スポンサーリンク

ルアー釣りをする時のポイントがジギングリーダーです。ショックリーダーとも言いますが、本当に必要なのかと思う人も多いでしょう。そこでジギングリーダーについて、詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

ジギングリーダーの役割は?

そもそもジギングリーダーには、どんな役割があるのでしょうか。メインのラインとして良く使われるPEラインは、引っ張りへの強度は高いのですが擦れや衝撃には強くありません。足場のいい場所で釣りをしているから、擦れなんてないと思っていても、意外と気づいていないところで傷がついているのです。そのため肝心な時に、ラインブレイクする可能性が高くなります。そこで擦れや衝撃に強い、ジギングリーダーを利用するのです。またPEラインは、端的にいうとより糸で作られています。そのため直接ルアーなどと結束すると、強度が下がるのです。ジギングリーダーを使うのと使わないのでは、50%以上も強度に差が出るとの話もあります。他にもPEラインは伸びがないため、衝撃に弱いという一面もあるのです。そこで段階的にブレーキをかけるような、ジギングリーダーが必要となってきます。

リーダーにはどんな素材がある?

ジギングリーダーに使われている素材は主に2つです。ナイロン製のリーダーと、フロロカーボン製のリーダーになります。どちらも一長一短のある素材なので、その特徴を詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

フロロカーボン

フロロカーボンは傷がつきにくく、根ズレに強いのが特徴です。またナイロン製のリーダーと比較すると比重が重いため、ジグを水中に素早く沈める効果も期待できます。その反面でラインの表面が硬いため、しなやかさで劣るのです。スナップへの結束がしにくかったり、ノットが組みにくいため初心者には使い難いかもしれません。

ナイロン

ナイロン製のリーダーは、しなやかで扱いやすいのが特徴です。先にお伝えしたフロロカーボンよりも、結束などがしやすいため初心者にはおすすめの素材でしょう。しかしデメリットとして吸水性の高さによって、劣化が早まってしまうという点があります。ただしフロロカーボン製のラインよりも、安価なことが多いため入手しやすいという欠点を補えるポイントもあるのです。

リーダーの太さの選び方は?

ジギングリーダーの太さは、メインのラインを目安にして選びます。およそですがメインラインの、4倍から5倍程度の物がいいでしょう。例えばメインラインがPEライン1号であれば、ジギングリーダーの太さは4号から5号というイメージです。初心者の人はラインが切れるかも、と心配するケースも多いでしょう。その結果、目安よりも太いリーダーを選びがちです。しかし目安を超えるリーダーを選ぶと、ジグの動きそのものに影響がでてしまいます。反対に細いリーダーを選ぶと、強度の点で問題がでるでしょう。ですので基本としては、4倍から5倍の太さにしておきます。それでも狙う魚種が歯の鋭い魚であった場合、2重にリーダーを結んでおくのがおすすめです。例えばメインラインPE1号だとすると、その先に5号のリーダーをつけるのが基本になります。そこからさらに太めのリーダーを結んでいくという形です。

リーダーの長さはどのくらいにすべき?

ジギングリーダーの長さについては、こちらもメインのラインに合わせていくのが基本です。ただ釣るポイントによって、目安にする長さがあります。基本としては5mの長さを用意しておくと間違いありません。リーダーが短いと根ズレでラインブレイクをしますし、長すぎても感度が落ちてしまいます。そのため5mが基本とされているのです。逆に水深が深い場所で大物を狙うのなら、10m前後の長さがいいでしょう。ただこの長さに固執するのではなく、根の高さなども考慮して臨機応変に変えていきます。比較的に水深が浅い場所でのライトジギングなら、3m前後です。ジギングリーダーが短いほど、アタリの感度が良くなります。そのため水深の浅いところでは、3mもあれば十分でしょう。

PEラインとリーダーの結び方は?

PEラインとジギングリーダーの結び方は複数あります。完全結び、ボビンノット、FGノットが代表的でしょう。これらの内、1つでも身につけておく必要があります。メインのラインと結束できなければ、ジギングそのものができないからです。

有名なのはFGノット

先ほどあげた結束方法で最も有名なのがFGノットです。編み込むようにして結束したもので、特にキャスティングゲームとは相性が良いと言えるでしょう。なれると道具を用意しなくても、結べるようになるのも魅力です。初心者の人はFGノット用の道具を用意しておいて、練習を繰り返してください。では手順を紹介してみます。

何故こんなものが高評価を得てるのかと半信半疑に購入
開封後、公式のyoutubeを見ながら実戦
3回目ほどから上手く出来るようになりました
今まで買い渋ってたのが馬鹿らしいほど
FGノットがしたいかたは絶対に買いです

めちゃめちゃ簡単にFGノットが組めます。
YouTubeでやり方を真似てみると初めてに関わらずキッチリとできました。
とても便利で良い商品を購入しました。

ルアー釣りをやりたいがFGノットが理解できず、困っていました。
こちらの製品はYouTubeに公式動画があり、動画を見ながら出来るので初心者にも安心して出来ます。
また小さいので持ち運びも楽なので釣り場でも大活躍です!

最初は自力でFGノットを極めようとしたのですが時間がかかり過ぎるので何かないかと探してみたらこの商品に辿り着きました。
いや〜簡単簡単!
FGノットを簡単に結びたい人には本当におすすめです。

amazon.co.jp

イラストで紹介!FGノットの結び方

PEラインとリーダーを十字になるようにしておきます。この時にPEラインの先端を押さえて、ピンと張った状態にしておくのがコツです。図1のようにリーダーをPEラインの下、上と交互に絡めていきます。

FGノットイラスト1

編み込むようにして絡めていくのですが、一回ごとにリーダーを引っ張っていくのがポイントです。

FGノットイラスト2

15回から20回ほど編み込んだ後にハーフヒッチを使って仮止めします。

FGノットイラスト3

結束をした後はPEラインと、リーダーの2本をまとめてハーフヒッチで編み込みましょう。

FGノットイラスト4

最後に余ったPEラインを切断して終わりです。

FGノットイラスト5

リーダーを制する者はジギングを制す!

ジギングリーダーの太さなどについてまとめました。ジギングをする時には、必ず必要になるものです。ですのでしっかりと覚えておくといいでしょう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事