、この点だけは注意しまよう。またワームの禁止や日の出の1時間前から日没1時間後までの間しか、釣りをすることができません。そしてこれもわすれてはいけませんが、芦ノ湖で釣りをするのなら遊漁証が必要です。近くの釣具店やコンビニなどで販売されていますので、そちらを購入してください。中学生以下の料金は無料で、店売りなら大人1300円で購入可能です。

スポンサーリンク

芦ノ湖へのアクセスは?

芦ノ湖に行くには公共の交通機関を使う方法と、車でのアクセスの2つがあります。公共の交通機関の場合は箱根登山鉄道の箱根湯本駅まで行きましょう。そこからバスで元箱根まで乗ってください。車の場合は国道1号線、いわゆる東海道を走っていくと芦ノ湖の東南部が見えてくるでしょう。高速道路を使う場合は、芦ノ湖大槻ICからすぐの場所です。

春に狙える魚は?

禁漁期間明けの時期から春にかけては、芦ノ湖でニジマスを狙う人が多くなります。電気が走ったかのような強い引きがあり、良型の魚が狙えることからルアーのキャスティングをする人が多くなる季節です。うまくすれば70cmオーバーの大物を狙うこともできるため、非常に人気の魚だと言えます。またブラウントラウトやヒメマスも人気です。ヒメマスは紅鮭を淡水化した魚ですが、そのおいしさは紅鮭以上として狙う人も多くなります。こちらもルアーのキャスティングが一般的な釣り方です。

芦ノ湖のニジマス

夏に狙える魚は?

芦ノ湖の夏と言えば、やはりワカサギ釣り。宮内庁にも献上されるほど良質なワカサギを、手軽に釣ることができます。ワカサギと言えば、冬に釣る魚というイメージを持つ人も多いでしょう。しかし芦ノ湖は富士五湖よりも標高の高い場所にあるため。ワカサギが住む湖底近くの水温は低いのです。芦ノ湖のワカサギ釣りは有名なので、レンタルボート点でも仕掛けや餌なども販売しています。上手くいくと色のついた針だけでも釣ることができ、お子さんや女性でも手軽に行える釣りの1つです。またニジマスをトローリングで釣ることもできる季節です。

箱根のわかさぎ画像

秋に狙える魚は?

秋になるとワカサギが水面近くにまで移動するため、それを餌にするトラウトやブラックバス、ウグイなどが釣りやすくなります。基本的に通年で釣れる魚でもあるため、特筆して秋にはこれという魚礁はありません。ただ夏と比べると観光客の数も落ちついてくるため、ゆったりと釣りを楽しめるようになるでしょう。ルアーやフライなどを使って、トラウトを狙うのがお勧めです。バスにしても水面近くで釣りやすくなるため、キャスティングの仕掛けなどは考えてください。

冬に狙える魚は?

冬の芦ノ湖は寒さが厳しくなってきます。そのため防寒対策を、しっかりと行っておきましょう。また禁漁期間も近づいてくるため、その日にちは確認しておくべきです。基本的には冬になると、魚の食いつきも悪くなってきますがトラウトを狙っていくといいです。餌釣りをするのが基本で、初心者でも釣りやすいでしょう。ルアーやフライを使っての釣りも有名ですが、初心者では難しいので餌釣りをお勧めしておきます。

オカッパリから狙える場所は?

芦ノ湖は岸際からキャスティングをして、釣れるポイントも多いです。手軽にできるのが人気の理由ですが、岸際は宿泊施設などの私有地であることも少なくありません。そのためオカッパリから釣りをする時は、きちんとポイントを絞っておきましょう。ちなみに桟橋の多くはボートや施設利用者のみとなるので、注意しておいてください。有名なオカッパリのポイントとしては、箱根港や元箱根港があります。これらの護岸整備されていることもあって、初心者でも利用しやすいでしょう。ただし観光客や公園の利用者も多いので、キャストをする時には背後に人がいないか確認してください。

ボートのレンタル料金は?

芦ノ湖ではボートをレンタルして釣りを楽しめます。ただ1つ注意したいのが、船外機もしくは電気式のモーターなどの動力を用いたボートは小型船舶の免許が必要です。レンタルボートの料金ですが、各ボート店で異なります。目安としてはエンジンボートで1日1万円前後、手こぎ式のボートで1日3500円前後です。各ボート店で貸し出せる数には限りがありますので、特に禁漁期間明けて直ぐの時には予約をした方がいいでしょう。

芦ノ湖で釣りも観光も楽しもう

芦ノ湖で釣れる魚などを紹介しました。芦ノ湖は観光地というイメージも強いですが、都心からのアクセスも良くとても人気の釣りスポットです。家族連れでくるもよし、1人で釣りに没頭するのもお勧めの場所でしょう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事