成長するたびに名前が変わる出世魚。あなたはいくつ答えられますか?本記事では出世魚の種類とそれぞれのサイズなどについて詳しく解説していきます。

出世魚とは?

出世魚とは成長するのにつれて、名称が変わる魚のこと。日本では江戸時代まで成人である元服や出世をすると、名前を変える慣習がありました。木下藤吉郎が羽柴秀吉になり、羽柴秀吉から豊臣秀吉になったというような形です。こうした慣習から、成長にともなって名前が変わる魚のことを出世魚と呼ぶようになりました。

なんで名前が変わるの?

ではどうして成長段階で、名前が変わってしまうのでしょうか。成長の早い魚だと1年ごとにサイズが明確に変わってしまいます。商品価値が同じであるのなら、同じ名前でも良いのですが、サイズにより価値が異なる場合は同じ名前だとわかりにくいでしょう。そこで混同を防ぐために、サイズごとに名前が分けられたのです。

出世魚のサイズ別一覧

では出世魚の名前が変わるサイズと名称をあわせて見ていきます。ブリは有名ですが、他にも様々な魚が出世魚に該当します。ではどんな魚がいるのか、見ていきましょう。

カンパチ

寿司ネタとしても人気のカンパチも出世魚です。35cm以下の大きさを、ショッコと言います。35cm以上で60cm以下のものがシオゴ、60cmから80cmまでがアカハナです。カンパチと呼ばれるのは80cm以上のサイズに限られます。

ブリ

出世魚の代表格がブリです。食用の魚としては古くから釣られてきた魚になります。そのため地域によって、名前がたくさんあるのが特徴でしょう。東京近郊では15cm程度のものをワカシやワカナゴと言います。40cmまでをイナダ、60cmをワラサ、90cm以上となってブリと呼ばれるようになるのです。ちなみに関西ではモジャコ、ワカナ、ツバス、ハマチ、メジロ、ブリという呼ばれ方をします。

サワラ

サワラも出世魚の1つです。40cmから50cmのサイズを、サゴシまたはサゴチと言います。50cm以上60cm以下のものをナギ、60cm以上でサワラです。大物になると1mを超えるサイズが、あがることもあります。

マグロ

マグロも成長過程で名前が変わる魚です。そのため出世魚の定義にはあてはまりますが、厳密には出世魚ではありません。マグロは種類がいくつかありますが、代表的なクロマグロについて紹介してみます。幼魚の段階ではヨコ、ヨコワ、メジと呼ばれます。その後は体重が20kg前後でヒッサゲ、30kg前後で大メジ、40kg前後でチュウボウマグロとなります。さらに大きな成魚となるとクロマグロ、クロシビと呼ばれるのです。

ボラ

ボラは魚本体よりもタマゴの塩漬けであるカラスミが有名です。日本三大珍味の1つで、愛好家も少なくありません。ボラ自体は生息場所によっては、臭みがでることも多いため釣ったものを食用とするケースは少ないでしょう。2cmから3cmのものをハク、3cmから18cmのものをオボコ、18cmから30cmがイナ、30cm以上がボラです。さらに50cm以上のサイズになるとトドと呼ばれます。

クロダイ

堤防や磯からの釣りで人気なのがクロダイです。関西ではチヌとも呼ばれる魚ですが、出世魚としては知られていません。20cm以下のサイズをチンチン、25cmから30cmまでをカイズ、30cm以上をクロダイと呼びます。

最後に出世魚豆知識

最後に出世魚にまつわる豆知識を紹介しておきましょう。魚体のサイズで名前が変わるのが出世魚ですが、実は名前は変わっても出世魚と呼ばないものもあります。その代表例がマグロです。上でも少し触れましたが、マグロはヅケが開発されるまでは下魚の代表格で、縁起が悪い魚だったからです。

「とどのつまり」の由来とは?

結局やあげくの果てといった意味がある言葉が、とどのつまりです。このとどのつまりという言葉の、由来になったのが出世魚になります。とどと言えば海獣をイメージするかもしれませんが、上でお伝えしたようにボラがさらに成長したものをトドと呼びます。出世魚の最終形なことから、とどのつまりは最終的にという意味で使われるようになったそうです。

出世魚についてまとめてみました

意外と知っている魚も、多かったのではないでしょうか。日本人は古くから魚と関わりが深い民族であるため、意外と身近なことで使われていることも少なくありません。これを機に、ちょっとした豆知識として覚えてみてはいかがでしょうか?

play in natureの想いを届けるためのショップができました

「play in nature」は、
釣り、SUP、サーフィン、キャンプなど、
あらゆる外遊びを自分らしく楽しみたい人。

そして

「自然に遊ばせてもらっている」という
自然への敬意を忘れないすべての
外遊び人に向けたアウトドア情報サイトです。


このたび誕生したPIN SHOPでは、
「play in nature」の
想いを込めた商品を取り扱っています。

PINSHOPはこちら


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事