海釣りの中では、専門に狙う人も多い、非常に人気なターゲットの1つがチヌです。チヌとはクロダイのことで、ウキフカセで狙うのが一般的。しかし最近ではチヌをルアーで狙うチニングという釣り方も、人気になっているのです。そこで今回はチニングにおすすめなルアーをタイプ別にご紹介していきたいと思います。

チニングとはどんな釣り?

クロダイは警戒心が強い魚で、釣るのが難しいとされます。餌釣りでさえ難しいとされるターゲットですが、ルアーを上手く使うことで、餌釣りよりも手返しよく、効率的に狙える魚でもあるのです。さらに引きも強いため、近年ではルアーを使ってチヌを狙う、チニングが流行しています。

チニングが向いている時期は夏!

クロダイの習性として注目すべきなのが、雑食性であるということ。磯付近にいる甲殻類や小魚など、何でも食べます。ただ季節ごとにメインとする餌の種類が変わるのです。特に夏場になると小魚が食べやすい時期のため、小魚をメインに求めて行動するチヌが増えるようになります。そしてこの時にチヌを効率よく狙うのがチニングなのです。

夏のチニングはトップが大人気!

チニングルアーの中でも代表的なのがトップウォーターと呼ばれるもの。釣り人の間では略してトップと呼ばれます。トップは水面に浮かせて使うルアーのこと。ルアーに食いついてくる瞬間が見えるのが、人気の理由の1つ。トップの中にも、ペンシルライト、ポッパー、サーフェスクランクと3つに分類できます。

チニングのおすすめルアーは?

トップの中でも、特にお勧めしておきたいのがポッパーです。ルアーを動かすと水しぶきが立ち、音が鳴るのが特徴です。乗っ込みの時期から、夏の終盤まで幅広く使えます。特に日中にチヌを狙うのなら、ポッパーがお勧めになるでしょう。またトップウォーター以外にもチニングで実績があって人気な、おすすめルアーをご紹介していきます。

おすすめポッパーは?

ジャクソンR.A.ポップ

特に初心者が最初に購入したいのが、ジャクソンから販売されているR.A.ポップです。チニングでも王道的なトップルアーで、非常に扱いやすいのが特徴になります。初心者でも良い動きをしてくれるので、大人気。初心者からベテラン問わず、1つは持っておきたいトップのルアーでしょう。

メガバスPOPPING DUCK

もう1つ紹介したいのが、メガバスから販売されているPOPPING DUCKです。バランスの良いルアーで、チヌを釣るための対応力の高さが伺えるのが特徴でしょう。トップルアーでチヌを狙うのなら、こちらも1つは確保しておきたいアイテムだと言えます。

シャローな場所ではクランクもおすすめ!

シャローとは水深が50cmから1m程度の浅い部分のことです。チヌのいる地形は根掛かりがしやすいのですが、シャローな場所では目視できますので根掛かりしにくいのが魅力でしょう。こうした場所ではトップではありませんが、クランクもお勧めです。クランクはトップと異なり、水面で動かすルアーではありません。またボトムのように水底を引きずるタイプでもないのです。まさしくシャローのように、少し水面に潜るというルアーなのがクランクになります。

クランクのおすすめルアーは?

ダイワ シルバーウルフ チニング クランク40F

大手釣り具メーカーのダイワが販売するチニングのブランドです。急な角度で水中に潜行し、エビが跳ねるような動きをしてくれます。飛距離も良いため、初めてクランクでチニングをするという人もお勧めのルアーです。

メガバス ピークス  32mm グローピンク

メガバス社が販売するチニング専用のクランクになります。同系統のルアーはこれまでの実績がものすごく高く、その完成度の高さは抜群でしょう。絶妙なアクションをしてくれますので、喰いの悪いシーズンでも使えるクランクだと言えます。

チニング安定釣果のボトム

チニングで使うルアーは基本的に2パターンあります。水温が高くチヌが泳いでいるのが、見えるような状況で使うのがトップです。そうした状況以外で使うのが、ボトムだと考えて良いでしょう。特にずる引きができるルアーを使うことで安定した釣果が得られます。

ボトム狙いのおすすめルアーは?

ダイワ(DAIWA) チニング チヌ魂

ゆっくりリトリーブ、リフト&フォールするだけのプラグとラバージグの要素を併せ持った扱いやすいルアー。ボトム狙いでチニングをするのなら、最低でも1つは持っておきたいルアーだと言えるでしょう。ズル引きしても根がかりしにくいとも評判の安定した釣果が期待できる一品です。

シマノ ネガカリノタテ

これは根掛かりしにくく、かつフッキングも良いと評判。さらに塗装も剥がれにくいという口コミも多いです。特にナイトチニングには効果抜群です。

幅広い層を狙えるワーム

ワームを使ったチニングも非常に人気が高いです。ワームは重りとフックが一体化したジグヘッドか、スカートと呼ばれるゴム紐がついたもので、ラバージグと呼ばれるものを使うのが一般的。チニング用のワームの使い方は、ボトムを引きずりながら巻くずる引きが基本アクションです。特に夜釣りスタイルの場合はワームが効果的でしょう。

チニングのおすすめワームは?

エコギア(ECOGEAR) ルアー チヌ職人 バグアンツ 2インチ

ルアーでは定番のメーカーの1つであるエコギアから販売されているワームが、バグアンツです。ボトムのずる引きに威力を発揮してくれるるあ0で、カニやエビのような見た目をしています。パターンがハマるとかなりの釣果が期待できるでしょう。

マルキュー(MARUKYU) パワーイソメ(極太)

ゴカイやイソメに近い形になっているのが、このワームの特徴です。極太サイズのものですから、チヌでも大型の物を狙えます。臭いもついているのですが、ブルーベリーガムのような香りがしますので、気になりません。良く釣れるワームとして有名で、チニングでも使われています。

チニングで使うルアーを紹介しました

トップからワームまで紹介しましたが、初心者はまずトップから揃えておくといいでしょう。ゲーム性の強いチニングですので、ハマる人も少なくありません。水面を食いついてくるトップウォーターチニングは、一度釣れたら病みつきになること間違いなし。本記事があなたのチニングデビューのきっかけになれば幸いです。

play in natureの想いを届けるためのショップができました

「play in nature」は、
釣り、SUP、サーフィン、キャンプなど、
あらゆる外遊びを自分らしく楽しみたい人。

そして

「自然に遊ばせてもらっている」という
自然への敬意を忘れないすべての
外遊び人に向けたアウトドア情報サイトです。


このたび誕生したPIN SHOPでは、
「play in nature」の
想いを込めた商品を取り扱っています。

PINSHOPはこちら


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事