スプーンは様々なフィールドに対しての万能さを持つ、非常に魅力的なルアーです。スプーン1つあれば色々な深さを探ったり、緩急ある流れで釣りをすることもできるので、水の状況を問わず使えます。管理釣り場や渓流のイメージを持たれる方も多いと思いますが、実は海でも大活躍のスプーン。本記事では活躍の場が豊富なルアー、スプーンの魅力や使い方を詳しく見ていきましょう。

ルアーの原点スプーンとは?

トラウトフィッシングでおなじみのスプーンですが、作りはとてもシンプルです。その名の通り食器のスプーンが由来で、昔湖の上で食事をとろうとした人が、あやまってスプーンを水に落としてしまいました。ゆらゆらとゆっくり沈んでいくスプーンに食らいつく魚をみたことが、スプーンの原点だと言われています。スプーンはルアーの原点ともいわれ、ルアーはフィールドを問わず幅広く使われていますが、全ての元になったのは食器のスプーンでした。ルアーの原点であるスプーンはシンプルだからこそ奥が深く、そして楽しいのです。

フィールドを選ばず使える万能ルアー

スプーンが万能ルアーと呼ばれているのは、川でも海でも池でも湖でも釣果が上がるからです。ルアー釣りは攻める水深に合わせてルアーを変えますが、スプーンは一つで浮き沈みをコントロールできる万能ルアー。使い方さえ覚えれば、底付近に潜んでいる大物を釣り上げることも可能。もちろん目的別にスプーンはたくさん作られているので、カラーバリエーションや色々な形の物をそろえておいて損はありません。全てのルアーの原点と言われるだけあって、どんなフィールドにも対応できるルアーがスプーンです。

スプーン ルアー 管釣り 渓流釣り 形状・色・重さ相違の30本ベーシックシリーズ メタルルアー トラウト タチウオ ニジマス バス ヒラマサ

スプーンで狙える魚は?

スプーンで何が釣れるのかを聞かれたら、多くの人はトラウト全般と答えます。ヤマメ・ニジマス・サクラマスなどをトラウト全般といいますが、バス釣りや川魚も狙えるルアーです。湖や渓流でよく使うルアーだと思われがちですが、高級魚である真鯛やルアーフィッシングの人気種であるシーバスも釣れます。カンパチ・ブリなどの青物や底物であるヒラメ・カサゴも釣れるだけでなく、普段目にする機会の少ないナマズも釣りあげている人は少なくありません。
いわゆるルアーターゲットと呼ばれる魚のほとんどをカバーしています。

スプーンのアクション方法は?

スプーンは難しいと思われていますが、基本はただ巻きです。ただ巻きは本当に巻くだけで行うルアーアクションのことで、ここから速度や泳層を変えて、魚の反応を見ていきます。スプーンを狙った層に落とすカウントダウンも基本で、ボトムにつくまでの時間を意識しながら、狙った層でスプーンを動かすテクニックです。連続して鋭く素早く動かすトゥイッチを使えば、逃げ惑う魚をイメージさせることが可能。ロッドを水平にもって下方向に動かすと、緩急をつけた動きが演出できます。大きくロッドを動かすリフトアンドフォールは、スプーンを水中で跳ね上げる動きをさせます。たてにロッドを振り上げてルアーをリフトさせ、ロッドをゆっくりと前倒しにしながらフォールの動きをイメージしましょう。ラインは張りすぎず緩めすぎずが大切。うまく当たりが出ない時はテクニックを使い分けたり、ロッドの動きに強弱をつけてみてください。

フィールド別おすすめスプーン紹介

スプーンは一つあればいろいろなことができる万能ルアーですが、フィールドに合ったスプーンを選ぶことで、より良い釣果につながります。渓流・海・管理釣りの3つに分けて、今回はおすすめを紹介していきます。ルアーの数は選択肢の多さと武器の数と同じなので、興味が出たスプーンはぜひ積極的に使ってみてくださいね。

渓流編5選

渓流釣り定番スプーンのスミスピュア

スミス(SMITH LTD) スプーン ピュア 2.7g グリーン/ゴールド/オレンジ GGO

渓流釣りで最も使われているスプーンといっていいのが、スミスピュアです。スプーンの中でも非常にスタンダードな形をしていて使いやすく、どんなポイントでも使えるメリットがあるので、初心者の人に特におすすめ。

ダイワのトラウト用スプーン・クルセイダー

ダイワ スプーン クルセイダー 激アツ ソルト 4g 28mm アカキンイワシ

渓流釣りでよく使われるスプーンの1つである人気のクルセイダーは、2.5gと4gをそれぞれ使い分けます。スプーンの形状もカップが深くなっているため、流れの強いポイントでもヤマメやイワナにアピールすることが可能。

ピュアより厚く細長くなっているスミス・ヘブン

スミス(SMITH LTD) スプーン ヘブン 9g KMW #37 ルアー

パッと見はピュアと差がないように見えますが、ピュアより厚く細長くなっているので、遠投のしやすさや沈めやすさが特徴。カラーバリエーションは少ないですが、3gから16gと重さの幅が広いので、釣り場に合わせて選べる扱いやすいスプーンです。

