北海道以南の日本各地に生息し、古くから庶民にも親しまれてきた食幼魚サバ。初心者でも比較的簡単に釣ることができるため、釣りの対象としても人気です。また1度釣れだすと、数も釣れることから家族でのレジャーフィッシングにもおすすめ。そこで本記事では簡単に釣れて、引きも強く、それでいて美味しい、サバ釣りの魅力に迫っていきたいと思います。

サバが釣れる時期は?

サバは通年で釣れる魚の1つです。ただベストなシーズンとなると5月から11月まででしょう。特に9月10月の秋サバが時期としては、いちばんおすすめです。沿岸部を大群で回遊するため、数を釣るのも難しくありません。サイズもイワシやアジなどに比べると大きいため、引きが強く釣りの対象としてはかなり人気があります。

サバが釣れる時間は?

サバが釣りやすい時間は、いつなのか。どの釣りにも共通して言えますが、基本的には朝マズメと夕マズメはおすすめできます。ただ群れのより具合から、昼間でもまとまって釣れるでしょう。反対にまとまった群れを狙うのであれば夜釣りでは期待できません。つまりサバを釣るのなら朝マズメか夕マズメ、そして日中という形になってきます。

初心者にオススメな堤防からのサビキ釣り

サバの堤防釣りなら、サビキが一般的です。初心者でもかんたんに釣れると評判で、シーズンになると朝から人が埋まるほどです。では仕掛け方などを、確認していきましょう。

サバをサビキ釣りで狙う仕掛け

仕掛けはシンプルです。道糸の先にコマセ袋をセットして、その先にサビキと重りをつけます。あとはコマセを詰めて、足下に落とすだけです。釣り方としてはロッドをしゃくって、上下にさせてコマセを撒いて狙うのが一般的でしょう。足下にサバがいない場合は、コマセを外して沖に遠投してください。

サビキ釣り仕掛け
サビキ釣り仕掛け

ゲーム性の高いルアーでのサバ釣り

サバは食いつきの良い魚であるため、ルアーでも釣れます。群れが寄っていると、ルアーでも爆釣可能です。比較的に釣りやすいので、ルアー初心者にもおすすめできます。では詳しくサバのルアー釣りを確認しましょう。

サバをルアー釣りで狙う仕掛け

仕掛けとしてはメタルジグが一般的です。またジグヘッドを使ったワームや、ミノーなどにも食いついてきます。ロッドはショアジギング専用のロッドがありますが、浅い堤防ならエギングロッドやシーバスロッドでも流用可能です。道糸であるPEラインの先にリーダーをつけて、その先にルアーをつけるシンプルな仕掛けでなので初心者でも扱いやすいでしょう。釣り方の基本としては、ルアーをキャストした後はジャカジャカ巻きをするだけで十分です。できるだけ高速で巻きましょう。海面付近で食いがあることが多いですが、反応がなければルアーを沈めてみるといいです。

ショアジギングの仕掛け
ショアジギングの仕掛け

脂ののったトロサバが爆釣する船釣り

船釣りでもサバを釣ることができます。沖にいるサバは大型であることが多く、ダイナミックな釣りが楽しめるでしょう。大型のため季節によっては、脂がのっていてトロサバとも呼ばれるほどです。数も釣れるため、船釣りが初めての人でも十分に楽しめます。

サバを船釣りで狙う仕掛け

船でサバを釣るのなら40号のビシに、クッションゴムを使ったものが有名でしょう。2号ハリスが2m、ムツ針10号を使うのが一般的な仕掛けです。特に難しいこともありませんので、初心者でもチャレンジしやすいのがポイントです。ただ付け餌の種類などは、釣る場所によって変わってきます。そのためどんな餌を用意するといいのかも、確認しておいてください。ちなみに仕掛けやタックル一式もレンタルできる船宿もありますので、初心者の人は聞いてみるといいでしょう。船釣りはアベレージでも40cm近く、50cmの大物が釣れることも珍しくありません。

コマセビシ仕掛け
コマセビシ仕掛け

サバ釣りの注意点

最後にサバ釣りをした時の注意点を紹介します。それはサバを食べるのなら、できるだけ早いほうがいいという点です。また生食をするのなら、釣り上げた後に内臓を抜いておきましょう。この2点は必ず守るようにしてください。その理由について、詳しく見ていきます。

サバは傷みが早い

サバは傷みが早い魚としても有名です。「サバを読む」という言葉がありますが、これもサバは傷みが早いことから数をかぞえずに売りさばいたことからという説もあるほどです。古くから庶民の味として親しまれてきた魚ですが、釣ったサバを食べるのなら、できるだけ早く食べてしまいましょう。食べ方としては鮮度の良い内に刺身やシメサバなどにし、残ったものは塩焼きや味噌煮、竜田揚げなどに使えます。

アニサキス

釣ったサバを食べる時に注意したいのが、アニサキスです。アニサキスは寄生虫の1つで、一般的にも良く知られています。サバの内臓に寄生していることがあり、鮮度が落ちていくと内臓から身へと移動していきます。基本的に加熱調理をすれば問題なく食べられるのですが、刺身など生食をするのなら、釣ったサバは現地で内臓を抜いておく方がいいでしょう。仮にアニサキスがいるサバを食べてしまうと、腹痛を起こしてしまいます。

初心者にも人気のサバ釣りを覚えよう!

初心者にも人気のサバ釣りについて解説してみました。サバは初心者でも数が釣れる魚なので、釣りをこれから始める人にもおすすめです。食卓にも良くのぼる魚だけに、釣ったサバを持ち帰れば家族にも喜ばれるでしょう。

追伸

あなたにお家に、眠っているホコリをかぶった釣具は余っていませんか?

その釣具、あなたが思っている以上に高値で買い取ってもらえるかも知れません。それもわずか数秒、スマホで買取査定ができてしまうのです。メルカリなどに出品するのは面倒くさい。購入者とのやりとりや梱包・発送・持ち込みも面倒くさい。

そんな方は、ぜひ編集部が実際に体当たりレポートした、こちらの買い取りサービスの記事をご覧ください。

査定金額に正直、度肝を抜かれました。
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事