ショアジギングで青物を狙うときには、どんなロッドを選んだら良いのか。本記事ではそんな質問に答えるべく、流行が続いているショアジギングに最適なロッドを紹介していきます。コスパ重視のショアジギングロッドから、上級者向けの製品までを調査してみました。

ショアジギングでの青物の釣り方は?

ショアジギングの釣り方は、簡単に言うと遠くへキャストさせて釣っていくやり方です。メタルジグを出来るだけ遠くへ投げて、ルアーが着底したらアクションを起こしていきます。基本的なアクションは、ロッドを立ててハンドルを回し、再びロッドを水平にする事を繰り返すワンピッチジャークです。まずはワンピッチジャークをマスターするようにしましょう。

ショアジギングで狙える青物とは?

ショアジギングで狙える青物は、ハマチやブリです。秋が始まるとハマチやブリは、ほぼ確実に狙っていけます。60センチ前後のサイズの大きな青物を釣れます。サゴシやサワラも釣ることが出来ますよ。これらの青物はパワーが無いので、初心者が釣りやすい魚です。

ショアジギングロッドの選び方3ポイント

ショアジギングロッドを購入するときに、3つのポイントを覚えておきましょう。ロッドの重さと硬さ、そして長さをチェックしなければなりません。具体的にどんな点をチェックすべきか説明します。

重さ

ロッドの重さは使いたいメタルジグの重さによって変えることが出来ます。基本的によく使うメタルジグは50グラム前後です。50グラム前後のメタルジグを扱えるロッドにして下さい。

硬さ

ロッドが固ければ固いほど重量のあるメタルジグをロングキャストできます。サイズの大きな魚と対峙も出来ます。その分扱いが難しいため、最初のうちはMHくらいの硬さがおすすめです。

長さ

長さは3メートル前後が扱いやすいです。遠投するためには長い方が良いですが、あまり長すぎると扱いが難しいため要注意です。

初心者におすすめなショアジギングロッド5選(1万円台)

初心者には、どのようなショアジギングロッドがおすすめでしょうか。まずは1万円台の初心者向けショアジギングロッドをご紹介していきます。

シマノ(SHIMANO) スピニングロッド 13 ソルティーアドバンス シーバス S906M 9.6フィート

軽くて操作性の高い製品です。引きが強いターゲットにもパワフルに対応できます。

80センチ前後のブリを釣りましたが難なく釣り上げる事が出来ました⭐︎ 良い竿ですよ🐟

この価格にしては全然良いと思います
先日ハマチを釣りましたが
何の問題もなく引き寄せました

90cmのシイラを普通に寄せれました強くて軽いいいロッドです

www.amazon.co.jp

シマノ(SHIMANO) スピニングロッド ムーンショット シーバス S906M 9.6フィート

疲労軽減する設計が特徴的なのがこちら。サイズの小さな青物にも対応しています。

ロッドパワーは申し分ないかと思います。青物でも70cmまででしたら余裕で寄せることができました。

大満足です。価格も手頃で、扱いやすいですし、かっこいい。

五十代の私でもあまり疲れを、感じずに釣行出来ました。良かったです。

www.amazon.co.jp

メジャークラフト ライトジギングロッド スピニング 3代目 クロステージ スーパーライトジギング 2ピース CRXJ-S642L/LJ 6.4フィート

こちらは、120グラムのジグにまで対応しています。ハマチやサゴシなどを狙うのに最適です。

リール3000番との組み合わせで
オフショアライトジギングで使用
2〜3キロ級ともなんとかやり取り出来て
軽さも有り
価格の割には良い感じです!

