1990年以前は釣り糸といえばナイロンラインでした。しかし1990年以降、日本を皮切りに一気に広まったPEライン。最近の釣りでは、ほとんどの釣り場でPEラインが使用されるようになったと言えます。しかし選び方を間違えてしまうとラインが切れたり、トラブルの多いラインであることも確か。ライントラブルを避けるためにも、釣り場やターゲットに合わせて正しいPEラインを選ぶ必要があります。そこで本記事では、PEラインの特徴から選びかたをお伝えしていきたいと思います。

PEラインの特徴

よつあみ(YGK) PEライン Gソウル X8 アップグレード 150m 0.6号 14lb 8本 グリーン

PEラインの最大の特徴は、引っ張られる力に対する強度に優れているという点なので、大物を釣る時でも安心して使用できます。ライン自体の重量が軽いため、遠投を行う時でも飛距離の低下を防ぎ、水中では潮目と合わせてゆっくりと動いてくれます。伸縮性があまりないため、魚がヒットした時の衝撃がそのまま手元に伝わってくるので、釣りがより一層楽しくなります。その半面、岩場などへの擦れには弱いです。耐摩耗性の低さはデメリットになるでしょう。

太さの表記のしかたは2パターン

PEラインの表記方法は、大きく分けてポンドと号数という2種類あります。表記方法を正しく理解できていないと、PEラインの選択ができないので、最低限どのように計算するのか覚えておきましょう。

ポンドと号数の変換方法

PEラインの表記を見ていると、号数とポンド(lb)表記があるので、迷ってしまう方もいるでしょう。簡単な号数表記をポンド表記に返還するための計算式を紹介します。基本的に、PEラインであれば号数に10をかければOKです。ナイロンやフロロカーボンの場合は号数に4を掛けるとポンド表記になります。例えば、2号のナイロンラインであれば、ポンド表記にするためには4倍にした8lbとなります。

PEラインの号数・ポンド換算表
PEラインの号数・ポンド換算表
ナイロンラインの号数・ポンド換算表
ナイロンラインの号数・ポンド換算表

PEラインの基本的な選び方

PEラインの選び方は、魚種や釣りの方法などによって決まってきます。魚種や釣り方に合わせて、どのようにPEラインを選べば良いのか解説していきますので、参考にされてください。

狙う魚種の重さで決めよう

PEラインの表記では、ポンドが使われるため、日本ではさらにグラムへの変換が必要になります。ポンドはおおよそ450gになるため、狙っている魚種の重さに合わせてPEラインを選ぶようにしましょう。仮に8lbラインということであれば、約3,600gつまり3.6kg以上になると切れるという意味になります。より具体的に言うなら、3.6kgまでは耐えられるものの、3.6kg以上はほぼ間違いなく切れるという意味です。ラインの太さで判断するのではなく、必ず数字を確認するようにしてください。

ショックリーダーもお忘れなく

そして、メインラインをPEラインにする場合は、フロロカーボンのリーダーを入れる必要があるのでお忘れなく。理由はお伝えしたように、PEラインは擦れに弱いからです。取り込み時に岩場に擦れたらすぐに切れてしまうでしょう。だからこそ、擦れに強いフロロカーボンなどのラインをショックリーダーとして入れておきましょう。

ショアジギングの場合

ショアジギングで重要視されるのはキャスティング時の飛距離です。そのため、使用するPEラインは、一般的に細いものを使用することが多く、0.8号から2号くらいになります。ラインが太くなってしまうと、空気抵抗を受けて飛距離が少なくなってしまうので、細いラインを選択しましょう。PEラインは、4本綴り、8本綴り、16本綴りと編み込む糸の本数が変わり、16本綴りが最高級になり、号数は低くても強度が高くなります。

メバリング・アジングの場合

メバリングやアジングでPEラインを使用する場合、通常であれば0.2号から0.4号のラインを選択します。

エギングの場合

エギングの時には、ほぼ間違いなくPEラインが選ばれます。近年のPEラインの進歩は非常に素晴らしいため、0.6号のラインを選んでおけば問題ないでしょう。エギング以外にも同じラインを使ってシーバスなどを狙いたいのであれば、0.8号や1号のラインを使用しても問題ありません。

タイラバ、ライトジギングの場合

タイラバでPEのラインを使用する場合、通常であれば、0.8号から1号のラインを使用すると良いでしょう。大きめのサイズを狙うのであれば、1.5号までなら使用できます。鯛の歯や岩場でラインが切れてしまうこともあるので、必ずリーダーとしてフロロカーボンラインを使いましょう。ライトジギングの場合、大物の青物がかかることもあるため、1.5号のPEラインを選択しておくと安心です。

バス釣りの場合

バス釣りを行う場合、フロロカーボンラインとPEラインとナイロンラインの3種類からラインを選びます。PEラインを選択する場合は、1号から2号のラインを選び、スピニングタックルと合わせるのがおすすめです。

PEラインの寿命は?

PEラインは、ナイロン製やフロロカーボン製のものよりも寿命は長く使用できます。使い方によるため、明確に寿命がどれくらいなのかを記載するのは難しいですが、劣化が確認できたら交換するようにしましょう。糸の毛羽立ちやザラザラした感じが出てきたら、PEラインを交換しても良い時期という事になります。少し気になる程度の劣化であれば、コーティングスプレーで寿命を伸ばすこともできます。

モーリス(MORRIS) ライン PEにシュッ! 業務用

メンテナンスを忘れずに

メンテナンス次第では、PEラインを長期間にわたって使用することも可能になるでしょう。PEラインを劣化させる原因は、塩分と汚れなので、釣りが終わった後は必ず真水で洗いましょう。洗浄する時は、ドラグノブをしっかりと締め、ハンドルもそのままにしてリール内部に水が入らないように注意してください。

水洗い方法

完全に水洗いする方法としては、空スプールを使用してPEラインを巻き取って、水に漬け置きすることも可能です。これによって、より完全に塩の結晶まで取り除くことができるので、PEラインの寿命を伸ばすこともできるでしょう。

PEラインを使いこなして釣りを楽しもう!

PEラインは、ほとんどの釣り場で、どの魚種に対しても使用できる万能のラインになっています。しかしメリットと同じにデメリットもあるため、特徴などを理解した上で正しく使うことが大切です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事