エギングをするならタックル選び、エギ選びはもちろん大切ですが、リール選びも非常に大事。そこで本記事ではエギングリールにスポットをあてておすすめを紹介していきます。初心者向けの入門製品はもちろんですが、上級者が満足できるハイエンドな物まで。今の自分の腕前にあった最高のリールを見つけて、釣果を上げていきましょう。

目次

エギングリールに合う番手は?

エギングで使うリールの番手は人によって差はありますが、2000番から3000番がおすすめ。実際にエギングリールを使っている人でも2500番を使っている人がおそらくもっとも多いでしょう。もちろん個人差があるので、現在手元にリールがある人はあわせた番手を買うのがいいです。持った時のフィット感や使いやすさが、リール選びでは最も重要ですからね。

エギングリールにはスピニングがおすすめな理由

エギングにスピニングリールが向いていると言われる理由は、ライントラブルが圧倒的に少ないこと。そしてメタルジグと比較して軽いエギをしっかりと底取りする必要があります。そのため、抵抗なくラインを放出させることができるスピニングリールが向いているのです。

ダブルハンドルがおすすめな理由

エギング用リールにはダブルハンドルがおすすめされますが、理由はエギのアクションによるもの。エギングのしゃくり時にリールも合わせて軽く巻きます。そのため、リールから手を離しては巻き、離しては巻き、の動作を繰り返すことになります。しゃくり時にいちいちリールハンドルの位置を確認はしていられないので、リールを見ずに巻けるようにダブルハンドル仕様になっているのです。

ノーマルギアとハイギアの違いは?

ノーマルギアとハイギアの違いはハンドル一回転辺りの巻取り幅で、自分の巻き方に合わせた方を選びましょう。力強く早く巻きたいならハイギアを選び、ゆっくりした動きを演出したいならノーマルギアです。またハイギアのメリットはエギの回収が早くなって、手返しがよくなること。回収が早くなればキャスト回数も増えて、ヒットしたイカを早く寄せられるメリットもあります。ハイギアのデメリットはエギの動きが早くなってしまうので、ゆっくり動かしたい時に不利。釣り場の状況によってはメリットにもデメリットにもなるので、違いを知って自分に合ったほうを選ぶのがいいです。使いやすいルアーと同じで、タックル選びも個人差がでます。

初心者必見!1万円以下のおすすめエギングリール5選

Amazon商品価格で1万円以下のおすすめを紹介していきます。

店頭価格6千円前後のダイワ・レブロス

高級機種に搭載されている機能を採用したレブロスは、価格以上の性能を持っている安価でおすすめなリールです。

滑らかな巻き心地が気持ちいいシマノ・セドナ

ハイギアなので重く感じがちですが、巻き始めてからは重みも違和感もなく、なめらかな動きを感じられます。

安価なのにハイスペックなダイワ・クレスト

実売価格が5千円台なのにマシンカットハンドルを搭載し、ライントラブルを軽減する機能もついています。

操作性の評判が良いシマノ・サハラ

リールの重心を手元に近づけるデザインなので、エギをシャクった時も安定したアクションを演出できるリールです。

HAGANEギアとアルミ冷間鍛造ハンドル搭載のシマノ・ナスキー

コスパ最高と評判の高いナスキーは、高性能リールに搭載されている機能を持ちながら、実売価格1万円以下と安価です。

中級者必見!2万円〜3万円代のおすすめエギングリール5選

長時間使用しても軽快な操作ができるダイワ・17エメラルダス MX 2508PE-H-DH

ダイワのエギングブランドであるエメラルダスシリーズのミドルクラスで、リールの軽さと軽快な巻き上げが魅力的です。

快適な使用感が味わえるシマノ・セフィアCI4+ C3000SDH HG

全体的に高い性能を持っているセフィアシリーズの上位機種で、イカがエギを軽く触っただけでもアタリを感じ取ることが可能。

トップクラスの軽さを持つダイワ・セオリー 2508PE-DH

重さ190gという圧倒的な軽さをのセオリーは、リールに軽さを求めるエギンガーにおすすめのタックルです。

セオリーよりも巻き心地や重さを求めるならダイワ・ルビアス 2508PE-DH

セオリーよりもベアリングの数が多いので、なめらかな巻き心地が可能なリールになっていて、巻き心地や使いやすさを重視する人に向いています。

軽いのにエギングにジャストフィットするシマノ・ストラディック CI4+ 2500HGSDH

マグナムライトローターが一味違う巻き心地を体験させてくれるストラディックは、ステップアップに最適の一品。

上級者必見!4万円以上のおすすめエギングリール4選

リール性能をさらに追及したい上級者に向けた、商品価格4万円以上のおすすめを紹介します。

人気機能を丸ごとアップグレードしたシマノ・18ステラ C3000SDHHG

シマノの最上位モデルの名に恥じない性能を持ったリールで、前作のステラから大幅に性能・強度が上がっています。

ヘビーエギングに必要なパワーと耐久性を身に着けたダイワ・18イグジスト LT2500-XH

ダイワの最上位モデルであるイグジストのLTモデルは、ギアの選択・自重のカスタムもできるので、自分好みのリールに仕上げられます。

上級エギンガーの評判も高いシマノ・19ヴァンキッシュ C3000SDH

クイックな回転にこだわった19ヴァンキッシュは、タックルから感じる重さも軽やかで、軽量ロッドとの相性も抜群です。

自社エギングリールの最高峰のダイワ・15エメラルダスエア 2508PE-DH

防水性能を高めたエメラルダスエアは、購入時の使用感を長期間保ってくれるので、性能の劣化を感じさせない最高峰のリールに仕上がっています。

自分に合ったエギングリールを見つけよう

エギングは一日に何度もしゃくりを入れるので、なるべく軽くコスパの良いリールがおすすめです。エギは思っているより水の抵抗を受けてしまうので、ロッドアクションを繰り返していくうちに、体力が奪われてしまいます。楽しく長くエギングが楽しめるように、自分に合った最適なリールを見つけ出しましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事