www.amazon.co.jp

メジャークラフト ライトジギングロッド スピニング 3代目 クロステージ スーパーライトジギング CRXJ-S64L/LJ 6.4フィート

こちらは、より小型のターゲットを狙うときに使用したいロッドです。

60~100gのタングステンジグ、深さ50~100m程度の釣り場。根魚、真鯛、ブリ等しっかりと対応できました。リールはダイワのエクセラー3012Hを合わせて使いました。軽いロッドで気軽なライトゲームのはずだったのが、80cm超えのブリの強襲に会う時間帯もありましたがバラしたりラインブレイクすることもありませんでした。ゴツいジギングロッドと違い、軽く動かせる反面、大物をとるには少し時間がかかります。ただ、竿のしなりと操作性である程度はカバーできますので、大変満足しています。

www.amazon.co.jp

ダイワ(DAIWA) ショアジギングロッド スピニング ジグキャスター 96M

こちらは、60グラムのジグまで使用できます。さらに40グラム前後のプラグにも対応している、汎用性の高いショアジギングロッドです。

私もLSJ初心者ですが入門で買うなら間違いないですよ

自重205gと軽くシャクり疲れしにくく
グリップはキャスト時にはテコの原理を使いやすい
ティップはこのクラスではやや張りがあって操作性が高いですし
ベリーは程よく靭やかでキャスト時に胴にしっかり重さが乗ります
バットは太く強いので中型未満の青物は相手になりませんゴリ寄せです

www.amazon.co.jp

中上級者におすすめなショアジギングロッド5選

続いて、もう少し高機能な中上級者におすすめなショアジギングロッドをピックアップしていきます。

シマノ スピニングロッド ネッサ CI4+ フラットフィッシュ S1002M 10.2フィート

こちらはフラット用となっていますが、とにかく遠投が得意なロッドです。当然、青物でも対応可能。むしろ遠投が釣果に直結してくるショアジギングにおいて、このロッドは十分に選ぶ価値があるでしょう。長さがあるにもかかわらず軽くて操作性も非常に高くなっています。

最高です!信じられないくらいルアーが飛ばされて行きます!嫁に内緒で買って良かった👍

『投げやすさ』、『感度』、そして『取り込み易さ』どれをとっても文句なしです。初めてハイスペックの物を購入しましたが、やはり「値段だけのことはあるんだなあ」と実感しました。

www.amazon.co.jp

シマノ ロッド AR-C TYPE XX S1000L

こちらの強みは耐久性の高さ。風が強いなどの条件が悪いときでも、狙ったとこへ遠投することが出来ます。

先調子のためか20g以上のウェイトのルアーを思いっきりテイクバックして竿の反発で飛ばせます。メタルジグも28gをつけてフルキャスト可能。C3000SDHのリールに100m巻いたラインがすっからかんになってなお足りないこの感覚は爽快です。

www.amazon.co.jp

ダイワ(DAIWA) ショアジギングロッド スピニング ラテオ FJ 103ML

こちらは、軽いのにハイパワーでトルクがあるところが高評価。

やわらかくても力があるサーフ、河口で使いやすいロッドです
ルアーは30gがもっともキャストしやすい印象です

シリーズの中でも1番短くML調子ですのでキャスト時の癖もなくキャストしやすく、30g程のルアーも気持ちよく飛びます。

www.amazon.co.jp

ダイワ(DAIWA) ショアジギングロッド スピニング ジグキャスター MX 96M

こちらは、弾性が高く感度がとても良いのが特徴です。カーボン素材を採用していて、粘りや強度などが従来製品よりも高くなっています。

とても使い安くてよく飛びます
90㎝の鰤を釣る事ができてとても満足しています

とても使いやすいです。
飛距離も伸びたし、しゃくりも楽になりました。
先日ラインのカラーで見てみる120m位でした。風による無駄な糸の出も考えても100m位は飛んでいるみたいです。
サーフ PE1.2 ジグ40g 横風約1m程度での状況です。
やっぱり専用ロッドは使いやすいですね。

www.amazon.co.jp

ダイワ(Daiwa) ショアスパルタン コースタル 97M

こちらは、ショアジギング以外にも使える汎用性の高いモデルです。 最先端のダイワの技術が採用されています。HVFナノプラス高密度カーボンが使われているため、高い強度と粘りが特徴的です。長時間のショアジギングをしても体に負担を掛けないような設計がなされていますよ。重さが10キロオーバーのサイズの青物にも耐えられるパワフルなショアジギングロッドです。

自分のレベルに合ったショアジギングロッドで青物を釣ろう!

重さや硬さは好みがありますから、お店で実物を確認するのが良いですよ。値段は店舗とインターネットショッピングを比べてお得な方で購入して下さいね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事