スポンサーリンク

ライトショアジギングのルアー選びは他のルアーフィッシングと同じで、とても数が多く初心者は悩みがち。そこで悩んでいる人に向けて、人気のアイテムから初めてのライトショアジギングにピッタリのルアーを紹介していきます。ルアーは目的別に作られているので、どんな物が良いのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

ライトショアジギングとは?

ライトショアジギングはジギングのカテゴリの一つで、ショアジギングよりも軽いタックルを使用し、サイズが控えめな青物を狙う釣りです。本格的なショアジギングよりも小さな魚を狙うため、初心者に最適。ショアジギングよりも手軽なタックルで楽しめるので人気が高いジャンルですが、実はショアジギングとの明確な区別はありません。小さな青物を狙う時に使われる言葉が、ライトショアジギングというわけです。

ルアー(メタルジグ)の重さはどのくらい?

ライトショアジギングは主に20gから40gの軽めなメタルジグを使います。風が強い時や潮の流れが速い時は60gに付け替える場合もありますが、普段は20gから40gです。大型の魚を狙うルアーフィッシングと比べると全体的に軽く、釣りをする時の独特の疲れもたまりにくいのが特徴。その分風や潮の影響を受けやすいので、繊細なアクションが求められることもあります。

スポンサーリンク

ロッドの特徴は?

ライトショアジギング用のロッドはルアーと同じで軽いものが多いです。長さは目的別でわかれているので、堤防からの釣りなら9フィート台がおすすめですが、初心者でも9フィートは扱いやすい長さです。ライトショアジギングは一日中ルアーを投げることもあるので、軽く使いやすいロッドを選びましょう。たくさんの製品が売られていますが、基本的に軽く作られていますため、無駄な曲がりがなく疲れにくいのが特徴です。

リールのサイズは?

メインターゲットが小さくなるライトショアジギングでは、ジグのサイズも小さくなります。そのためリールも大きな物を用意する必要がなく、ダイワなら3000番・シマノなら4000番以上のモデルがおすすめ。初心者の場合は価格も悩みがちですが、6000円から7000円のコスパ重視で選びましょう。最近のモデルは安くて高性能な物が多いので、シマノ・ダイワの物なら安心です。

飛距離重視のおすすめなルアー(メタルジグ)

メジャークラフトのジグパラショート

1日中安心して投げ続けられる性能を持ったジグパラショートは、実釣性能と確かな飛距離を実現しています。

メジャークラフトのジグパラスロー

落ち葉のようなフォールが特徴のジグパラスローは、後方重心配置によってロングキャストしやすいメリットもあります。

ジャッカルのビックバッカージグ

後方重心ボディが生み出した飛行姿勢は、初心者でも圧倒的な飛距離を出すことが可能で、ただ巻きアクションも魅力的。

ゼスタのスロービー

かわいらしい小粒なシルエットと飛距離のギャップがあるスロービーは、小刻みなダークアクションで魚を魅了します。

ジークのRサーディン

左右対称のセンター後方ウエイトバランスで、安定した飛距離を稼げるRサーディンは、小魚本来のサイズ感も演出している優秀なルアーです。

デュオのドラッグメタルキャストSSZ

ドラッグメタルキャストは様々な魚種にアピールしつつ、確かな遠投性能を持っている人気のルアーシリーズで、サーフ・シーバスに対応できます。

パームスのスローブラットキャストロング

ブラットキャストシリーズの中でも最大のアクションを発揮するロングは、独特のデザインで飛距離を損なうことなく性能アップしています。

オーナーの撃投ジグエアロ

飛距離をとことん追求したエアロは圧倒的な遠投を感じさせてくれるだけでなく、誰でも使いやすいハイアピールタイプに仕上がっています。

バスデイのバンジーショット

軽く投げるだけで抜群の飛距離を誇るバンジーショットは、強風に負けないキャスティング性能と軽快な操作感を持ったメタルジグです。

ジャッカルのラスパティーン

超コンパクト・超軽量・超飛距離がそろったラスパティーンなら、あるゆる場面で活躍してくれる相棒になります。

コスパ重視のおすすめなルアー(メタルジグ)

パームスのザ・ダックス

飛距離・レスポンス・シンクレートと三拍子そろっている高性能なメタルジグなのに、コスパが非常によく支持者が多いルアーです。

ダイワのサムライジグスロー

フォールでも引きでもバイトを誘発しやすく、20gから60gまで用意されているサムライジグスローは、使い分けられるコスパ重視のメタルジグになっています。

パームスのスローブラットキャストアップ

価格の割に圧倒的なアピール力と高い回頭性能を持っているので、性能面も求めるコスパ重視のルアーなら、スローブラットキャストアップはおすすめ。

メジャークラフトのジグパラセミロング

コスパといえばメジャークラフトですが、ジグパラセミロングは他のジグパラと併用することで、ほとんどの状況に対応できます。

ジャクソンのギャロップアシスト

使いやすさとコスパの両方を持っているギャロップアシストは、初心者なら持っておきたいメタルジグの一つ。

ただ巻きOKのおすすめなルアー(メタルジグ)

ダイワのTGベイト

タングステン製により、まず飛距離が抜群。さらに非対称ホログラムの採用でただ巻きなのに、強烈なフラッシング効果が期待できます。

マリアのムーチョ・ルチア

ムーチョ・ルチアはただ巻きでも綺麗なスイミングアクションをしてくれるため、ロッドアクションに慣れてない初心者にもおすすめのメダルジグです。

ゼスタのアフターバーナー

アフターバーナーはアクションのバランスが非常に良いため、ただ巻き・ジャーク・フォールと、色々な場面で使用できます。

ジークのSビット

ただ巻きするだけでフラッシングを起こせる湘南生まれのSビットは、水深があまりないポイントでも使いやすいメタルジグです。

アピアの青龍ハイパー

遠くに投げて巻くだけで釣れるシンプルなコンセプトを追求したモデルで、超遠投からただ巻きするだけで釣果に繋がります。

お気に入りのメタルジグを見つけよう!

昔はメタルジグと言えば釣れないルアーと言われていた時期もありましたが、釣りのスタイルが確立されていくにつれて、人気の高いルアーになりました。進化し続けるメタルジグは、釣果を上げるのに欠かせないアイテムになっているので、たくさんのメーカーが開発しています。ミノーやバイブレーションより手に取りやすい価格なので、たくさんのメタルジグを試してみてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事