スポンサーリンク

チヌ(クロダイ)やキビレは年間通して幅広い環境で釣ることができます。また派手なファイトを楽しめまるのも人気の理由。そのため、さまざまな方法でチヌを狙う釣り人がいるわけですが、その中でも最近特に注目を集めるのがルアーでチヌを狙うチニング。本記事ではチニングの解説から、釣るためのコツをご紹介していきます。

チニングではソフトルアーが力を発揮しますが、雑食性のチヌを釣るのならワームを利用する方法が推奨されています。ワームを使ったアクション方法や、チニングの仕掛けに対するワームの付け方を順に確かめてみましょう。

スポンサーリンク

チニングとは?チニングの歴史

東アジアの沿岸域に分布するクロダイは、食用魚として様々な料理に用いられ、ファイトが楽しいので釣り人からの人気も高い大型魚です。クロダイは茅渟(チヌ)という大阪湾の海で漁獲されやすかったことから、日本国内の特に西日本においてはチヌといった別名で呼ばれています。またこうしたチヌにそっくりで、クロダイと同じくスズキ目タイ科に属するキビレ(キチヌ)という魚種がいることをご存知でしょうか?もちろんキビレはチヌと同様に食用として使われますので、釣り人からするとチヌとキビレはどちらも望ましいターゲットに当てはまります。そこでチヌやキビレをルアーで釣る方法が釣り人の間で確立していき、このような釣り方はチニングという名称で親しまれるようになっていきました。

チヌがルアーで釣れる理由

チヌの仔魚はプランクトンを食べて成長しますが、成魚になるとチヌは小魚や甲殻類だけでなく、貝類やコーン、スイカなども食べる雑食性になります。悪食とされるほどチヌは何でも食べますから、釣りの対象魚の中でもルアーに反応しやすい特徴を持っているといっていいでしょう。

スポンサーリンク

チニングはまずワームで狙うべき理由

ルアーにはハードルアーとソフトルアーに分類されますが、ワームを含むソフトルアーは総じて食いが深くなるメリットを備えています。チニングというと夏にトップウォーターを狙うポッパーというルアーを使う方も多いですが、ポッパーは意外とテクニックを要するルアーです。一方でワームはコストパフォーマンスが良く、柔らかいワームなら水中で何かにぶつかっても音がほとんど発生しません。つまり、ワームはハードルアーよりも静かに魚を誘えますし、メジャーな釣り場で魚がスレにくい利点もあります。雑食性のチヌを釣る場合には、ワームを活用するメリットが大きくなりますので、これからチニングを始める方はまずワームで狙うことをおすすめします。

アクション方法は?釣り方は?

小魚や水生昆虫に似せたものだけでなく、自然界に存在しない形状など今、非常に多様化しているワーム。アクション方法も、ただ巻きを推奨する種類や、水圧で動きが変わる種類などさまざまです。チヌに対しても、ワームの種類やアクション方法を変えることで、さまざまなアピールを行えます。ワームごとに有効なアクション方法を事前に把握しておくことも大切でしょう。代表的なアクション方法は2種類。ズル引きとフォーリングになりますが、それぞれの釣り方には少し違いが出るので注意しなくてはいけません。

底をズル引き

海底でワームをズルズルと引きずるアクション方法が、ズル引きと呼ばれるテクニックです。ズル引きは海底付近の魚種にしかアピールできない方法に見えますが、チヌの釣果に対する評判が良いテクニックに該当します。このアクション方法でチヌを釣りたいときには、ワームをあくまでも変化の少ない海底でゆっくり動かすことがポイントになるでしょう。ズル引きを用いる釣り方では、あたりの気配を感じた際にあえて動きを止める方法も活用できます。

落とし込みも有効

ワームを着水させると沈んでいきますが、カーリーテールなど一部のワームはフォール中に食いつきを誘発させることが可能です。フォール中にワームを役立てるアクション方法は、フォーリングや落とし込みと呼ばれます。落とし込みの最中にラインが止まった場合にはあたりの可能性が高くなるため、落とし込みではラインに注目した釣り方を実践してください。

ワームの付け方

チニングで使えるワームの種類は豊富な一方で、チニングそのものにも様々な仕掛けが存在しています。仕掛けにおけるワームの付け方がそもそも悪ければ、それだけでワームのアクションは不自然になりかねません。

ジグヘッドリグ

シンカーとフックが一体化したハリがジグヘッドであり、このジグヘッドにワームを突き刺したものがジグヘッドリグと呼ばれる仕掛けです。ジグヘッドリグはシンプルな仕掛けになりますが、ワームはフックに通し刺しで正確にセットしなくてはいけません。

テキサスリグ

テキサスリグは、バレットシンカーとオフセットフックを組み合わせたワーム専用の仕掛けです。ワームを付けるときには、ちょん掛けと通し刺しを応用しつつ、オフセットフックに真っ直ぐセットします。

ダウンショット・直リグ

リーダーレスダウンショットとも呼ばれる直リグは、フックのリングにシンカーを直接付けた仕掛けです。直リグもフックに揃えてワームを付けますが、直リグなら幅広いジャンルのワームに対応しています。

チニングのタックルは?

最近ではチニング専用のロッドも各社から販売されるようになりました。しかし、これから始める人はまず、ほかのロッドで代用したいところですよね。代用が効くタックルとしては、バスロッド、エギングロッド、シーバスロッドであれば問題なく代用することができるでしょう。

チニングのタックル

チニングでチヌを釣ろう!

釣り人から高い評価を得ているチニングは、チヌやキビレをルアーで釣ることを指す釣り用語です。チヌの成魚は何でも食べる雑食性なため、ズル引きや落とし込みなどアクション方法が多彩なルアーのワームはチニングで大いに活躍します。とは言っても、ワームをチニングの仕掛けに正しい知識を身につけて、一匹を釣り上げましょう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事