海や河口で手軽にルアー釣りを楽しめる人気の魚、メッキをご存知ですか?メッキは手軽に釣れる割には、引きが強く、ファイトを楽しめる魚。専門に狙う釣り人もいるほど、人気のターゲットです。そこで本記事では、メッキ釣りに適したルアーや狙い方を紹介していきます。ルアー釣り初心者の方も、コツさえ掴めば爆釣を楽しめるので、ぜひこの機会に覚えてみてください。

メッキとはどんな魚?

メッキとは魚の正式名称ではありません。ギンガメアジ属の、幼魚のことを総称してメッキと呼びます。代表的なのは、ギンガメアジとロウニンアジでしょう。沖縄などで釣れるGT(ジャイアントトレバリー)と呼ばれる魚が実は、このロウニンアジ。つまり、メッキはあの釣り人の憧れであるGTの幼魚のことなのです。

もともと南方の海に住む魚で、大きな群れで回遊しています。しかし群れからはぐれてしまう個体もいて、そうした個体が黒潮にのって日本の湾内などに入ってくるのです。南方の魚だけに寒さに弱く、シーズンとしては夏から秋になります。冬になると水温の低さで死んでしまうため、まったく釣れません。そのため、メッキのような魚は死滅回遊魚とも言われています。

メッキにはどんな種類があるの?

先ほどもお伝えしましたが、メッキは総称です。その中でも日本の湾内で、手軽に釣れるのがギンガメアジでしょう。30cm程度の個体が多く、最も手軽に釣れるメッキです。もう1つの種類がロウニンアジになります。見分け方としてはヒレが黄色っぽいのがギンガメアジで、黒っぽいのがロウニンアジです。

メッキが生息しているポイントは?

メッキは黒潮に乗って日本へとやってくるため、基本的にはどこでも釣れる魚です。防波堤や河口などベイトが集まりやすいポイントだと、どこでも釣れる可能性があります。しかし水温に影響される魚であるため、シーズン以外はそもそも居ないケースが多いです。とりあえずポイントとしては、黒潮の潮流が入りやすいエリアの防波堤か河口がおすすめと覚えておいてください。

メッキが釣れる時期は?

メッキ釣りに適した時期はズバリ、9月〜12月です。黒潮に乗ってくるため、その年や地域によっても異なりますが、初秋から初冬と覚えていただければ間違いありません。群れで入ってきたら一気に爆釣になる一方、群れが来なければ釣れない、極端な釣りと言っていいでしょう。

メッキのおすすめルアーサイズは?

ルアーサイズとしては、50mmから70mm前後を選ぶようにしましょう。そしてメッキを狙う場合は、ルアーサイズよりも重要視すべきことがあります。メッキはルアーフィッシングのターゲットの中でも、非常に食いつきの良い魚です。食いつきが良い一方で、ルアーの見極めも早い魚でもあります。そのため、複数の種類のルアーを使い分けるのがポイントです。基本となるプラグの他に、メタルジグやポッパー、ペンシルベイトなど色々と揃えておくといいでしょう。

メッキ釣りにオススメなプラグ

メッキ釣りにオススメなペンシルベイト

メッキ釣りにオススメなポッパー

メッキ釣りにオススメなメタルジグ

ルアーアクションは?

メッキ釣りをする時のアクションですが、基本的にはスピーディーにどんどん動かしていきます。ゆっくり動かしてもあまり意味はありません。基本的にはトゥイッチ・ジャークを多用するといいでしょう。トゥイッチ・ジャークとは小刻みにロッドを前後させながら、ただ巻きをしていくというアクションです。この動きをすることで、ルアーも小刻みに前後することになります。とにかくルアーだと見切られてしまうことが多いので、可能な限り素早いアクションをさせるようにしてください。またルアーの数を揃えておいて、適度に交換しながらポイントを攻めていくのが常道になります。トゥイッチがわからない方は、こちらを参考にしてみてください。

ロッドは代用可能?

メッキを釣る時のロッドですが、ライトなソルトルアーか、ブラックバス用の物でも代用できます。ミノーなどのルアーを動かしやすい6フィートから、8フィート前後の物がおすすめです。アジング、メバリング、エギング、あたりの専用ロッドをお持ちであれば、代用が可能でしょう。

ラインの太さは?

メッキ釣りでは、とにかくルアーアクションをさせるのが大切です。そのためメッキ釣りで使うラインも、ルアーの動きを出しやすいPEラインを選んでおくといいでしょう。太さとしては0.4号から0.6号あたりが一般的です。色は視認性の良いものを使ってください。さほど遠投をする必要もありませんので、ナイロン製のラインでも使えないことはありません。ただルアーの動きに直結しますので、やはりPEラインの方がいいでしょう。

ルアーでメッキを釣るためのポイントは?

メッキ釣りのルアーアクションのポイントになるのは、様々なタイプを使っていくということです。基本的にはできる限りアクションをさせることになるため、ルアー釣りのテクニックを磨くのにも向いている魚でしょう。どんなルアーでも反応するため初心者でも楽しみやすく、引きが強いためにファイトにハマる人も少なくありません。そのため先ほど紹介したトゥイッチ・ジャークなどを行いながら、どんどんルアーをアクションさせていきましょう。

メッキ釣りについて解説してみました

ポイントはルアーをたくさん用意して、適度に交換しながら釣りをすることです。これからルアーフィッシングを始めたいという方には、ルアーの楽しさを教えてくれる、最高のターゲットになります。ぜひ本記事を参考にメッキでルアーフィッシングの楽しさを満喫してください!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事