手軽に始められることから、初心者にも大人気のキス釣り。初心者だけではなく、女性や子どもでも簡単に釣れるのでレジャーフィッシングとしてのターゲットにもしやすいでしょう。そこで本記事ではキスの釣り方を詳しく紹介していきます。

キスとはどんな魚?

キスは北海道の南部から、日本全国の沿岸に生息する魚です。日本近海で釣れる種類としてはシロギスが一般的でしょう。砂底のエリアに好んで生息していて、エビやアミ類などを中心に捕食する習性があります。シーズンは4月から11月までです。冬場になると活性が薄くなるため、ほとんど釣れません。てんぷらのネタとして有名ですが、刺身や唐揚げにしても美味しい魚です。

冷凍  開きキス 20尾

キス釣りが適した場所は?

キスが良く釣れる場所なのは、砂浜や防波堤などです。一般的な釣り場で海底が砂地であるのなら、大抵はどこでも釣ることができる手軽さがあります。ただ藻がよくはえている砂地や、潮通しの良い場所などならば、よりキスが生息しているでしょう。こうした場所を狙うと、女性や子どもでも釣れる魚です。ちょい投げでも釣ることができ、初心者でもかんたんに釣れてしまうため釣りの入門魚としても有名でしょう。

キス釣りに適したシーズンは?

キス釣りには適したシーズンがあります。先ほども少し触れましたが、春になったあたりから徐々に釣れ始め、初夏になると釣りやすくなる形です。水温が上がると、産卵するために水深の浅い場所にでてくるのが理由になります。さらに10月から11月に入ると、キスは冬を越すために荒食いをするようになるのです。このためシーズン終盤のキスはサイズが大きいものが、釣れるようになるでしょう。

キス釣りの仕掛けは?

キス釣りの仕掛けとしては、ちょい投げが有名です。竿先からの道糸にジェット天秤や天秤オモリの片方に結び、もう片方に市販されているキスの仕掛け針を取り付けるだけです。この時に注意したいのが、ジェット天秤の向きでしょう。とがっている方が下と思いがちですが、実はとがっている部分を佐生先に向けるように取り付けます。

キスチョイ投げ仕掛け
キスチョイ投げ仕掛け

キス釣り仕掛けの餌の付け方

一般的にキス釣りの餌に使われるのは、アオイソメやジャリメ、ゴカイです。針を隠すようにして付けてください。見た目が見た目ですのでイソメなどの生き餌が苦手という人の場合は、人工餌をつけるといいでしょう。見た目は変わりませんが、生きていない人工の物なので、嫌悪感も少しはやわらぐはずです。

餌の付け方(房掛け)
餌の付け方(房掛け)
餌の付け方(チョン掛け)
餌の付け方(チョン掛け)
餌の付け方(通し刺し)
餌の付け方(通し刺し)
餌の付け方(縫い刺し)
餌の付け方(縫い刺し)

活エサ SUPER青虫(養殖青イソメ)500g【特大パック】

created by Rinker

キス釣りのポイントは遠投

ちょい投げで仕掛けを組んだ時は遠投する必要はありません。軽く投げて、糸ふけをとったあとはロッドを横に泣かせて、ゆっくりと水平に引いていくのが基本的な釣り方です。ただサーフから投げ釣りをするのなら、いかに遠投できるかが勝負となります。理由は単純で遠投をすればするほど、広い範囲を狙うことができるからです。

サーフからの遠投のコツ

遠投する時のコツは、適したタックル構成にすることです。ロッドは遠投がきく4m前後のものがいいでしょう。リールも3000番台の、スピニングリールを使うようにしてください。サーフ用で、かつ安い、初心者にもおすすめなリールは以下のダイワ ファインサーフです。他にも道糸とハリスが切れるのを防ぐため、間に力糸をセットしておくといいでしょう。

キス釣りに適したロッドは?

キス釣りに適したロッドは釣り方で変わります。先ほどお伝えしましたが、サーフからの投げ釣りだと遠投もできる4m前後のものがいいでしょう。反面でちょい投げをする程度ですと、2mから3mのバスロッドや万能竿で大丈夫です。こちらは遠投する必要がないので、少し投げるだけで専用の物は必要ありません。

キス釣りに適したラインは?

キス釣りのラインも紹介しておきます。ラインとしてはちょい投げの場合は、ナイロンラインの3号くらいでいいでしょう。ちなみに投げ釣りをする時のラインは、キス専用のPEラインを使うのもおすすめです。25mごとにラインの色が変わるため、どの場所でアタリがでたのかを簡単に把握できます。

虫餌が苦手な方におすすめの餌

キス釣りで使われる餌は、イソメなどの虫餌です。これがどうにも苦手という人は少なくありません。そうした人に使って欲しいのが、人工餌です。先述したように人工のものですので、苦手な人でも使いやすい餌となっています。

キス釣りにおすすめなパワーイソメ

マルキュー(MARUKYU) パワーイソメ ソフト (中)  桜イソメ(夜光)

人工餌として代表的なのがパワーイソメです。四色のカラーとバリエーションも豊富で、生き餌のイソメよりも魚の食いつきがいいとする人も少なくありません。餌や保存液などすべて安全性の高い物から使われているため、人や魚にも無害です。キスは特にてんぷらなど食べて美味しい魚ですから、気にする人も多いでしょう。パワーイソメであるのなら、その点は心配ありません。ちなみに使い切れなかった分は、再利用することもできますので、コストパフォーマンスも抜群です。

手軽にできて、食べても美味しいキスを釣ろう

キス釣りのポイントを紹介してみました。初心者やお子さんでも簡単に釣れるのと、良く釣れるのが夏の時期ですからレジャーの1つとしても人気です。釣りの入門的な魚ですので、これから趣味としたい人にもおすすめできます。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事