イカ釣りとして近年、非常に人気の高いエギング。ゲーム性が高く、イカの王様と呼ばれるアオリイカが釣れるとあって、シーズンになると堤防にはエギンガーがひしめいています。そこでこれからエギングを始めようと思っている人が、知っておくべき情報についてまとめました。どんな時間帯や時期がイカ釣りに適しているのか。アオリイカを狙うには、どんなポイントを狙ったら良いのか説明していきます。

イカ釣りの主な方法は?

イカ釣りをする人はアオリイカやヤリイカを狙っていきます。他にもヒイカなどを狙うこともあります。ここでは、特に人気の大型サイズのアオリイカの攻略法を取り上げます。アオリイカを狙っていく釣りの主な方法は大きく分けて2種類。多くの釣り人が実践しているのがエギングヤエン釣りです。それぞれにどのような特徴があるのか解説していきます。

エギングでアオリイカを釣る方法

エギングとは、イカを誘うためにエギというルアーを使う釣りです。このエギは漁師さんが使っていたものでしたが、今ではルアーとして使われています。実際に漁師が使っていたものを改良し、より高機能にしたルアーが多くあります。アクションの仕方は簡単で、一度フォールさせてしゃくる方法です。ルアーをフォールさせていくときに、イカが餌だと勘違いして抱きつく事を誘っていきます。足場の良い堤防などで行える釣りなので人気があります。

エギングの仕掛けは?

エギングは各社から専用ロッドが出されています。エギングロッドは堤防からのサビキ釣り、ちょい投げ釣り、ライトショアジギングなど、非常に汎用性の高いロッドです。幅広い釣りに使えるので、最初に購入するロッドとして、エギングロッドを選ぶのもいいでしょう。仕掛けとしては一般的なルアーと一緒です。しゃくり続けるため、疲れにくさを重視する人は短くて軽めのロッドを。少しでも遠投して広く探りたい人は長めのロッドを選ぶといいでしょう。

エギング仕掛け
エギング仕掛け

エギングでアオリイカを釣るコツは?

ラインはたるませる

ラインが張っている状態でしゃくっても、エギはあなたのもとに寄ってくるだけ。縦に激しく動くようなアピールされません。そこでしゃくる前はあえてラインを張らず、少し糸ふけを残した状態でしゃくてください。そうすることで、エギは激しく縦に動くようになり、よりアピール力が強まります。

エギはローテーションする

ポイント、時間、時期、潮など、あらゆる条件の違いにより、エギのヒットカラーは変わります。そのため、1つのエギで粘り続けるのではなく、積極的にローテーションしていきましょう。複数のエギを所有しているほど、釣果にも直結していきます。

底を取る

基本的に大型のアオリイカは底近くにいることが多いです。そのため、必ず底を取ることを意識してください。風や流れが強い時は、ある程度時間を置いて、着底したと思えるまではラインを送りましょう。

さまざまなシャクリパターンを試す

その時の状況に応じて、アオリイカの活性が異なるように、反応を得やすいシャクリパターンも異なります。一般的な2段しゃくりだけでなく、1段しゃくりや、多段しゃくりなど、いろいろなパターンを試してみてください。

かかったらラインは絶対に緩めない

アオリイカがかかった時には必ずラインは緩めずに一定の速度で巻き続けてください。エギの針には返しがついていないため、ラインが緩むとすぐにバラしてしまいます。常に糸が張り続けている状態でアオリイカを寄せるように意識してください。

ヤエン釣りでアオリイカを釣る方法

ヤエン釣りはヤエン仕掛けを使ってアオリイカを狙っていきます。エギングのようにルアーではなくエサを使います。アジなどのエサを使うので、すぐにイカにアピールしてくれます。仕掛けの内容は、ヤエンと言われている引っかけ針と道糸を使ったものです。ヤエンには引っかけ針が3つほど付いていて、イカをがっちりホールドしてくれます。本物の魚を使ってイカを誘うので、釣果がすぐに上がりやすく人気です。

アオリイカが釣れる時期は?

そんな人気のアオリイカが釣れる時期はいつなのか。初めてアオリイカを狙うときには、釣りやすい時期を狙っていきましょう。大型を狙うにはいつか?数釣りを狙うにはいつか?覚えておきたい時期についての情報を解説していきます。

初心者は秋のエギングがおすすめ

秋は春に生まれたイカが、ある程度成長してきているシーズンです。成長期のアオリイカが多いので活性が高く、エギにもよく反応してくれます。9月中旬から11月くらいまでは、アオリイカを狙いやすいでしょう。この時期は大型のアオリイカはいませんから、2号〜3号のルアーで試してください。特に10月頭は釣果が上がりやすいので、エギングの練習に最適な時期です。冬になるとアオリイカは水深のある場所へ移動します。水温の高い南部でないとエギングは難しくなってきます。

上級者は春のエギングがおすすめ

アオリイカが釣れやすいのは春です。春は水温がアオリイカの産卵に適する状態になります。15度前後の水温になると、アオリイカが産卵をするために堤防などに近づいてきます。産卵のために大人になったアオリイカが釣れるため、サイズも大きめになります。キロオーバーの形の良いイカを狙うためには春に挑戦しましょう。夏は産卵が終わって親イカは死んでしまうため、釣果はほとんど上がりません。

アオリイカが釣れる時間は?

アオリイカを釣るためには時期に加えて、釣れる時間帯にも注意を払わなくてはなりません。一日のどの時間帯が釣果が上がりやすいですか。

朝・夕マヅメ

どの釣りでも言えることですが、朝と夕方のマヅメ時を狙ってください。アオリイカがお腹を空かせている時間帯で活性が高くなります。動きが活発になり、水深の浅いところに上がってくることもあります。積極的にエギに向かってアタックしてきます。朝や夕方のマヅメ時には表層から始めても良いでしょう。着底にこだわらずに、中層から海面の間で動かすイメージをしてみてください。

夜釣りもOK

アオリイカは夜行性なので、夜釣りでもエギングが出来ます。月が出ている時間帯は、特にアオリイカの活性が高くなります。夜釣りをするときには、何時くらいに月明かりが一番強くなるかを調査しておいてください。また常夜灯のあるところはプランクトンが集まりやすいため、アオリイカも集まってくる可能性が高いです。

アオリイカが釣れるポイントの特徴は?

アオリイカを釣りやすいポイントは、隠れられたり産卵が出来たりする海藻が多い場所です。岸に近くて海藻が多いなら、エギングが出来るポイントです。障害物があればあるほど、隠れる場所があるのでアオリイカは住み着きます。餌を探して動いているときでも、障害物から障害物へと移動しています。磯場や砂浜などでも適した場所があれば釣れます。ボートを使って海藻が多い場所を探してみるのも良いでしょう。岩の周りなどにも潜んでいることが多いですから、エギをフォールしてみてください。

エギングでイカの王様アオリイカを釣ろう

アオリイカを狙っていくときには、時期と時間帯に気を付けてください。エギングは初心者にも人気の釣り方です。ポイントをしっかり選んで釣果をアップさせてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事