スポンサーリンク

出世魚として有名なブリ。日本では古くから親しまれてきて、現在でも富山県や石川県では珍重される魚なのです。また引きを楽しめるゲーム性の高さと、食べても美味しいブリは釣り人にとっても、大人気。憧れの存在です。そんなブリを釣るにはどんな方法があるのか?本記事では船釣り、堤防釣り、どちらでもブリを釣り上げる方法をお伝えしてきます。

スポンサーリンク

ブリとはどんな魚?

ブリとは全長が70cm以上のものを言います。大型になるとメートルを超えるほど大きくなり、小型の物はハマチやワカシなどのように名称が変わる出世魚です。青物の御三家とも言われていて、ヒラマサやカンパチとともに釣りの対象となっています。日本全国で釣ることができる大型の回遊魚で、大型ほど沖合にでていく習性があります。基本的には船から釣ることになりますが、堤防などからルアーを使って釣ることも可能です。

ブリの釣り方は?

ブリの釣り方の基本は船釣りです。特に冬に大きく育った寒ブリは、有名でしょう。それ以外にも沿岸部に回遊してくることもあるため、堤防やショアなどから投げ釣りで狙うこともできます。ではさっそく、ブリの釣り方を詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

船からの餌釣りの場合

船釣りでブリを狙う時には、ビシ仕掛けを使います。ビシと呼ばれる餌籠の中に、コマセをつめこんだ方法です。針にはオキアミをつけるのが一般的で、コマセをばらまくようにした後に餌釣りをします。マダイ用の仕掛けと同様です。

コマセビシ仕掛け
ビシ仕掛け

ショアジギングの場合

次にルアーを使ったジギングでの釣りも考えていきましょう。ショアや堤防から釣るショアジギングでも、沖で縦に誘い込むジギングでも、魚体が大きいため、強靱なものが必要となってきます。またジグも大きな物が必要となってきます。オフショア(船)から狙うジギングはこちらの記事を参考にしてみてください。ヒラマサと同じジギングの仕様で代用していただけます。

それでは、堤防、オカッパリからブリを狙う、ショアジギングについて詳しく解説していきます。

ロッドは?

ブリをショアや堤防で釣るとしても、1mを超えるサイズの物がかかる時があります。またキャストをする時も遠投が必要になるので、それなりに大きなロッドが必要となってきます。対応しているジグの重さについては最低でも100g以上のジギングロッドを用意した方がいいでしょう。

リールは?

リールも同じくハイクラスの物をお勧めします。下位クラスのリールでも使えないことはないですが、遠投性、ドラグ性能、巻上力、これらの点から、やはり大物を狙うのなら、それなりの物を使う必要があるのです。余裕があればツインパワーなどを用意しておきましょう。有名なメーカーで言うと、3500番〜5000番クラスのリールがあるといいでしょう。

ラインは?

堤防やショアからのブリ釣りだと、ラインはPE2号〜3号前後がおすすめです。ショックリーダーはナイロンの30lb〜40lbあたりがいいでしょう。テトラの場合は根掛かりすることもあるため、ショックリーダーを長めにとっておくのがポイントです。特に初心者はラインの強度を高めておくといいでしょう。100m近くをキャストすることになりますが、魚をかけてドラグを出されることを想定すると、150mは巻いておくのがベターです。

使うジグの重さは?

ショアジギングで使うジグの重さも重要なポイントです。水深や潮流の速さなどにもよるのですが、だいたい40gから80g程度のものを利用するといいでしょう。あとは釣る場所によって、細かく調整をしていきます。風のない日は40g、ロッドにそれなりのパワーがあって、飛距離を稼ぎたい時は60gを使うといいでしょう。初心者の方はまずはライトショアジギングという軽めのジグ、軽めのタックルから始めるのもアリだと思います。

ショアからの餌(泳がせ)釣りの場合

餌釣りでブリを狙う時に一般的なのが泳がせ釣りです。泳がせ釣りとは活きの良い小アジやイワシを、生き餌として使う方法になります。餌釣りの場合、大型のヒラメなどが釣れることもあるため、仕掛けをしっかり理解しておきましょう。

仕掛けは?

餌釣りをする時のロッドは磯竿4号クラスに、リール、ウキ、10号以上ハリス一本針を使います。場合によっては、ショアジギング用のロッドを使ってもいいでしょう。仕掛けとしては生き餌に針を喰わせておき、中通し重りとよりもどしを使った上で3号から5号の棒うきを使うといいです。ラインは太く大きくが基本のため、フロロカーボン8号から10号クラスを使ってください。またシンプルなエレベーター仕掛けというのも、手軽さから人気です。

一般的な泳がせの仕掛け
エレベーター仕掛け

泳がせ釣りの餌は?

餌となるのは先述したように、小型のアジやイワシを使います。これらを現場で釣り上げて、生き餌にする形です。ブリもこれらの小魚を食べるために堤防近くまで寄ってきますので、餌釣りの基本が泳がせになるのです。

引き味も食味も抜群のブリを釣ろう

以上、ブリの釣り方を解説してみました。船から釣るのが一般的ですが、堤防や岸からでも狙えます。意外と大物がかかることもあるため、仕掛けやロッドはしっかりとしたものを使いましょう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事