「もはや餌」というキャッチコピーで釣具店では常に品薄状態のメタルジグ「TGベイト」。僕もSUPフィッシングを始めてからずっと「TGベイ党」で来ました。

紅牙ベイメタル真鯛参考画像
TGベイトで真鯛をゲット

でも、実は今、気持ちが浮ついています(*´ω`*)。というのも2019年10月にTGベイトのアニキ的な存在の新ルアーDAIWA「紅牙ベイメタル真鯛」が発表されたのです。

DAIWA「紅牙ベイメタル真鯛」
DAIWA「紅牙ベイメタル真鯛」

DAIWAの「紅牙」といえば真鯛向けのブランドで、僕もSUPフィッシングの時にはロッドもリールもこの「紅牙」シリーズを愛用しています。そして今回発売された「紅牙ベイメタル真鯛」は、TGベイトの良いところは踏襲しつつ、なによりコスパが最強。

「紅牙ベイメタル真鯛」がTGベイトと遜色ない釣果を期待できるなら「脱・TGベイ党」しちゃおうかな。ということで、弟分の「TGベイト」と比較をしつつ「紅牙ベイメタル真鯛」の魅力に迫っていきたいと思います。

シルエットはTGベイトにそっくり!?

TGベイトの強みの1つはタングステン製によること。鉛製のジグに比べて小さなシルエットでしっかりと深場を狙えるのが強みでした。一方で「紅牙ベイメタル真鯛」は鉛製。だからこそコスパよく手にできるわけですが、見た目のシルエットはこのような違いがあります。

「紅牙ベイメタル真鯛60g」と「TGベイト60g」比較画像
【上】紅牙ベイメタル真鯛60g
【下】TGベイト60g

ちなみに写真は「紅牙ベイメタル真鯛60g」と「TGベイト60g」です。同じ重量でもやはり大きさに違いがありますね。厚みの違いはこのような感じ。TGベイトは樽型なのに対して、紅牙ベイメタル真鯛はリアに向けて太くなっているシルエットとなっていますね。

上から見た紅牙ベイメタル真鯛60g
上から見た紅牙ベイメタル真鯛60g
上から見たTGベイト60g
上から見たTGベイト60g

そして「TGベイト」のもう1つの強みであり、これこそが釣れる理由でもあると思うのですが、左右非対称の絶妙なかたち。これは本当「TGベイト」そっくりですね。DAIWAの公式ページでも「この回転せずにゆらゆらした動きは、なかなか出すまでに苦労しました。しかし、結果は上々。自信をもっておすすめできる逸品です。」と書かれているだけあって、とても期待ができます。

40g~100gまで選べるラインナップ

TGベイトは20g~180gまで幅広いラインナップが用意されています。80g以上はなぜか「ソルティガ TGベイト」というように「ソルティガ」ブランドになっています。一方で「紅牙ベイメタル真鯛」は40g~100gまで用意されています。ざっくりと水深40m~100mまでを狙えると考えると、かなり幅広い釣りに対応できると言えるのではないでしょうか。

カラーバリエーションも豊富

TGベイトで一番人気カラーといえばもちろん「グリーンゴールド(緑金)」ですよね?そんな人気を意識してか「紅牙ベイメタル真鯛」はグリーンゴールド系だけで3種類もラインナップがあります。すべて合わせてカラーは10種類。そのうち3割はグリーンゴールドです笑。しかもグローベリー発光という暗所で発光するものもあり、DAIWAの本気度が伝わってきます。

  • MGグリーンゴールド
  • PHグリーンゴールドグローベリー
  • 3Dグリーンゴールドオレンジベリー
  • MGアカキン
  • PHアカキングローベリー
  • PHムラキングローベリー
  • 3D背黒イワシ
  • 3Dマイワシ
  • 3Dピンクイワシ
  • PHブルピン
グローベリー発光
暗いところではすごく発光してました!

