シーバス釣りで使う機会が多いシンキングミノーは、汎用性の高さから初心者向けのルアーとしても推奨されています。初心者がこうしたシンキングミノーを使いこなすためには、どのようなポイントに注目すべきなのか?シンキングミノーの特徴や代表的な対象魚に加えて、釣り場選びの基準や釣り方についてまとめてみました。扱いが難しいとされているシンキングミノーですが、この記事を見たらあなたも、一人前のシンキングミノー使いです。

シンキングミノーとは?

ルアー釣りで活用可能な疑似餌には、大きく分けてハードルアーとソフトルアーの2種類があります。ハードルアーには浮力を持つプラグ系といった種類が存在し、プラグ系にはフローティングルアーやシンキングルアーなどが当てはまります。シンキングルアーはそもそも海水より重い比重になっているため、リトリーブをしないと水中に沈み続けて浮き上がりません。また、プラグ系の中でも外見を小魚に似せたものがミノープラグであって、水中に沈む特性のミノーは一般的にシンキングミノーと呼ばれています。

シンキングミノーの特徴

シンキングミノーではプラグの口部分に板状部品のリップが付けられていますので、これもシンキングミノーの主要な特徴に数えられるでしょう。リトリーブ中にリップは水をしっかり噛みますから、リールを巻くアクションにあわせてミノーは左右にウォブリングします。もちろんリップにはレンジの調節機能も期待できますし、シンキングミノーは豊富なシーンで活躍するルアーになっています。

シンキングミノーで釣れる魚は?

汎用性の高さに優れるシンキングミノーを活用すれば、釣れないフィッシュイーターが見当たらないほど幅広い魚種を狙うことが可能です。シンキングミノーで釣れる主なターゲットには、ルアーフィッシングの対象魚として人気を集めるシーバスがあげられます。

スローなアクションを見切りやすいシーバスでも、高速リトリーブで動作が崩れないシンキングミノーなら構わず食いつきを誘えます。さらに青物をシンキングミノーで狙う場合にはハマチやカンパチも釣れますが、遠投力が足りないと沖目のターゲットには届きません。堤防釣りで狙いやすい初心者向けのサゴシもシンキングミノーの対象魚に含まれますので、遠投が苦手ならサゴシに集中する方法も選択肢のひとつです。カサゴやメバルなどのロックフィッシュを釣りたいときには、ロックフィッシュ用のシンキングミノーを役立てましょう。

シンキングミノーが適した場所は?

着水後にアクションをしないと水中で沈み続けるシンキングミノーは、表層よりも海底近くや深いレンジにいる魚を狙いやすいルアーです。シンキングミノーを使う上で基本的に推奨されるのは、水深が浅い釣り場ではなく水深がある港湾部や河川などのエリアになります。足場が高い釣り場や荒れた外洋であってもシンキングミノーは重宝されますし、魚がスレて反応が悪化した場合にも大いに活躍します。

シンキングミノーを使う上での注意点

シンキングミノーのアクションを上手く駆使できるのなら、シンキングミノーで表層付近の魚を狙うことも不可能ではありません。ただし、水深が浅い場所でシンキングミノーを使用すると、沈ませ過ぎて根掛かりを起こしやすくなるので注意してください。なお、シンキングミノーは全体的に重いこともあって遠投で飛距離を望めますが、リップが大きい際には風を受けて遠投の難易度が高まります。

シンキングミノーを使った釣り方は?

シンキングミノーを使った釣りでは、カウントダウンとリトリーブの使い方が重要なポイントになっています。キャストして着水後にしばらく待ち、狙いの水深に到達するまで何秒間沈めたのかを数える方法がカウントダウンです。カウントダウン中には何よりも沈めることを優先する一方で、ラインを張り気味にすればカーブフォールというアクションを行えます。カーブフォールでは手前に向かってゆっくりルアーが沈んでいくため、フォール中に食いつきを誘いたいときに向いているかもしれません。

シンキングミノーのアクションは?

リトリーブではリールを巻くスピードに緩急をつける方法が基準になり、ゆっくり巻くとミノーを小魚のように泳がせるアクションを実践できます。弛ませたラインをリトリーブで素早く巻けば、ミノーを左右にスライドさせるジャークや小刻みに動かすトゥイッチと併用する形で魚を引き寄せられます。

おすすめシンキングミノー3選

釣り具メーカー各社がシンキングミノーを販売しているため、ルアー選びに悩む人も多いのではないでしょうか?数あるシンキングミノーの中でも、定番ともいえる、編集部おすすめシンキングミノーを3つご紹介します。

ラパラのカウントダウン

ラパラ(Rapala) カウントダウン 9cm 12g レッドヘッド COUNT DOWN. CD9/J-RH

釣り人から高い支持を集めているのが、ラパラのカウントダウンという長い歴史を持つシリーズです。ラパラはメーカー元の名称であって、カウントダウンシリーズには独特のスイングアクションを起こせる天然木が使用されています。色々なシーバス用のルアーが発売されては消えていってますがいつまでも販売されてるのは、その実力所以でしょう。

デュエルのハードコア

デュエル(DUEL) ミノー ハードコア ヘビーシンキング 6g 50mm イワシ HIW ルアー

デュエルのハードコアというシンキングミノーは、シーバスやヒラメ以外に青物も狙えるルアーです。高速リトリーブでも安定したアクションを出せるため、万能性のあるシンキングミノーを使いたい場面で大きな力を発揮します。

ジャクソンのアスリート

Jackson(ジャクソン) ルアー アスリート17SSV CKI カタクチ

シーバス狙いのシンキングミノーを代表するルアーが、高い基本性能を誇るジャクソンのアスリートです。使い勝手の良さからロングセラーに該当しますし、アスリートならジャークやトゥイッチなどのアクションにもマッチします。

シンキングミノーを使いこなそう

海水より重い比重と小魚に似た外見を兼ね備えたハードルアーが、シーバスや青物などの釣果を見込めるシンキングミノーです。プラグの口部分には板状部品のリップが付いているため、シンキングミノーは水中で多彩なアクションを実践しやすいメリットを備えています。シンキングミノーを使いこなすには、カウントダウンとリトリーブのほか、ジャークなどのアクションが欠かせないポイントになるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事