管理釣り場でルアーフィッシングを楽しむのもいいけど、やっぱりネイティブな渓流で自然の魚を釣りたい。これから本格的に川のルアーフィッシングを始めたい。そんな方向けに、揃えておくべきルアーの種類やアクションのコツなどを紹介していきます。自然に囲まれて、魚と真剣勝負をする、川でのルアーフィッシングを始めたい方は、ぜひ本記事を参考にしていただけますと幸いです。

川釣りルアーで釣れる魚は?

川釣りルアーをするときに狙える魚はどんな種類があるのか。ターゲットに出来る魚について知っておくと、どのように釣ったら良いのか見えてきます。川で釣れる魚の種類と特徴について調べてみましょう。

ヤマメ

ヤマメがよく釣れるのは春から秋にかけて。地域によって禁漁期間などが定められることがありますから注意してください。ヤマメが狙えるのは川の上流部。ヤマメが好むとされているルアーはシンキングミノーやスプーンと言われています。

イワナ

イワナは冷たい水温が好みなので、源流があるエリアが狙い目です。渓流の上の方や山のほとりに住んでいます。イワナとひとくくりにしても、実はいくつかの種類があります。例えば琵琶湖のあたりに生息しているヤマトイワナや、東北に生息しているニッコウイワナ。背中の模様などでどちらのイワナかみ分けていくことが出来ます。イワナもシンキングミノーやスプーンなどを使って狙っていけます。

ニジマス

ニジマス

ニジマスは河川でも管理釣り場などでも釣れる非常にポピュラーな魚です。川で釣ることが出来るニジマスの大半は養殖魚。しかし中には自然のニジマスも多くいます。例えば、北海道の自然のニジマスはサイズが大きく力がとても強いです。サーモンや、イクラの、代替素材として実は市販でよく売られていたりします。よく釣れる時期は春から秋と長い期間で、狙えるポイントは川や湖。使うと効果が出やすいルアーはシンキングミノーやスプーン、そしてスピナーです。ニジマスを狙いたい方は、こちらも参考にしてみてください。

川釣りで使うべきおすすめルアーは?

川釣りをするときに使うべきオススメのルアーは何なのか。ルアーはたくさん種類があるので、どんなものを使えばいいか、分からない人も多いでしょう。そこで、各種類別におすすめルアーを紹介していきます。

スプーン

ルアー メタル スプーン スプーンルアー 約3g 釣れる定番カラー6種 (18個セット(6色×3))

スプーンと呼ばれるルアーはとてもシンプルで、ルアーの元祖とも言われております。遠投性がとてもよく、ただ巻きするだけでヒラヒラと光りながらアピールしてくれるので、初心者にもおすすめ。誰でも自然に逃げまとう小魚を演出することができます。スプーンについて掘り下げた記事はこちら。

スピナー

【オルルド釣具】 スピナー ルアーセット 10個 5.5g トラウト バス ニジマス イワナ ヤマメ ブラウンなど 管釣り・渓流のルアーフィッシングの定番! 実釣に適した重量モデル qb100101c21n0

スピナーは先端に付いているブレードが回転して、魚の活性を高めてくれるルアーです。こちらもただ巻きでいいので、リトリーブスピードを一定に保ちながらトレースして使っていくのがコツ。スピナーのおすすめである「ティガ チャレンジャー スピナーセット」は、使い勝手の良いスピナーを5つのセットにしてくれているのでこれから始める人にぴったりです。コスパよりも、もう少し実績重視の人は「mepps(メップス) アグリアTW #2 スピナー」がおすすめ。活性が低いときに頼りになるルアーとのことで、長年愛用しているベテランさんも多いです。

ミノー

メガバス(Megabass) ルアー VISION ONETEN GG メガバスキンクロ

ネイティブな川魚は当然、小さな稚魚を捕食しています。そのため、フォルムも動きも小魚にそっくりなミノーは、川でも大活躍。ミノーというと海釣りやバス釣りを想像する方も多いと思いますが、川釣りでも大変有効です。中でもおすすめなのが「メガバス VISION ONETEN」。アクションが大きく川魚に猛烈にアピールします。ほかにおすすめなのが国産ルアーの「スミス D-INCITE44」。飛距離が出やすく、魚が横に寝そべりながら泳ぐさまを模した平打ちアクションが得意です。最後に、流れのある渓流で使いやすいのが「ジャクソン 奏 5cm」です。繊細なコントロールが可能です。

ルアーの流し方のコツ

川釣りルアーで走っておきたい流し方があります。超基本的なことなのですが、意外と知らないのが、キャストする方向。基本川魚は上流を向いています。そのため、上流に釣り人がいては魚に丸見え。警戒心の強い魚はまず食ってきません。そこで、下流かた上流に向けてキャストし、川の流れに沿ってルアーを流すことを心がけてください。

ルアーアクションは?

基本的に最初はアクションについて考える必要はありません。きちんと上流に向けて投げて、下流にルアーを引いていくと、自然な動きをしてくれます。魚の活性が低いときには、巻くスピードをゆっくりにしてみてください。

川釣りルアーに適したロッドは?

川釣りとはいっても、本流、渓流、源流と上流に向けて徐々に細くなっていき、木などの障害物も多くなります。そのため、基本的には一般的なトラウトロッドで問題ないですが、狙うフィールドによって、長さを選ぶと良いでしょう。5〜8フィートくらいまで、狙うフィールドに合わせたロッドを選んでみてください。

川釣りルアーに適したリールは?

大きさで言えば、1,000〜2,000番台を選べばいいでしょう。細めのラインを使うため、ドラグ性能はある程度しっかりとしていたほうがいいです。ダイワやシマノ製を選べばまず問題ないでしょう。

川釣りルアーに適したラインは?

ナイロンラインを選ぶ場合は、4lbが基本の太さと考えておけばいいでしょう。トラウト用の見切られにくい透明なものがおすすめ。またよりアタリを敏感に取りたい方はPEラインを使うといいでしょう。太さは0.5号くらいを選べばいいです。ルアーを直結するのではなく、ショックリーダーを忘れずにつけるようにしましょう。

ショックリーダーについてはこちらの記事で解説しています。気になる方はぜひこちらもチェックしてみてください。

川釣りルアーで天然の魚を釣ろう!

川でのルアーフィッシングはやればやるほど上達していきます。ルアー選びに悩んだ方は、ぜひ本記事でご紹介したルアーをゲットしてみてください。

play in natureの想いを届けるためのショップができました

「play in nature」は、
釣り、SUP、サーフィン、キャンプなど、
あらゆる外遊びを自分らしく楽しみたい人。

そして

「自然に遊ばせてもらっている」という
自然への敬意を忘れないすべての
外遊び人に向けたアウトドア情報サイトです。


このたび誕生したPIN SHOPでは、
「play in nature」の
想いを込めた商品を取り扱っています。

PINSHOPはこちら


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします