スポンサーリンク

ルアーゲームの中でも手軽で人気なタチウオジギング。初心者でも知識さえ身につけておけば、挑戦しやすいものです。そこで本記事ではタックルやラインシステムなどを紹介していきます。基本を押さえて、パターンを掴むと面白いように釣れ出しますよ。

スポンサーリンク

タチウオ(太刀魚)とはどんな魚?

タチウオは幽霊魚とも言われる魚です。1日の間で居場所をどんどん変えることから、つけられた名称になります。地域にもよるのですが、1年を通して狙える魚です。ただ一般的なシーズンは夏となっていて、この時期は数を釣るのも難しくありません。逆に冬のシーズンは大物狙いができます。タチウオは鋭い歯を持っているため、釣り上げた時に注意が必要です。特に初心者の人は指を切ってしまうことが多いので、口元には触れないようにしてください。

ロッドは代用でOK!

近年のタチウオジギングブームもあってか、各社から専用ロッドが出されているものの、まずは代用ロッドでOKです。ジギングロッドやタイラバロッドといった、ベイトタックルを準備してください。

スポンサーリンク

数釣りを狙うならジギング船がアツい

基本的にタチウオを狙う場合は船を使います。ショアからでも釣れないことはありませんが、主戦場となるのは船からの釣りでしょう。特にシーズンによっては数釣りができる魚ですので、船で情報を集めておくと釣果にも期待がもてます。初心者でも安心できるのは、必要な情報をしっかりと教えてくれる点です。不安なことがあれば、事前に遊漁船にお問い合わせをしましょう。

ラインシステムが重要!

タチウオを釣る時にはラインシステムが重要です。先にもお伝えしたように、タチウオは鋭い歯を持っています。そのためPEラインなど、たやすく切ってしまうのです。そこでしっかりとジギングリーダーを備えておきましょう。タチウオ専用のリーダーもあるため、絶対に切られたくないという方は用意しておくといいでしょう。周りは釣れているのに、自分だけスパスパ糸を切られ、ジグは失うし、釣れないし、とならないためにも最初は専用リーダーをおすすめします。

PEラインの太さは?

タチウオジギングで使うラインの太さも紹介します。メインとなるPEラインは、0.8号から1.0号でいいです。長さは200mほどの物を用意しておくといいでしょう。エリアによっては、300mの長さが必要となります。これは船の予約をするときに、確認しておくのをおすすめします。

リーダーは?

ジギングリーダーは4号から5号のものが目安です。フロロカーボン製のものが良く、長さは1ヒロもあるといいでしょう。タチウオの刃先でラインブレイクするのを警戒するのなら、さらに6号以上のフロロカーボン製ラインをつけてください。こちらの長さは50cm程度で十分です。ただし、先述したようにタチウオ専用の強いリーダーが出されています。細いほうが当然、釣果につながります。釣果を最優先するなら、専用の強くて細いリーダーを用意してみてください。

ジグの重さはどのくらい?

ジグヘッドのウェイトについては、目安が80gから200gです。ただエリアによって、必要となるウェイトが違ってきますので、予約時に確認しておくのが確実でしょう。基本としてはどのウェイトでも対応できるように、複数用意しておくのがおすすめです。また意外とルアーによって釣果が変わりますので、メーカーやカラーなど、いくつかラインナップを用意しておくといいでしょう。

タチウオジギングにおすすめなジグは?

メジャークラフト メタルジグ タチジギ道場

タチウオジギングの基本「ワンピッチ」を極めるスタンダード形状やフォールに特化した、見せて喰わすスローフォール形状を追求しているとのこと。沈下スピードにこだわったリアバランス設計と引き重り抵抗を減らすノーズ形状がタチジギ道場の特徴です。

ダイワ 鏡牙ジグ ベーシック

タチウオの捕食行動を研究し、行き着いたセンターバランス設計。鋭く研ぎ澄まされたヘッドにより引き抵抗大幅軽減。ジャーク時の素直なフォールアクションでジグが横向きになり違和感無くタチウオが口を使う。タチウオの鋭い歯にもはがれにくいHD塗装を採用。

ヨーヅリ(YO-ZURI) ブランカ タチ魚SP

高反射ホログラムシート採用。後部中心に設定されたボディを鮮やかな反射光を生むクラッシュレーザーシートで武装し、シャープな操作性と高い集魚力で優れた釣果を生み出す、本格のバーチカル&スイミングジグです。

CLUE(クルー) ベイス

ベイスはその名の通り、ベイジギングにおける基点となるメタルジグです。絶妙な縦横比で設計されたセンターバランスタイプのボディはサミングの強弱によってミディアムスピードのスライドフォールから、潮流に負けない直線的なフォールまで容易にコントロールできます。またジャーク時には、広い曲面が作り出す強い波動と反射でターゲットへとアピール。さらに適度な引き抵抗は、潮の変化を感じ易く、二枚潮や変温層など使い手に多くの情報を与えてくれます。

フックはバーブレスが基本!

タチウオは獲物を捕食する時に、青物のように吸い込みをするのではなく噛みつきをする魚です。そのためフックは軸が細いバーブレスが基本となります。またバーブレスフックのもうひとつのメリットが外しやすさです。タチウオは鋭い歯が特徴なので、フックの外しやすさも重要になります。無駄に怪我をしなくてもすみますので、バーブレスがおすすめです。良く使われているのはバーブレスの4本いかりのものです。

しゃくり方のコツは?

タチウオを釣る時にはロッドアクションも重要です。ロッドをしゃくる際のコツとしてはゆっくりめのワンピッチショートジャークやリフト&フォールがスタンダードです。リールの巻きとリズムをあわせるワンピッチジャークが基本となります。リールの巻きと連動させて、ロッドをしゃくっていくため、動きがバラバラになってはいけません。そこで自分なりにリズムを合わせるような方法を、考えておくといいでしょう。

まずはワンピッチジャークだけ覚えればOK!

タチウオ釣りで代表的なアクションは、ワンピッチジャークです。ワンピッチジャークとはリールを1回巻く間に、1回ロッドをしゃくる感じです。このワンピッチジャークさえ覚えておけば、タチウオ釣りで困ることはありません。ただ活性が低い時には巻き上げの速度を変えてみるといいです。基本的にはジャカジャカ巻きでいいでしょう。ジャカジャカ巻きとは、できるだけ速く巻くこと言います。この巻き方をしておくと、小魚が逃げていくようにジグが見えるのです。その結果として、タチウオが食いつきやすくなるでしょう。

まとめ

タチウオジギングの解説でした。鋭い歯を持つ魚だけに、ラインシステムが重要です。仕掛けなど不安があれば船を予約する時に確認すると、丁寧に教えてくれますので初心者でも安全でしょう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事