高品質のアシストフックが標準装備

TGベイトはアシストフック付きとフックなしの2種類がありますが当然、アシストフック付きは高くなるわけです。そう考えると実質半額近いですね。これまでTGベイトを使っていた僕からすると、本当にコスパ最強です。しかも「紅牙ベイメタル真鯛」に標準装備されているアシストフックがまた、かなり高品質なんだそうです。正直、初めて知ったのですが、驚異の貫通力でチャンスを逃さない“SaqSas(サクサス)”というフックだそうで、ハリの表面にフッ素系特殊プレーティング加工を施すことで、刺さり性能は従来の塗装ハリに比べて最大40%(平均約20%)アップ。今まで合わせきれなかった小さなアタリやショートバイトも逃さずキャッチ。今までのハリと一味も二味も違う「サクッと刺さる」感覚は、一度体感すると忘れがたいものとなるはずだ。とのこと。これだけで、試さずにはいられないという感じです笑。

SaqSasフック
SaqSasフック

DAIWA「紅牙ベイメタル真鯛」のアクション方法は?

TGベイトの時もそうですが、やはり今回もただ巻き推奨とのことです。真鯛の好むアクションを追求し、あまり大きく動きすぎず、ゆっくりしたスローリトリーブでもしっかり口を使わせると、DAIWAのホームページで断言されていました(*´ω`*)。アクションを入れずにゆっくりとただ巻きをするからこそ気付ける小さなアタリから、じっと耐えて巻いていると、ガツッと追い食いしてくるまでの緊張感がたまらないんです。

鯛だけに限らず、狙えそうな魚種は?

TGベイトは真鯛に限らず、ロックフィッシュ、フラットフィッシュ、青物、なんでも釣れました。だから「紅牙ベイメタル真鯛」もきっと、タイジギング用のルアーとはいえ、きっと何でも釣れちゃうんでしょう。魚種を選ばないルアーフィッシングって本当にワクワクして楽しいです。

ブレードカスタムも面白そう

僕はTGベイトにブレードをつけるカスタムをして愛用してきましたが、この「紅牙ベイメタル真鯛」もブレードカスタムをしても良さそう。でもよりシルエットが大きくなってしまうし、せっかくアシストフックが最初から装備されているので、まずはこのままのフックセットで楽しもうと思います。

紅牙ベイメタル真鯛の気になる価格は?

個人的に一番興味が湧いた理由が、価格です。だって「TGベイト」って正直、高いじゃないですか。根掛かりしそうなポイントでは思わず使うのを躊躇してしまったり。でも「紅牙ベイメタル真鯛」なら安心です。フック付きの「TGベイト」と比べたら、ざっくり半額というところですね。価格一覧は以下の通りです。

  • 40g:960円(税別)
  • 60g:1,060円(税別)
  • 80g:1,160円(税別)
  • 100g:1,260円(税別)

SUPフィッシング、カヤックフィッシングの新しい相棒になりうる?

実はまだ「紅牙ベイメタル真鯛」を海で使えていません。(2019/10/30時点)なので、実際に海で使ってから、また実釣編として追記し、最終的な総評をしたいと思っております。でも、これまで「TGベイト」に絶大な信頼をおいていたSUPフィッシャーの方(僕のこと)、カヤックフィッシャーの方は、このジグのこと、みんな気になっているのではないでしょうか?最終的には当然、釣果で結論を出すべきですが、なんとなく釣れちゃいそうな気がしてます。なので、、、

総評:TGベイトに代わるタイジギスタンダードになりそう

現時点では「なりそう」という評価にさせていただきました。こうやって宣言したからには、絶対に釣果をあげて、こちらに追記しなければ、と自らを追い込んでいるわけです(*´ω`*)。価格は「TGベイト」の約半額。そして釣果は変わらず。であれば「紅牙ベイメタル真鯛」に乗り換えない理由はないですよね?ということで、興味をお持ちの方はぜひ「紅牙ベイメタル真鯛」を手にしてみてください。「TGベイト」みたいにすぐに品薄になってしまうかもしれないですよ。Amazonでは品薄になってきたり、人気が出るとすぐに価格が高騰します。もしAmazonでチェックしてみて、メーカー小売価格と同等であれば、間違いなく「今が買い時」と思ってください。それでは。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事