神奈川県にある江ノ島。観光地というイメージが強いかもしれません。実際に春から秋にかけて、ほんとうにたくさんの人でごった返します。しかし小さな島なので、実は釣りスポットが、たくさんある場所でもあるのです。そこで本記事では江ノ島の釣りポイントなどを、詳しく紹介していきます。

江ノ島とは?

江ノ島と言えば、湘南の海岸線にある観光スポットで有名です。湘南といえばサーフィンのメッカとしても知られているのですが、実は釣りでも人気のスポットになっています。岸壁もあれば、堤防や磯場などショアで釣れる要素が、ほとんど揃っているためオールラウンドな釣りが楽しめるからです。釣れる魚種も豊富で小型の青物であるアジやイワシ、磯場にはチヌや石鯛、沖合に向かって投げ釣りをすればシーズン次第ではマダイも釣れます。

江ノ島は駐車場もトイレも釣具店も完備

江ノ島は観光地として整備されているだけあって、駐車場やトイレが豊富にあるのもポイントです。

海釣りをする時に意外と困ることが多いのが、この2点です。近くに駐車場やトイレがなくて、困った経験をした人も多いでしょう。その点江ノ島はしっかりと整備されているため、駐車場も大型の物からトイレまで困ることはありません。また島内に釣具店もあり、レンタルもしているため、家族連れで手ぶらで訪れたとしても、問題なく釣りを楽しめるでしょう。

江ノ島で釣れる魚は?

江ノ島では多様な魚種の魚を釣ることができます。先ほども軽く触れましたが、アジやイワシなどの小物の青物だけではなく、それらを餌にするイカなども釣れます。他にも根魚であるメバルやチヌ、他にもソウダガツオにタチウオなど実績があるポイントが多くあるのです。様々な魚種が釣れるため、色んな釣り方を楽しめます。

江ノ島でよく見かける釣りの仕掛けと釣れる魚は?

では江ノ島で良く見かける釣りの仕掛けを紹介しましょう。代表的なものを紹介しますが、他にも釣り方はたくさんありますので、自分のターゲットによって変えてみてください。

サビキ釣り

サビキ釣り仕掛け
サビキ釣り仕掛け

岸壁や堤防からはサビキ釣りが効果的です。サビキ釣りとはアミエビなどの小さなエビをカゴに入れ、アミエビと同調させた疑似餌に食わせる釣り方です。アジや小鯖、イワシ、タナゴやメバルなどが対象となります。簡単にできる釣りであるため、家族で楽しむレジャーとしてもおすすめです。

フカセ釣り

フカセ釣り仕掛け
フカセ釣り仕掛け

江ノ島ではフカセ釣りも非常に人気です。南側にある磯場では、フカセ釣りの代表格であるチヌやメジナが釣れます。また西側にある釣り場でも釣れますので、江ノ島でフカセ釣りを楽しむ人は非常に多いでしょう。

カゴ釣り

カゴ釣り仕掛け
カゴ釣り仕掛け

江ノ島の中でも少しアクセスが悪いですが、裏磯という場所があります。このポイントは足下から水深が深いため、カゴ釣りや投げ釣りが楽しめるでしょう。主なターゲットとしてはメジナやクロダイ、イナダなどです。シーズンによっては大型のサバやソウダガツオなどの実績もあります。カゴ釣りについて詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

ちょい投げ釣り

チョイ投げ仕掛け
チョイ投げ仕掛け

江ノ島でちょい投げ釣りをするのなら、江ノ島大橋をわたってすぐの場所にある公園の岸壁がおすすめです。ここではサビキが主体ですが、ちょい投げもできます。キスやイシモチ、ハゼなどを狙えるでしょう。フラットな足場に手すりがあるため、ファミリーでのフィッシングにも向いている場所です。

ヘチ釣り

ヘチ釣り仕掛け
ヘチ釣り仕掛け

江ノ島は磯場や堤防が多いため、チヌ釣りも有名です。チヌ釣りでも足下を狙うのなら、ヘチ釣りがおすすめ。手軽にできる釣り方ですし、チヌは時期を問わず釣れるため観光客の少ないシーズンでも狙えるのも特徴でしょう。

