釣り人にとって、ロマンのある釣り。それが泳がせ釣りです。特別な釣り方とイメージする人も多いですが、実はそうでもありません。自然界でのわらしべ長者を狙える泳がせ釣り。ルアーやサビキで釣った魚を餌として使うわけですが、仕掛けはシンプルなものでOK。そこで本記事では泳がせ釣りの仕掛けや、やり方を解説します。

泳がせ釣り(飲ませ釣り)とは?

泳がせ釣りとは生きている小魚を仕掛けにつけ、自由に泳いでいるところを大型の魚に喰わせて釣る方法です。大型の魚が捕食するところから、飲ませ釣りとも呼ばれます。フィッシュイーターを狙った釣りですが、堤防やサーフなどからでも手軽に楽しめるのが特徴でしょう。

泳がせ釣りで狙える魚は?

泳がせ釣りで狙える魚は、主にフィッシュイーターです。筆頭なのはシーバスでしょう。他にも青物やヒラメ、アコウ、カサゴ、アオリイカなどのような魚を釣ることができます。遠投もしなくていいですし、ロッドや仕掛けも複雑な部分がないため初心者でもチャレンジしやすい釣り方でしょう。

ヒラメ・マゴチ

海底が砂地がだった場合は、泳がせ釣りでもヒラメやマゴチが釣れます。基本的に海底にいる魚であるため、生き餌として使われるのはキスやハゼなどが一般的です。アジも手軽さから使われることが多く、サビキで釣れるのが魅力的なポイントでしょう。

泳がせ釣りでヒラメ・マゴチを狙う仕掛けは?

ヒラメやマゴチを釣る時の仕掛けとしては、やはりボトム狙いです。仕掛けの構成としては道糸3号から5号を中心に、ナス型オモリの3号から30号を使います。三又サルカンからナス型オモリまでは、根掛かりしたときのことを考慮して細めのナイロンで捨て糸にするケースが多いです。いわゆる胴付き仕掛けになるため、市販されているものを購入してもいいでしょう。

ヒラメ泳がせ仕掛け

泳がせ釣りでヒラメ・マゴチを狙うやり方は?

泳がせ釣りでも、ヒラメやマゴチの釣り方は変わりません。基本的には生き餌を投入したあとは、アタリを待つ形です。ヒラメは食い込むまで時間がかかる魚ですので、ロッドにしっかりと重みを感じるまでは待つ必要があります。のんびりとした釣りをする時は、ヒラメ狙いでしょう。

シーバス

スズキの別名であるのがシーバスです。岸や堤防からシーバスを狙う時には、ジギングなども使われますが、実は泳がせ釣りの方がポピュラーでしょう。特に夏のシーズンではサビキでアジを釣り、それを餌として泳がせ釣りをする形です。

泳がせ釣りでシーバスを狙う仕掛けは?

泳がせ釣りでシーバスを狙うのなら、エレベーター仕掛けと呼ばれるものが一般的です。シンプルな構成ですので自作もできますし、市販されているものを購入してもいいでしょう。構成としては道糸にナイロン4号から5号を使います。その先にナス型もしくは六角錘の15号から25号をつけ、スナップサルカンにつけたハリスを用意しましょう。針はチヌ針の4号から5号で十分です。

シーバスの泳がせ仕掛け

泳がせ釣りでシーバスを狙うやり方は?

釣り方としてはリールのドラグを締め、まずは重りだけをキャストします。この時に生き餌は手元に残りますから、遠投出来る人はした方がいいでしょう。重りが着底した後にスナップサルカンを開いて、道糸沿いに生き餌を投入していきます。ドラグが鳴き始めるとシーバスのアタリがあった証拠です。

青物

青物を泳がせ釣りで狙う時は、ブリやカンパチなど大物がかかることが多いです。生き餌として使われるのは、釣りやすいアジになります。また近くの釣具店で生きアジを販売しているケースもあるので、釣りの時間なども考慮して購入するといいです。

泳がせ釣りで青物を狙う仕掛けは?

青物狙いの仕掛けはウキ釣りがおすすめです。(もちろん、上のエレベーター仕掛けでも可能です。)道糸はナイロンライン3〜4号、その先にウキをつけてハリスを用意します。ハリスはフロロカーボンの6号を2m程度でいいでしょう。針は12号から16号を使ってください。

青物泳がせ仕掛け

泳がせ釣りで青物を狙うやり方は?

青物を狙う時も、泳がせ釣りの場合は早合わせが厳禁です。じっくりと食い込みを待ってから、合わせるようにしましょう。アジが喰われると、ウキが動き始めます。この時にリールのベイルを明けて、魚の走りに併行して道糸がでるようにしておくのがポイントです。その後ウキが沈んで、浮いてこなくなった時に余分な道糸を巻いてから合わせをしてください。

クエ

クエはハタ科の魚です。中部以西に生息する魚のため、関東以北の人には馴染みがないでしょう。九州ではアラとも呼ばれていて、高級魚として珍重されています。最大で1.3m、重さは30kg以上にも育つため、日本国内では最大級の釣りターゲットと行ってもいいでしょう。ただ最近では比較的に小型のクエをオカッパリから狙う、という釣り人もいます。

泳がせ釣りでクエを狙う仕掛けは?

泳がせ釣りでクエを狙う場合は、船釣りが一般的です。ですがクエ専門に狙うという船宿はありませんので、大物狙いの船釣りに乗船するのが代表的な方法になります。クエの大物はとにかく釣るための仕掛けが豪快です。道糸も60号から100号といったものを使います。中通し重りも100号以上、ハリスも50号から100号が基準です。針もクエ専用の35号前後を使いましょう。

クエ泳がせ仕掛け

泳がせ釣りでクエを狙うやり方は?

クエの泳がせ釣りをする時の、生き餌としてはムロアジや赤イカを使うのが一般的です。仕掛けの先端につけた重りが着底したら、すぐに底だちを切ります。これは海底の根掛かりをしないためで、タナとしてはそこから3mから5m程度を目安にしましょう。アタリがあってもロッドが絞り込まれるまで待ち、針がかりと同時に根から引き離すがポイントです。

アオリイカ

アオリイカと言うとエギングが有名です。当然ですが生き餌にも食いつきますので、泳ぎ釣りでも釣れます。ではアオリイカはどのような方法で釣るのでしょうか。

泳がせ釣りでアオリイカを狙う仕掛けは?

泳がせ釣りでアオリイカを狙う時は、主にアジを使います。捕食した後にヤエンと呼ばれる仕掛けを、道糸沿いに投入するという方法が一般的です。仕掛けはシンプルで、道糸にアジの尻尾を結び、ぜいご部分に針を刺して固定します。ヤエンは市販されていますので、そちらを利用するといいでしょう。

ヤマシタ(YAMASHITA) アオリヤエン S AYS
ヤエン仕掛けイメージ

泳がせ釣りでアオリイカを狙うやり方は?

アジを泳がせてアオリイカを食いつかせるため、遠投する必要はありません。基本的にはロッドを立てておき、自由にアジを泳がせましょう。ロッドの先端がぶるぶると震えると、前アタリがきた証拠です。その後道糸がゆるみ、糸が出ていきます。これはアオリイカがアジを補食して、安全な場所まで運んでいる状態です。その後2分くらい経ってから、イカを引き寄せて最後にヤエンを道糸沿いに落とすというのが一連の流れになります。

泳がせ釣りは特に難しくはありません

対象にあわせた生き餌をしっかりと用意すれば、初心者でも比較的に釣りやすい方法でしょう。様々な魚が釣れるため、楽しい釣りになります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事