昔から渓流で使われているハスルアー

ラパラ(Rapala) ルーハージェンセン ハスルアー 3g オレキン/ゴールド HUS-LURE 1193-112-GOR

一般的にスプーンとはちょっと違う形をしているハスルアーは、への字に曲がっているので水流を交わしながらひらひらと泳ぐことができます。普通のスプーンと比べると動きが激しめなので、ヤマメやイワナの活性が低い時に強さを発揮します。

ハスルアーと同じ形のスミス・バックアンドフォース

スミス バックアンドフォース 5g 2015年カラー 20.ワカサギ

ハスルアーと似た動きをするバック&フォースですが、ハスルアーとの違いはカラーバリエーションの多さ。ハスルアーと比べて買いたい時に買える手軽なスプーンなので、お試しで使ってみたい人にもぴったりです。

管理釣り場編4選

オールラウンドなベーシックスプーンならティモンのティアロ

JACKALL(ジャッカル) スプーン ティモン ティアロ 22mm 1.6g ブルーヤマメ #46

ティアロはリールの巻きが早くても遅くても対応できるスプーンなので、管理釣り場初心者から上級者まで使用できます。水中を泳ぐときに大きな波が発生する特徴があり、警戒している魚の興味を引けるのもティアロの良い所。

スプーン選びで迷ったらオルルド釣り具のマイクロスプーン10個セット

【オルルド釣具】10個セット マイクロスプーン 2.5cm 3.5g (ルアー&フライ 管釣り用) そのまま持ち運べるタックルケース/バーブレスフック付 qb100055

10個セットでオルルド釣り具から発売している管理釣り場用スプーンは、年齢問わず使用できるので家族で管理釣り場を楽しむ時におすすめ。汎用性の高いカラーのみを揃えているため釣果も期待できて、コスパも非常に良いスプーンセットです。

管理釣り入門者には安価で釣れるYAPADAのスプーン

YAPADAスプーンルアー10g 15 g 20 g 25 g亜鉛合金釣りルアー餌ハードスパンコールパレットIsca人工高音フック付き(色:シルバー)

ネットの口コミでも釣れると評判のスプーンですが非常にリーズナブル。管理釣り場といっても、初心者のうちは根がかりやトラブルでルアーをなくすことも多いので、様々な面でおすすめのスプーン。

管理釣り場のスプーン入門に最適なロデオクラフトのノア

Rodiocraft(ロデオクラフト) NOA(ノア) 1.8g #24 ダークオリーブ(マット) スプーン ルアー

トラウトフィッシングでも愛用者の多いノアは、クセがなく使いやすいスプーンの一つなので、管理釣り場でもおすすめ。豊富なカラーバリエーション・シンプルかつ基本的なデザインと、スプーンの基礎がつまった物になっています。

海釣り編4選

フッキング率の高いダイワのアジングスプーン

ダイワ(Daiwa) スプーン ルアー アジングスプーン 1g 蛍霧羅ピンク

ソルトウォーターでは定番のブルピン・クリア系のカラーがラインナップされているので、カラーバリエーションが魅力的。貫通力の高いサクサスをフックに使用しているので、フッキング率も高く釣果アップが期待できます。

安定感抜群のトラウトスプーンとして有名なダイワのチヌーク

ダイワ(Daiwa) スプーン ルアー レーザーチヌークS 21g クロキン

トラウトと言われる魚なら何でも釣れると言われているチヌークですが、シーバス・ヒラメ・マゴチでも活躍してくれます。有名メーカーのダイワだけあって作りも良く、持っておけば海でも川でも使える万能スプーンです。

青物やシーバス狙いならアイビーラインのギーガ88

IVYLINE(アイビーライン) スプーン ギーガ88 88mm 33g ピンクパールグロー C26 ルアー

後方重心の安定した飛行姿勢が圧倒的な飛距離を生み出すので、あらゆるシーンでターゲットに届かせることができます。ヒラヒラと不規則な姿勢でフォールするギーガは、フォール中のヒットも誘えるだけでなく、簡単なアクションで多彩な動きを演出できます。

ランカーシーバスを狙うならダイワのモアザンSB-スプーン

ダイワ(Daiwa) スプーン シーバス モアザン SB-スプーン 73g SGパールコノシロ ルアー

35gと75gがあるダイワのモアザンは、スプーンでランカーシーバスを狙うなら持っておきたい一品です。アクション重視の設計はフォール中のフラッタリングアクションを演出し、わずかなバイトも逃さないソルティガアシストフックSSを搭載しています。

シンプルが故に奥が深いスプーンルアー

エリアトラウトには絶対的な正解がないからこそ、その日と瞬間に合わせてとらえるのがスプーン釣りの魅力だと、有名なアングラーは言います。その魅力の通りにスプーンは様々なフィールドに対応しており、攻める深さも距離も思いのままです。他のルアーフィッシングの基本が詰まっていながら、一味違った釣りを楽しみたいなら、スプーンを使って大物を狙ってみましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事