川釣りルアーの始め方!おすすめルアーとコツを公開

管理釣り場でルアーフィッシングを楽しむのもいいけど、やっぱりネイティブな渓流で自然の魚を釣りたい。これから本格的に川のルアーフィッシングを始めたい。そんな方向けに、揃えておくべきルアーの種類やアクションのコツなどを紹介していきます。自然に囲まれて、魚と真剣勝負をする、川でのルアーフィッシングを始めたい方は、ぜひ本記事を参考にしていただけますと幸いです。

川釣りルアーで釣れる魚は?

川釣りルアーをするときに狙える魚はどんな種類があるのか。ターゲットに出来る魚について知っておくと、どのように釣ったら良いのか見えてきます。川で釣れる魚の種類と特徴について調べてみましょう。

ヤマメ

ヤマメがよく釣れるのは春から秋にかけて。地域によって禁漁期間などが定められることがありますから注意してください。ヤマメが狙えるのは川の上流部。ヤマメが好むとされているルアーはシンキングミノーやスプーンと言われています。

イワナ

イワナは冷たい水温が好みなので、源流があるエリアが狙い目です。渓流の上の方や山のほとりに住んでいます。イワナとひとくくりにしても、実はいくつかの種類があります。例えば琵琶湖のあたりに生息しているヤマトイワナや、東北に生息しているニッコウイワナ。背中の模様などでどちらのイワナかみ分けていくことが出来ます。イワナもシンキングミノーやスプーンなどを使って狙っていけます。

ニジマス

ニジマス

ニジマスは河川でも管理釣り場などでも釣れる非常にポピュラーな魚です。川で釣ることが出来るニジマスの大半は養殖魚。しかし中には自然のニジマスも多くいます。例えば、北海道の自然のニジマスはサイズが大きく力がとても強いです。サーモンや、イクラの、代替素材として実は市販でよく売られていたりします。よく釣れる時期は春から秋と長い期間で、狙えるポイントは川や湖。使うと効果が出やすいルアーはシンキングミノーやスプーン、そしてスピナーです。ニジマスを狙いたい方は、こちらも参考にしてみてください。

川釣りで使うべきおすすめルアーは?

川釣りをするときに使うべきオススメのルアーは何なのか。ルアーはたくさん種類があるので、どんなものを使えばいいか、分からない人も多いでしょう。そこで、各種類別におすすめルアーを紹介していきます。

スプーン

ルアー メタル スプーン スプーンルアー 約3g 釣れる定番カラー6種 (18個セット(6色×3))

スプーンと呼ばれるルアーはとてもシンプルで、ルアーの元祖とも言われております。遠投性がとてもよく、ただ巻きするだけでヒラヒラと光りながらアピールしてくれるので、初心者にもおすすめ。誰でも自然に逃げまとう小魚を演出することができます。スプーンについて掘り下げた記事はこちら。

スピナー

【オルルド釣具】 スピナー ルアーセット 10個 5.5g トラウト バス ニジマス イワナ ヤマメ ブラウンなど 管釣り・渓流のルアーフィッシングの定番! 実釣に適した重量モデル qb100101c21n0

スピナーは先端に付いているブレードが回転して、魚の活性を高めてくれるルアーです。こちらもただ巻きでいいので、リトリーブスピードを一定に保ちながらトレースして使っていくのがコツ。スピナーのおすすめである「ティガ チャレンジャー スピナーセット」は、使い勝手の良いスピナーを5つのセットにしてくれているのでこれから始める人にぴったりです。コスパよりも、もう少し実績重視の人は「mepps(メップス) アグリアTW #2 スピナー」がおすすめ。活性が低いときに頼りになるルアーとのことで、長年愛用しているベテランさんも多いです。

ミノー