タコエギ

基本的に磯に囲まれている江ノ島は、タコ釣りのパラダイスです。最近ではルアーを使ったタコエギが一般的で、湘南大堤防のあたりではよくイイダコが釣れると評判になっています。ずるずると底引きをするだけで釣れますので、休日のレジャーにもおすすめです。

エギング

エギング仕掛け
エギング仕掛け

アオリイカを狙うエギングも、江ノ島では良くみかけます。先ほどのタコの時にもあげた湘南大堤防などでは、アオリイカ狙いのエギングをする人が増えています。特に秋の時期には、エギングをする人をよく見かけます。

ショアジギング

ショアジギング仕掛け
ショアジギング仕掛け

江ノ島のどのポイントからでも、できるのがショアジギングです。場所によってはシーバスなど、大型の魚を釣ることもできます。堤防の先端や外洋側から狙うと、大物にも期待できるでしょう。

江ノ島のメジャー釣りポイント

では江ノ島でメジャーな釣りポイントを紹介します。どの釣り場でも良く釣れますが、若干釣れる魚種が異なるためターゲットを狙う時はポイント別に攻めた方がいいでしょう。

湘南港大堤防

江ノ島で最も有名なポイントと言えるのが、湘南港にある大堤防です。灯台の麓にある釣り場で、ウッドデッキで整備されています。トイレに自動販売機、ベンチも完備されているため、釣り場として困ることがありません。護岸整備もされていますので、安全に釣りをしたいのならおすすめのポイントです。

表磯

表磯は駐車場に隣接する釣り場です。アクセスが良く、本格的な磯釣りを楽しめるでしょう。入口付近にある釜ノ口には、テトラ帯がありチヌを釣る時のポイントとして知られています。他にもメジナやカサゴ、カワハギや青物など様々な魚種の魚が釣れるため五目釣りをしても面白いポイントでしょう。ただし、足場が意外と低いので波があると釣りにならないので注意が必要です。

裏磯

裏磯は先ほども触れたように、アクセスがあまり良くありません。遊覧船に乗るか、歩いて山を越える必要があるため、本格的に釣りをする人に向いた場所だと言えるでしょう。青物狙いならここというポイントで、シーバスやカンパチ、ソウダカツオなどが釣れるポイントです。50種類以上の魚が釣れるというポイントですので、江ノ島での釣りを堪能したい人におすすめだと言えます。

穴場編!西浦漁港

穴場と言えるのが裏磯の端にある西浦漁港です。裏磯のような本格的な磯場ではなく、小さな砂浜と堤防があります。ただし西浦漁港周辺はマリンスポーツを楽しむ人も多いため周囲の邪魔にならないよう配慮しなくてはいけません。そのため釣り人があまり集まっていないのです。ライバルのいない場所でフカセ釣りで大型クロダイを爆釣させるなんてことも、夢ではありません。

番外編!片瀬漁港

もう1つおすすめなのが片瀬漁港です。こちらは江ノ島島内ではなく、弁天橋と境川をはさんだ反対側にある漁港になります。新江ノ島水族館の裏手にあたる場所で、訪れる人が少ない穴場の釣り場所です。裏磯と同じ魚種の魚が釣れるのですが、こちらは片瀬江ノ島駅から徒歩3分という好立地になっています。シーバス狙いの人には有名なポイントでしょう。

江ノ島の釣りスポットを紹介しました

本格的な磯釣りから、ファミリーでのフィッシングまでオールラウンドな釣りが楽しめます。また有名な観光地だけに、駐車場やトイレが整備されているのも、ポイントでしょう。

play in natureの想いを届けるためのショップができました

「play in nature」は、
釣り、SUP、サーフィン、キャンプなど、
あらゆる外遊びを自分らしく楽しみたい人。

そして

「自然に遊ばせてもらっている」という
自然への敬意を忘れないすべての
外遊び人に向けたアウトドア情報サイトです。


このたび誕生したPIN SHOPでは、
「play in nature」の
想いを込めた商品を取り扱っています。

PINSHOPはこちら


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします